FC2ブログ
                  

*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

本人が特性を受け入れるまでは・・・まだ時間がかかるかも

日中、だいぶ暑くなってきました。
日曜日は、長女の試合の応援に行きました。
長女だけではなく頑張っている子たちを見るのは大好きです。
元気をもらいます。
でも出かけた次の日は家でゆっくりと・・・・体力ないなぁ。
週末の方がお弁当作りがなかったり、時間が遅くてのんびりできます。
息子が中学までは、週末の方が忙しかったけど・・・・   

DSC09257珍しくピンク系

珍しくびびっとなピンク。
家庭訪問用に買う時間がないからとスーパーで購入。
でも結局掃除して時間があまったから、別のお花も
いつものお花屋さんで購入しました。笑

お花があまり長く持たない季節になってきました。


お休みだった月曜日・・・・N○Kで発達障害の特集番組が放送されていました。
今日は大人の発達障害の方の困りごとを中心に当事者の方も出演されてました。
この手の番組は何度も見ているし、本でもたくさん読んでいるんだけど、新しい情報が
あるかなぁとついつい見てしまいます。

結果・・・・今まで知っている内容でしたね。(´∀`*;)ゞ
でも息子と次女もいて見てました。

番組が終わって次女のいないところで息子と話しました。長女とは何度か話したことも
あるので,次女の特性に理解をしめしてくれていますが、息子にもそれとなく教えてはいるものの
しっかり向き合って話していなかったと思います。

息子も思春期、反抗期を終えてきたと思われるので、そろそろね。
息子にとっては私が次女を甘やかしていると思うようで、そのことでずっと次女にあたっていました。
私の中では出来るのにやらないのと、やってもやっても限界がある子を区別していたんですが
子供にはわからないですよね。

次女が何に困って生きているのか、世の中にはたくさん困りながら生きている人がいること。
そして自分だっていろんな特性がないわけではないけど、見えない部分なだけなのかもしれないこと。
何も言わなくても感じていたんじゃないかなぁ。

ただ一言、確認の意味もあって次女にはそういう特性があるんだよと伝えました。

テレビでも、言っていたけど端から見たらわからない特性。でもやっぱり困ることがたくさんで
わかってもらえないからこそ、本人の自覚もなかなかないからこそ難しいのだと思います。
まずは身の回りの人から理解が必要です。そのための診断でもあるのです。
診断するときは、直前まで揺れました。診断名つけなければ、そのまま生きていけるのに、親の勝手な
思いで診断してしまっていいのだろうか。この子はそれでいいと思ってくれるのだろうか。

でもね・・・・今は胸をはって診断して良かったと思っています。支援とまではいかなくても学校でも
気にかけてもらえます。ちょっとした声かけ一つで,乗り切れることもあるからです。
親のエゴかもしれませんが・・・・実際に困っていることはたくさんあるのも事実だし、これからも
一生その特性と向き合って生きていかなくてはいけないのは本人だから。
きっと苦しいだろうけど、親や親戚や友達や先生がありのままの次女を受け入れることで
大丈夫だと思っています。

さてさて、掃除が出来ない人の特性を見て、ずっとやれなかった部屋の掃除に取りかかりました。
引き出しにぎゅう詰めだったりしますが、それでも形だけは片付けられるようになりました。
実は、私も片付けは苦手でした。すぐに散らかります。実家もです・・・・。
それでも人が来ると言えば徹底的にきれいに出来るのですが・・・・その徹底的にっていう
極端さは特性なのかもしれません。私も困ってはいませんが、特性があるんだろうなぁ。

(ものすごく方向音痴だし・・・でもコミュニケーション能力が高いためいつも助けていただいています)

物がいっぱいにしてしまう母も私と同じぐらいかなぁ(苦笑)
実は親類には本当に片付けられない人が数人います。人のことなので親類ってところまで・・・
テレビを見てこんな風に困っているのかもって思いました。
いっぺんにいろんな情報が頭に浮かんで何をしていいのかわからなくなるそうです。

私も片付けながら、あっこれって思って今まで片付けていた物を置いて気になったことを先にやってしまうことも
あるのでわからないでもないです。最近は、一つずつ一つずつって自分に声かけしたり、付箋に書いて貼ったり
先にやろうと思っていたことを終わるまで口ずさんで我慢して済ませたりします。

あははは・・・・そんな特性の持ち主です。自分で認めると楽になります。

急に片付けだした次女。何か思うところがあったのかもしれません。
でも自分の思いをまとめて口に出すことも苦手です。私もそういう部分もあるんだけど書く事で補うこともしばしば。
思春期って理想の自分とあまりにも違う現実の自分にイライラしたり、愕然としたりする時期です。
定型発達であってもそういう時期だと思っています。だから・・・次女がありのままの自分を見つめて
なんで自分だけって悩んだり落ち込んだり怒ったりする日が来るかもしれません。そのときはそのときで
どんな次女でも宝物だと伝えていこうと思います。

イライラして物に当たったりしてます。
なんで当たったの?って聞いてもその自覚がないし答えられない。
でも聞くことでなんでだろうって自分を見つけるきっかけになればいいなぁとそんな風に思っています。

教育相談の日程のことで担任の先生と連絡帳のやりとり。
久しぶりに見たら小1の初めから、教科書の○○を持ち帰りませんとか
次の日がプールなのにプールカードを持ち帰りませんとか書いてある。
すでに特性あるあるだったなぁ・・・・

その頃は特性だと思わなくて怒ってばかりで申し訳なかったなぁ。

そうそう小1の頃、友達の名前が全く出てこなくて心配したっけ。
今でも覚えるのは得意ではないけど・・・・それも特性あるあるですよね。
勉強して理解することもある。これからもN○Kさん、特集続けてください。







 次女のこと

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/04 (Fri) 08:14 | REPLY |   

でんでん  

コメントありがとう

★鍵コメさんへ★

お久しぶり♪私もたまにまとめて見に行っています。
相変わらずの写真の凄さにいつもいつも感動しています。
私は・・・・目が悪い上に緑内障も進行していない訳ではなくて
日の光がますますつらいです。似合わないけど・・・サングラスデビューか(笑)
あっ年と共に近くも見えづらく、カメラもきつくなってきましたよ。

近くにいたら本当に話は尽きないよね。
もっともっとたくさん、話したい。
次女の話、読んでくれてありがとう。
周りにもね。同じように特性をいろんな形で抱えているだろうなぁ
って思う子はたくさんで、その子のお母さんにさりげなく次女の話を
しています。別に私はお医者さんではないから、診断は出来ないんだけど
なぜだか、自分にも特性があるのか、この人生、特性のある子や人が
いつもまわりにいるような気がします。
それでもいいんです。相手がどういう対応をした方がいいのかなぁって
その都度考えるだけだから。
次女の話を何度かすると、初めは驚かれるけど、だんだんと実はうちの子も
そうかなぁって話してくれるお母さんもいます。
診断名とかではなく、うちの子はこういう所が得意でこういう所が苦手なの
そんな風に自然と話せる社会になればいいなぁと思っています。

次女もね・・・未だに,驚かれるんだけどね。だからこそ、診断名が必要でした。
学校と言う所は、診断もされていないのに、ただ、本人の怠けだと思われがち。
大きくなればなるほど、適切な対応をしてもらえない場所だと思うの。
診断に甘えることは良くないけど、わざとではないとわかってもらうことが
本人の自尊心を守ることだと思っています。我が家の場合ね・・・・。
我が家も漢字は苦手です。きっとね。記号として認識しているの。
だから、歴史は好きでも漢字が出てこない。中学に行ったらもっと大変だろうなぁ。
だから、中学に入ったらすぐに高校のことを調べないと行けないなぁって思ってます。
彼女らしくいられる学校を探さないと。

世の中がだいぶ発達障害について認知されてきていて良かったと思うけど
本人は、親が思うほど大変だとは思っていないんだろうなぁって感じます。
困っている実感がないかも。それは基準が自分にあって実際にたくさんの忘れ物を
してるんだけど、それが普通でみんなもそうだと思っているんだろうね。

少しずつ少しずつ自分はどんな人間なのか、どんな人間であっても
愛されているんだと実感してもらえるように育てていきたいなぁ。

あっ熱く語っちゃった。悩みはつきないだろうけど、
しっかりお子さんたちを見つめている鍵さんがいるから大丈夫。
心折れそうになったら、ここにお話しに来てね♪
変らず青い空と白い雲の下にいます。

小さかった子供たちもあっという間に大きくなったよね。
長女と息子のことは別ブログに書いています。ここは、次女中心です。
娘ちゃん、受験がんばって!前向きに育っているってことは、
鍵さんがたくさん愛情を注いで、たくさんの幸せな言葉を
かけてあげている証拠だよ♪おっと!今年はダブル受験、トリプル卒業と
忙しいんだね。我が家は、ダブル卒業だわ。陰ながら応援しています♪

2018/05/05 (Sat) 18:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment