*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

もうすぐ校外学習

9月に入って毎日があっという間です。
この間に次女の授業参観がありました。
ちょうど仕事が午前中で終わり、今年度、初めて見ることができました。
ほとんど同じ曜日で、一番忙しい曜日で今年は見らレないことが多いです。 

いつもは参加者が少ない懇談会ですが、今回は下旬に行われる校外学習の説明会もかねて
学年懇談会で参加人数が多かったです(゚д゚)
私は3回目だし、出なくても良かったけどいつもの癖?!で
せっかく学校に行ったんだしト参加しました。
しかも上2人の時と場所も違うけど、ほとんど記憶なし。
ずぼら母健在!

DSC08048ひめつるそば

毎年夏はベランダで過ごすピレアたち。
ベランダにいるヒメツルソバ(ポリゴナム)が生えてきてた。
さすが強健。次女にはこんな風に育ってほしいわ。笑


さてさて・・・・本当に上の子たちの記憶が曖昧。
息子は中間子らしくバランスとれて、あまり人間関係で心配したことはなかったと思うけど
長女は、この当時とても周りに気を遣っていたように思う。
いろんな意味で幼いけど、精神年齢は高かった上に女子力低め。
女子と群れるのは苦手というか誰とでも仲良く出来るので特定のグループに
所属せず・・・・誰と校外学習の班だったっけ。そのときはそのときで心配したはず。
でも記憶って便利ね~~すっかり忘れている。

見つけた! → 長女のキャンプのこと


息子に至っては書いていないっぽいΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

息子は少年団の合宿で家を空けることも多かったからってことで・・・・・。

さてさて、我が家の心配は次女さん。
長女も心配したのは、やっぱり高学年になると女子って難しいじゃないですか。
グループが出来て入れないみたいなね。

長女も変わった子でしたが、勉強も運動も出来たので、一目おかれていたと思います。

次女は・・・・どちらもゆっくりさんですからね。彼女の不思議ワールドに会うお友達は
違うクラスですから・・・・キャンプの班とか大丈夫かなぁって心配でした。
いつも隣のクラスの子と遊んだり図書室の本を読んでいるみたいだったからね。
本を読むのは悪いことではないですが、本来外遊びも好きなのにこもっているというのはね。
かといって外では余計な事を言うタイプではないので、害は与えないので・・・・
最近は意地悪されたとかも聞かないなぁ。空気みたいなのかなぁ。

でも、私の心配をよそにちゃんとグループに入れてもらえたそうです。
メンバーを聞いて驚き!

クラスのアイドル。お祭りにも一緒に行ったSちゃん♪
運動も出来、勉強も出来、何でも出来る上にとってもかわいくて優しい。
そのSちゃんが誘ってくれたんだって。涙

で・・・・もう一人は、これまた驚き!

お祭りで次女だけを無視した体育会系Aちゃん。
普段もきついことを言うから全く話していなかったらしい。

実は2人とも幼なじみ。赤ちゃん時代から保育園で一緒です。

Aちゃん大丈夫かなぁって思っていたら・・・・
話したら意外と面白かった。だそうです。汗

意外とね・・・・Aちゃんも女子のお友達は多くないのかもしれないですね。
そして意外とね・・・・親ばかですが、次女ってちまたで噂される強い系の女子とも
積極的に関わるタイプではないけど、平気でつきあえたりするんですよね。
積極的ではないんですが・・・・。

かなり前、次女をいじめてた別のAさんも今では犬仲間で話すことができたし
学童で次女の消しゴム取ったこれまたトラブルメーカーと噂の別のSさんも
学童つながりで平然と話しています。

たぶんね・・・・・こびも売らなければ、従いもしないんだけどね。
ふんわりその子のそのままを受け入れてしまう才能が次女にはあるのかもしれないなぁ。
とちょっと思ってみます。

男子も次の日決まりました。男子と女子のグループは、先生がくっつけたそうです。
男子3人のうち、2人はこれまた同じ保育園。もう一人は体育会系だけど学童が一緒だった子。
みんな共働きの家の子だわ~~笑

さてさて・・・・次は女子の部屋割り。
どんな話を持ち帰るか楽しみです。私と一緒で話し上手ではないですけどね。
次女の場合は・・・・長女と違って恋バナとかするんでしょうね。

その前に荷物を準備、自分で用意させないと。
リュックに入れる物。途中でリュックの中身を入れ替えるのでここが難しい。
練習させないと・・・・この部分だけは、上2人とは違って過保護にしちゃう私です。
って、やらないかも。

いえいえ、不注意優勢の次女の場合はやらないといけません。

久しぶりに書いて長文ですみません。
載せる写真がなくて止まっていたのも事実。汗汗

ぼちぼちブログもがんばります♪

今週は残業もある上にフル活動。
ぎっくり腰に気をつけてぼちぼちやろうと思います。

 次女のこと

0 Comments

Leave a comment