*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

周りの評判は悪くても、次女は気にいっていた先生(小3の頃)

他人と過去は変えられない。
自分と未来は変えられる。

最近、私が好きな言葉です。

そんな私ですが、過去はあまり振り返らないのですが、
ここの所、ちょっと次女の事を振り返ってみてます。
過去があるから、今があるわけで・・・・そして未来へ繋がるから・・・・。

発達凹凸さんたちの中でもあまりスポットライトがあたらない?!
次女のようなタイプ(のび太君タイプ)の事も知ってほしくて・・・・
そして気がついてほしくて・・・・
そんな思いで綴っています。たくさんの方の訪問ありがとうございます。

DSC06375 棘があっても

子供の頃、サボテンって苦手でした。ちくちくしてね・・・・
バラの花も棘があるので苦手でした。

でも今は好き。

程よい距離でいれば、とげも気にならない。
それよりもその子たちの魅力に気がつき、魅了されます。

発達凹凸さんたちもまたそんな感じかな・・・・。



3年生の時の担任の先生の話しが続きます。

かなり個性的な先生で、拒否反応を起こす児童が多かったです。
そんな中、次女はかなり先生の事が気にいっていたようです。
同じ匂いを感じたのか?!  その頃の次女の思い

曖昧な指示がよくわからない次女にとってルールが明確でぶれず、はっきりしている
先生の言うことはとてもわかりやすかったと思われます。
後にも先にも、先生がこんな話をしてくれたんだって、次女が話してくれたのは今の所
この先生だけです。Σ(´Д`*)

そしてこの時期、いろんな次女のこだわりを感じていました。 ありが大好きだった小さい時 

6月になる頃には、いろいろと先生の問題が持ち上がってきていたようです。 学校の様子

そんなハードな毎日だった次女、少しずつ勉強も遅れ始め・・・・このままではまずいと思いました。
やっぱり教育相談しよう。そう先生に手紙を書いても、自分の心は揺れました。  踏み出しておいて迷ってたころ

そして3年生になって初めて参観を見て、早い授業にどんどんついて行けなくなっている次女を見て
早く相談しなくちゃ・・・・何が原因で、どう対処したらいいのかわからない。
診断してもらおう。

そう思ったのでした。教育相談の約束を取り付けて、次女を観察してもらいました。
1年生の時も一度観察だけはしてもらっています。

そして私が思う以上に次女は自信を失くしていたことを教育相談で
聞かされたのでした。このままでは2次障害になってしまう。
早く診断してもらわなくちゃ・・・・そう思ったのがこの時期でした。

いつも長文ブログなのに細切れですみません。
内容も重たい?!のでかなりパワーがいるのです。
少しずつ振り返りながら書いています。

もう少しお付き合いくださいね♪


 次女のこと

0 Comments

Leave a comment