*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

何かがおかしいと思った時のこと(小1、1学期)

毎年、この時期に咲いてくれる多肉の花です。
植え替えしても元気に根付いてくれてありがとう。

DSC06273 毎年咲いてくれる多肉の花

次女ほどではないけど、毎年同じことの繰り返しがほっとすることもあります。
例えばこんな風に同じ季節に咲いてくれる花。
そして毎年、同じ花を育てている私・・・・

いろいろチャレンジしていた時期もあったけど
今は、この季節にはこの花ってことが多くなったなぁ。


次女の話は続きます。

小学校に入って、学校に持って行くものも増えました。
息子もそうだったから、あまり驚かなかったけど、とにかく物がなくなります。
いじめにもあったりして、物を盗られることも少しあったのですが・・・・そのほとんどは自分で落として気がつかない。
いつも筆箱の中がすかすかになって帰ってきました。

消しゴムも鉛筆も何本、何個買ったでしょうか・・・・・

家に保存していた消しゴムがどんどんなくなります。
名前を書いてもなくなりました・・・・。

12色のクーピーやクレヨンも学期ごとにかなり買い足さないといけませんでした。
初めは盗られたのかと思い、しっかり名前をつけたこともありましたが
やっぱり自分で落としていたようです。
それぐらい物の管理が苦手でした。

宿題もやってあるのに出し忘れる。
一番前の席で友達の分までプリントを持ち帰る(同じものを4枚とか)


クラスに数人はいると思われる発達の困難な子・・・・次女のプールカードを持ち帰られたり
お互いさまでしたが・・・・次女も友達の宿題を持って帰ってきたこともありました。

学習面でも困難なことがでてきました。

算数の時計の問題がわからない。
ひらがなの鏡文字。
「へ」「を」「は」を入れる文章がわからない。
もちろん「へ」と「え」の違いがわからない。
濁点がつけれない。「小さい文字」「や。ゆ。よ」が抜けてしまう。


夏休み、次女の宿題を見ながら、当時やっていたドラゼミを見ながら声を荒げてしまうことが
多くなってしまいました。

学校の宿題の音読はできたのですが、ドラゼミで読む初見の文章を音読出来ない。
行がとぶ、文末の勝手な変換。


気になることがどんどん増えてきました。

不安なまま2学期を迎え、漢字を学ぶようになりました。

今思い出しても出来ないことがたくさんです。
この頃、いろんな動作が不器用で、クラスの女の子にいじめられ
習い事のテニスでもいじめる子がいて、悩みました。
いじめるというか意地悪されるんですよね。

テニスの不器用も目立ってきた頃です。

 次女のこと

0 Comments

Leave a comment