*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

我慢が出来ないということを認識させる

お花屋さんに行ったら、クレマチスの切り花が売られていて
思わずお持ち帰りしました。
クレマチスって切り花でもこんな風に楽しめるんだなぁ。
クレマチス・・・・子供の頃はテッセンって覚えていました。
原種は300種もあるそうです。すごいですね~~

DSC06064 クレマチス

本当は鉢植えで楽しみたいんだけど・・・なかなか難しい。
お世話が出来ないのね。つぼ型のクレマチスも好きなので
切り花で売られていないかなぁ・・・・♪

花言葉は、「美しい精神」、「旅人の喜び」
主張しすぎない花で大好きな花の一つです。

次女もひっそりと主張しすぎず美しい心の持ち主になってほしいなぁ。


書こう書こうと思いながら日にちばかり経ってしまいました。
次女が発達に難があると感じ始めてから、ブログ村の発達障がい育児のカテゴリー に
参加されているブログを読んでいます。なかなかコメントは残せませんが・・・・。

皆さん、悩みながら子供たちと向き合っている姿に励まされたり、発奮したり・・・
その中で、そうなのかと気がつき学ぶことも多いです。

次女の小さな嘘にずっと悩んできました。しかもすぐにばれるのになんで?って思いが・・・
本当に小さい事だけど、それが繰り返されることに疑問を思っていました。
内容によっては、怒りながら諭しながらこちらが涙が出て止まらなくなる事も数回・・・。
それでもすぐにけろっとしている次女への理解に苦しみました。
何百回も繰り返せばわかるのか・・・悶々としながら、続けてきても効果はみられず・・・
このまま、大人になって困るのは次女なのに。そう思えば思うほど苛立ち不安になるのです。

人の物を勝手に使う。他人のお菓子を勝手に食べる。
髪の毛を勝手に切ってしまう。髪の毛に関しては自傷行為なのかと悩みました。
最初は前髪だけでしたが、次第に後ろ、サイドまで切ってしまいます。
失敗するとめちゃくちゃです。高学年になりますから、そのうち友達におかしいと言われるんじゃないか
いじめられるんじゃないか・・・そんな心配をして注意しても髪を切るはさみを隠しても
文房具のはさみで切ってしまいます。

長女と同じ部屋なので、長女の鍵を勝手に使う。長女のお菓子を勝手に食べる。
そして平気で知らないと嘘をつくのです。ごまかすのです。

本当にどこに相談すればいいのか、悩んでいました。

そんな時、あるブログをたまたま読んでハッとしたのが・・・・

こういう子たちは、うそをつきたい訳でもないし、悪いことをしたくないと思っているのに
いくつかの要求や出来事の中から自分でしていいことと悪いことが選ぶことが出来ない。
面白い事、気になったこと、わくわくすることにすぐに飛びついてしまい、その後トラブルになるため
嘘をつきとおすか黙って回避しようとしている。自分でもどうしていいかわからない行動なのです。


そうなんだって目からうろこが落ちました。
確かに次女は、やりたいとなったら後先考えずに行動してしまいます。
髪の毛を勝手に切っているのも、私が跳ねているよって言った後だったし、
美容院に連れていってあげれなかった後だったし(朝起きないので)
どうしても切りたくなったんでしょうね。数日待てば連れていけたのに相談もなく・・・・。涙

そして私に叱られ嘘をつくしかなかったんだなぁ・・・・。

一番大事なことは、本人が我慢が苦手で一度考えて行動することが難しい事に気がつき、
周りの人に相談すること
だそうです。
(一部参考にさせていただきました。すみません)


この文章を読んでハッとしました。誰でも自分を知ることは大事です。
自分がどんな人間なのかわかることによって、自分を受け入れ(自己受容)して
人の事も理解できるのだと思います。

そして次女のような困難を抱えている人は、より自分の苦手としている事を理解し
人に助けを求められるようになっていくしかないと思っています。

まず、我慢が出来ない性質を持っている事を理解しないといけないんだ。
まさか、我慢が出来ないことでの突発的な行動だったとは・・・・・。

次女にもそんな話をしました。そして我慢ってどんなことか、少しずつ理解して
少しずつできるようになってほしいと思います。まだまだ試行錯誤です。

ある時、夫とお使いに行くために次女に留守番を頼みました。

お母さんが帰ってくるまでに3つの我慢をしてみよう。

1、テレビを見たり、ゲームをしてはいけません。
2、お菓子を勝手に食べてはいけません。
3、PCも触ってはいけません。

そして自分の教科書、ノートを捨てるものを本棚から出しておきましょう。
3つの我慢と自分のやるべき掃除が終わったら、午後、1時間ゲームをしていいですよ。

そう紙に書いて、約束しました。一方的ですが・・・・・。
テレビ、ゲーム、お菓子、PC・・・・次女が一番好きなことです。
さて・・・・いつもは勝手に使います。何時間も・・・・この約束が毎回といかないんですが
短時間、我慢してみよう。次女ちゃんは。我慢することが苦手だから少しずつ練習しようね。

そう言って、家で勉強している長女にも様子を見てもらいながら外出しました。
家に帰るとテレビがついててゲームがついていました。

次女は、教科書の整理はできていました。でもお母さんが帰るまで待てなかったんだね・・・・

そう言ったら、「だって午後になったから、それまでやらなかったらいいんでしょう」と得意顔。
お~~~~い。お母さんが帰るまでにって言ったんだけど・・・・そこはわかっていないというか
自分のいいように変換していたんですね。私が家に戻ったのは12時過ぎていました。

まだまだこちらの指示の仕方が曖昧だったかと反省しました。

でも「我慢」ってキーワードは次女にはわかりやすかったようです。
髪を勝手に切って変になるとどういうことが起こるか話し、そういう時は我慢してお母さんに
相談することを話しました。

お菓子が食べたくなって勝手に食べているとどういうことになるか話し、だから我慢して
食べたいときはお母さんに相談するんだよと話しました。

我慢できた時は誉めて、次女にわかりやすい言葉で説明する。
これが難しいんだけど、私もまだまだ次女の特性を学ばないといけないなぁと
思いました。

これでそのままうまくいくかはわかりません。
でもわざとうそをついているんではないと、私がわかっただけでも良かったなぁと思いました。

書くとなると長文になってしまいました。
何日もかかってしまいました。
次女も進級します。
さてどんなクラスになるのやら・・・・。

心配はつきないけど、定型発達であっても心配事はあります。
違いは、その心配している事の視点がわかっていないから
余計に心配で不安だということです。

いろんな子がいます。
どの方法がいいのかは、子供によって違います。
まだまだ試行錯誤・・・・親業は修行ですね。

我が子が自立していけるよう、それが目標の子育ては
もう少し続きます。


 次女のこと

0 Comments

Leave a comment