*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

わかってほしいことがずれている次女さん

見つけるとついついお持ち帰りする花
マトリカリア。

花言葉は「鎮静」「集う喜び」だそうです。

DSC06007matorikaria.jpg

昔、薬用に使われたから、そう言う花言葉になったそうです。

私の仕事の事が鎮静すると気になるのは次女さん。
こちらは、頭が痛い。日々悩みどころです。

頭ではわかっているのにね・・・・反省する日々。


次女は、きっと学校でも家でも誉められることは少ない子です。
もともと私は誉めるのが苦手なんです。自分もあまりほめられて育っていないから。
仕事だと出てくる誉め言葉、素直な感謝の言葉も家族相手だと何だかハードルあげてしまって
どうしても素直に出てきません。今も昔も・・・・。

家族に対する思いが強すぎるんだと思うんですけどね。

だから・・・・子供たちをあまりほめていないと思うんです。

たまに思いを伝えたいときは、手紙を書いて渡すこともあります。
長女や息子には今まで2度ぐらいあったかなぁ。次女にはまだその機会がありません。

それでも外で誉められる機会が多い上の子たちと比べて次女は少ないと思います。
だからこそ、誉めるというよりもその子の存在意義を認める言葉かけが必要なんだと
思っています。

頭ではわかっています。

なかなか難しい。人生の修行はまだまだ続きます。

次女はお手伝いもよくしてくれるし、ワンコのお世話もよくしてくれて本当に
助かっています。その事を伝える前に大体何かやらかし私だけでなく
兄弟にも怒られてしまう毎日です。

そして怒られたくないばっかりに小さなつかなくていいウソをつき、
さらに怒られ信用を失くしていきます。悪循環です。

今日も水泳の水着とバスタオルずっと出していませんでした。
洗濯機の横に落ちていました。匂いとかどうみても今出したんだろうな。
それなのに、水泳の次の日に出したと言い張るのです。

もちろん、こんなに何日も出していないということは怒られることでしょう。
でもそれよりも何よりも嘘をついている事で怒られてしまうのです。

ハッと気がつきました。この子は怒られている理由がわかっていない。
出していないことで怒られているんだと思っていて、うそをついてごまかして
いることで母が怒っている事がわかっていないんだと。

定型発達の子であれば、出していないことで怒られて「ごめんね」で終わり。
次から気をつけなさいって済むのに、この子はかたくなに今出したことを認めない。

私が怒るからか・・・・。

でも母としては忘れたことよりもその事をごまかして取りつくろうことの方が
もっと嫌です。それがわからないんだなぁと思いました。

こういうことを何度も繰り返していることから見ても、論点がずれているんだと。

で、改めて話しました。出し忘れたことは仕方ない。
それを認めないでごまかそうとしている事にお母さんは怒っているんだと。

わかったのかなぁ・・・・・

でも言い続けるしかない。言い方も勉強しないとなぁ。
次女にわかるように・・・・

人生学ぶことは多いです。そろそろ専門機関に相談しないとまずいかなぁと
最近思う。なかなか勇気がでないんですけどね。

言葉って難しいと思う。
私は書くことは好きだけど改まって話すことは苦手です。
もっともっと話すことを決めていないと駄目です。

だから次女に伝わる言い方をもっともっと考えないといけないなぁと思う。

 次女のこと

0 Comments

Leave a comment