*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

親にとっては我が子が主役

更新が久しぶりになってしまいました。(最近、いつもこの書き出しのような気がします)
そんなブログに遊びに来てくださってありがとうございます。
この間、体調を崩していたのもありますが、仕事多忙期でした。

日にちをさかのぼって更新します。

DSC05216発表会

仕事をしていると、子供の学校行事に参加出来ないこともしばしばあります。
いつもそんな時は夫が調整して行ってくれています。
そんな我が家の夫は目立つ風貌とともに学校行事参加率も高いため
PTA役員に狙われてしまいますが・・・・

そこまで暇ではないんですよ・・・・。

同じ血筋か、長女や息子も学級委員に推薦されます。

私?!次女と同じく癒し系?!
人の前に立つのは不得意なので、そういう経験はないですね(笑)


更新しようと思いつつ出来なかったことを思い出しつつ書いて行きます。
次女の小学校の学習発表会でした。平日の午前中に行われる行事。
長女の時は運よく午後から出勤だったり、金曜休みだったりして6年間見ることが
できました。次女が入学してからは、運悪く一度も見ることが叶いませんでした。
なので息子の物も最後2年間は見ていません。

今年は、運よく仕事が休みの日に行われました!ビデオとカメラを持参して行きました。
いよいよって時にビデオの三脚にひざかけをひっかけてしまい、ビデオを倒し、しばらく
撮影不能にしてしまった相変わらず天然な私ですが、しっかり目に焼き付けてきました。

我が家は、芸術系はそれほどでもありませんので、こういう音楽の発表などは、目立つことは
ないんですが・・・・それでも代表楽器をやったりした長女と息子。
次女は・・・・いつもその他大勢の楽器です。きっとソロを歌ったり台詞を言ったりしている子の親は
嬉しいんだろうなぁって想像していましたが、その他大勢の役でも楽器でも、やっぱりこういうときは
我が子が一番で、我が子が主役にビデオやカメラに写っているんですね(笑)

どんな役周りであっても必要で、縁の下の力持ちだっていいんです。
親にとっては我が子が主役なんだと思いました♪
指の力もなくて、苦戦するリコーダーも一生懸命吹いていました。
マスゲームのような字を作る時も、ずっと同じ白のままでも一生懸命あげていました。
次女は、初めて私が行くと聞いて本当に嬉しそうでした。なかなか行くことができなくてごめんね。

これから先も次女が世間で言うスポットライトの当たる位置に出てくる事は稀でしょう。
でもね・・・・私にとってはいつだって次女にスポットライトがあたっているんだから、それでいいじゃんって
思った発表会でした。

来年からは委員会、運動会での鼓笛と難しいことが増えます。
家に帰ってから急に鍵盤ハーモニカの練習を始めました。拭いて鍵盤弾いて歩いてって
3つの動作をいっぺんにしなくてはならないことは、不器用な次女にとっては本当に大変でしょう。
2年ぐらい前、まったくできなくて音楽で△もらっていた次女が難しいレイダースマーチを引いていて感動。
もちろん吹く強さがバラバラですごい状況だったけどね。ワンコが驚いて逃げていましたけどね(爆)
楽譜は全く読めないけど、耳がいいので、耳コピーで音楽を覚えています。
きっと来年の運動会に、母は感動しちゃうんだろうなぁ。

親はつい目立つ役回りをして欲しいって上の子たちの時は思っていたんだけど
そうじゃないんだって、そういう役回りでなくてもいいんだよってことを次女が教えてくれる。
私を親として人としていつも成長させてくれるのは次女です。

次女のお母さんにしてくれてありがとう。

3人の子がいて、どの子も同じようにかわいい。
本当に我が子は、いつもで自分にとっては主役なんだと思った1日でした。

そのまま、息子の職場体験のハンバーガーショップに見に行ったけど
お昼御飯中で見れませんでした。
大変だったみたいだけど誉められたそうです。

私は・・・・寒い体育館で数時間、風邪をひきその後が大変でした。

12月10日記録

 次女のこと

0 Comments

Leave a comment