*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

ついつい不安になるけど・・・・

台風の影響で今週はずっと雨ばかりです。
こんな雨の中、少年団の試合はあるらしく、夫は出勤前に
審判しにいきました。
体が心配です。無理しないでね。

DSC04585千日紅

気がつけば秋です。肌寒くなってきました。
雨で長女の練習試合もなくなり、息子もオフ。
珍しく子供全員が家にいます。衣替えしようね。

夏の花だけど、もう少しがんばってね。
千日紅・・・・切り花でも楽しめます。


長女が4年生の頃、次女を連れて公園に行くと長女の同級生は
他のクラスだったけど、グループを作って遊んでいました。
グループが苦手だった長女・・・・同級生の男子の中に1人で入ってサッカーしてました。

当時は、心配したっけ。
グループとまではいかなくても部活にも所属しなかった長女は少人数の仲良しさんと過ごして
それでも中学3年生になるぐらいには、仲良しグループができました。
でもいつもそのメンバーといなくてはならないということではなく、誰とでもそれなりに仲良くできて
そして今もそんな感じです。

どこかに所属していないと不安というのは、間違っていたんだと今は思います。

そういう私も仲良しはいるけど、どこかに所属していつも一緒に行動してってことは、
あまりしないかも。誘われれば行くけどね。誰とでも適度な距離のままです。
自分がそうなのに、長女の時は心配したっけ。

男子と仲良しの長女がそばの女子グル―プに意地悪されるんじゃないかってね。
確かに、長女を見る女子グループの視線は怖かったしね(苦笑)
でも男子に媚を売るタイプでないし、誰にでも平等に優しかった長女さん。(親ばかは、流してね)
友達の悪口も言わないし(今でも・・・先生の愚痴は聞くけど、嫌いとは言わない)
意地悪されずにきました。親友って子がいるかは、わからないけど誰でも大丈夫は
これからも強みになるかなぁ。

さて・・・・同じ年になった次女さん。こちらは長女以上にマイペースです。
一応、同じマンションの仲良しさんはいるけど・・・・固執しているわけではなく。
まぁ、発達の特性でたまに空気読めない行動をしているかもしれませんが・・・・
大きなトラブルは最近ありません。

1年生の時に、一方的に意地悪されたこともあったけど、次女がのんびりで、幼稚園同志の
繋がりが強い時期に平気で保育園出身の次女が入っていたのも気にいらなかったのかも。
今では犬仲間として受け入れてもらえたらしい。

次女の話しで、よくわからないけど・・・・グループに所属するとかはないけど
誰かに意地悪言われたりすることは、今はないようです。
次女は次女の個性としてそのまま、受け入れてもらっているようです。
小さな子にも優しく、幼いから合うのかもしれないけど、習い事では小さな子に慕われています。

周りの子の成長との差はこれからもっと加速していくだろうけど・・・・不思議とふんわりと自然に
クラスに溶け込んでいるのかもしれません。
友達に意地悪を言わないし、家で息子とけんかになるぐらいしかトラブルは見えません。

学校での次女はどんな感じなのかなぁ。
親としての不安はつきないけど、きっとこの子の居場所はあるはずだと思います。
中学に行ったらどうかなぁ・・・・運動会とかで運動できなくて言われたりしないかなぁ・・・・とか。
勉強できなくて、言われたりしないかなぁ・・・・とか。

親ってね・・・・自分がそうでなかった過去も忘れて、我が子に仲良しグループがあって
その子たちに囲まれているのを望んでしまっているのかもしれません。
私だけかなぁ・・・・・。一緒にいるグル―プの中で対等な関係とは限らないのにね。
1人でいるのが怖いから、そこにいるだけかもしれないのにね。
そう思うと、マイペースだけど自分らしくいる子供たちに自信を持たないといけないですね。

さて・・・息子は、これまたいつもいるグループが違います。笑
誰とでも大丈夫は、我が子ならでは・・・・そして誰かがいつも誘ってくれています。
男子の場合は、母はあまり気にしないんですけどね。

周りで意地悪言われたなんてお友達の子の話を聞くと、やっぱり不安になります。
ついつい次女に「意地悪言う子はいない?」なんて聞いちゃいます。
そんな心配よりも「お友達に意地悪言っていない?」って聞かないとね(滝汗)

今の次女は、こんな感じだけど1週間後、1ヶ月後、1年後はどうなっているかわかりません。
そろそろ思春期の入り始め・・・・親の言うことも聞かなくなってきます。
いつだって親は心配してしまうけど子供を信じて、様子を見ていこうと思います。

秋なので物思いにふけることもあります

長い文にお付き合いくださりありがとうございました。
心配できる人がいるのは幸せですね。
さぁ今日も1日頑張りましょう。

 育児

4 Comments

こはる  

親は心配しちゃうのが仕事

うん。わかるよ。
私も、一緒だもの。きっと、でんでんさんと似たような学生生活も送っていたし(笑)

今までの日記でもわかるように、
ちはやも、長女ちゃんタイプ。まあ、より人付き合いに奥手ではなりますが....
本人は、一人でいるほうが、気持ち的に楽...って思っていても
話をきいていると、心の中で
「だれかと、一緒にいればいいのに....」
なんて思ってしまうものです。
でも、中学の3年間で悩み得たものはとても大きく
今は、自分らしく、心から無理することなくクラスで過ごしていますよ。
一人でいる時間=自分の時間(周りを感じる時間でもあったとか)
次女ちゃんも、「こうしたい」「ああしたい」という思い(心の中で)はあっても
「こうしろ!」「ああしろ!」「こうして!」「ああして!」
って相手に要求することはないと思うんだよね。
それって、自分がそうされるのが、いやだから。きっと.....
私たちもそうだけど、気づくと似た感じの仲間がそばにいる。
お互い、性格をわかっているというか、「おんなじだね」って部分を持っている仲間が。
次女ちゃんも、きっとそんなお友達が^^

親って、なんでこんなに心配性なんだろう~って思うよ(苦笑)
きっと、母も心配していたんだろうな。
まあ、そんなのまったく気にせずいた私ですので....
一緒ですよね^^

みまもりたいおもいを、見守り隊で行きましょう。

2016/09/24 (Sat) 14:58 | EDIT | REPLY |   

でんでん  

何が幸せなのか・・・・

★こはるさんへ★

こはるさん、お久しぶり~~~忙しい毎日を送っていたんだね。
また遊びに来てくれてありがとう。私は・・・・相変わらずです。
元気印の私も落ち込むこともあるよ~~~。まぁ・・・・今日にでも書きますけど。

自分が学生時代、どうだったかなぁってね。思い出します。
子供時代、どうだったかなぁってね。トイレまで一緒じゃないとって言うグループにはいなかったけど
それなりに仲良しもいて、別のグループの子でももちろん大丈夫だった私です。
友達が多かったとは思わないけどね・・・いなかったわけではない。

親も忙しかったし、友達に関しては何も言われなかった気がします。
子供心に類は友を呼ぶってわかっていたし、自分の周りには意地悪な子はいませんでしたよ。

だからね・・・・娘たちのまわりにも優しい子がいるんだってわかります。
長女の時はね・・・・・たまたま4年生ぐらいまで、次女を連れて公園に行っていたから、
同級生の様子も見えちゃって・・・その子たちが、The 女の子 って感じだったからね。
長女に対する視線が厳しくて・・・・心配したのでした。

今は、次女が遊んでいる様子を見に行ける訳でもないから、どうなのかは帰ってきた
様子で知るしかないんだけどね。話しは相変わらずわかりづらいしね。

1人でいる時間=自分の時間 

そうだね~~教室で1人でいるのは、かわいそうって言うのは親の勝手な思い込みね。
次女が1年生の頃、クラスの子とは一緒にいず、兄の所に行っていました。
みんなと合わせて遊べばいいのにって思ったりしました。

これから中学になってもきっと心配は続くのでしょう。そのたびにここで不安をつづって
大丈夫、見守ろうってね。思い出すんですよ。そんな話を聞いてくれてありがとう。
まぁね・・・・親は死ぬまできっと子供のことを心配しているんでしょうね。
わからなかったけどね・・・・。

まだまだ親業は続きますね。がんばりましょう。

2016/09/25 (Sun) 12:01 | EDIT | REPLY |   

なんちゃって  

何が幸せかは、本人が決める事だもんなぁ~。それでも、不安になっちゃうのは、親だからだよね。

私は高校までは、割と友達が多い方だったので。娘の友人関係の狭さや頑固さを不安に思う事もあるのだけど。まぁ・・・親のエゴよね。自分だって、大学に編入した時に、グループが既に出来上がっていて履修科目も違うので親しい子が出来ず、初めて今で言う所の「ぼっち」になった時には、すごく悩みました。「一人でも大丈夫」な力と。「友達と楽しめる」力。どっちも大事なんだなぁ~・・・って。今になって思う。思うけど、みんなでワイワイしててくれるといいなぁ~って、つい、思っちゃうなぁ~。

まぁ、本人が本人らしくいられる場所が、あれば、それでいいんだろうね。

2016/10/03 (Mon) 09:35 | REPLY |   

でんでん  

こちらにもコメントありがとう

★なんちゃってさんへ★

本当にね・・・・自分が子供の時はそれなりに悩んだりしていたはずなのに
子供のこととなると心配でね。あれこれ言いたくなっちゃう。

私もね・・・・友達はそれなりにいたと思うんだけど、転校して初めて
ぼっちの経験があります。まぁ、私は我が子のように空気読めず
どんどん男子と仲良くなったりして、せっかく声かけてくれたボス女子に
気にいられなかったんだけどね。それはそれで、その後に生かす経験になり
ました。男子とはあまり話さないようになりました(苦笑)

だからかな、長女が男子にちやほや?!されてて、同級生の鋭い視線を感じた時
私の経験がよみがえってしまったのかもしれません。

親は自分の人生経験からいろんな利害関係まで、考えちゃうけど、子供は自分で
必死に考えているかもしれないなぁって思います。
出かかった言葉を飲み込むこともしばしばです。
長女にはあまり言うことはなくなったけど、次女には言いたくなる事も多いです。

次女には[一人でも楽しめる力]は持っていて、「友達を思う優しい心」も持っていて
たまに空気読めないけど、それでも優しい子に育っているなぁってね。思います。
漢字や勉強は相変わらずなんですけど・・・・。

2016/10/05 (Wed) 18:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment