*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

教育相談(3回目)

若い頃は、そんなに好きではなかったニチニチソウ。
でも去年ハンギングを作ってみて、育てやすく可愛い花だと気がつきました。
なので、今年はニチニチソウメインのハンギングをいくつか作る予定です♪

早速一つだけ・・・・。

DSC037971ニチニチソウのハンギング

苗を買い足してスタンバイ中。週末植えたいと思います。

花言葉は・・・・「若い友情」、「生涯の友情」、「楽しい追憶」、「優しい」

今の子供たちにぴったりです♪ヽ(´∀`)ノ


半年ぶりに次女のことで教育相談を受けてきました。今年は、教育相談の曜日は仕事がぎっしりで
唯一、午前で帰れる日に予約できましたが、仕事を終えてそのまま電車に飛び乗りました。
前々回は、次女の発達について相談し、ついつい涙ぐんでしまった教育相談。 → その1 その2
前回は、次女の発達障害の診断結果を伝えて、担任の先生にも理解してもらった教育相談 → その3
今回は、新しい担任の先生になったことでの確認。今後どういう支援をして行ったらいいかの相談でした。

新しい担任の先生は、若い先生ですがしっかりしていて、こちらの要望をしっかり理解して聞きいれてくれています。
家庭訪問や鍵を忘れた事件でたくさんの話をできたのですが、先生も短い時間でしたが同席してくれました。

教育コーディネーターの先生も理科を持っていてくれて、理科の時間の様子を聞くことができました。

家庭訪問でお願いしてすぐに席は前の方になっています。お隣の席も優しい世話好きな女の子です。
実はその子は赤ちゃん時代からの幼馴染でした。特に保育園時代仲良しってわけではないですが
特に仲が悪いわけでもなく、今も良くしてもらっているようです。

やはり書くことが困難なため、授業でまとめの部分まで書けないとのこと。
毎回確認できるわけではないのですが、声かけはしてくださっているようです。
苦手な連絡帳も、今年の先生は、帰りの会の支度とともにさせていたようですが
発達に難がある次女にとっては2つのことを同時進行ではできないこと。

みんなと違って全部写せなければ最初の一文字だけ写してくればいいことを
決めました。早速先生がそう声かけしてくださったようです。

すぐに実行してくださってありがたいです。私はひらがなでいいから写しておいで
っていって、写してくるようにはなったのですが・・・・。
これで早く写し終わり、帰り仕度に集中できるようになるかなぁ。

やはり目の動きに難があるようで、ピジョントレーニングを取り入れながら大脳に刺激を
与えていくことにしました。

そうそう次女が言葉をストレートに言わないと伝わらないこと。
スキンシップが過剰なことを相談したら・・・・・
やはり発達障害の子の中には、肌の刺激で実感できる子もいるので(逆に過敏で駄目な子もいる)
外国人の人だと思って見てくださいって言われました。

そうね・・・・外国の人だったらスキンシップも当たり前だし、言葉はストレートに言わないと
伝わらないものね(笑)

4年生は新聞をまとめたり、自由な発想で書かせたりすることが増えます。
次女の一番苦手とする分野です。言葉で話すことはできてもそれを文字にするとなると
かなりハードルが高いのです。

まずは決まった型を与えること。それでだいぶできることも増えるだろうとお話ししました。

まだまだ手探りですが・・・・次女から学んだことです。

そうそう理科の班では楽しそうに実験したり意見を言ったりしているそうです。
まとめや考察、文字に関することはできないのですが、それ以外は大丈夫みたいです。
メンバーを聞いてカウンセラーさんもびっくり!なかなかのメンバーですが、大丈夫なんですね。

おとなりのSちゃんとおっとりAくん、そして次女がなかなかもめ事の多い残りの3人とも
うまく距離を保ち緩和剤になって、もめることなく楽しそうにやっているんだそうです。

次女のいい所が生かされています。どんな子でもふんわり包みこむ優しい子なのです。

文字では苦労はするけど・・・・お友達関係は今の所問題なくて良かったです。

また何かあれば予約しますが、とりあえず次の面談は1年後かな・・・・・。

小学校も一気に若い先生ばかりになってしまい、大変そうです。
そんな先生たちも一生懸命。だからこそ、お母さんからいろいろと教えてもらえて
助かりますって言われました・・・・いえいえ、おせっかいおばさんなので思ったことは
お伝えします。

去年の担任の先生もいろいろとある人だけど、次女は大好きで良く話をしてくれました。
その話を聞いてカウンセラーさんは驚いていましたけど(笑)
先生だって成長中ですからね。保護者だって見守っていますよ。
よろしくお伝えください。

あっという間の時間でした。もうすぐ運動会。忙しい時期に面談して下さり
ありがとうございました。10か月前、悩んで涙ながらに相談しましたが、
今は不安がないとは言えないけど前に進んでいます。

もし同じように悩んでいる人がいれば・・・・なんて思いながら書いてみました。

初夏の花、ニチニチソウのように優しい思い出ができるといいなぁ。


長女のことはあまり書けなくなってきました。
4月に行った模試が帰ってきたようです。
数学・・・・10番以内
国語・・・・後ろから30番以内Σ(゚д゚|||)

合計では30番以内らしいですが・・・・・

国語やばいでしょう。
Z会で培った数学の力・・・・高校入ってからZ会触れていないよ。

もうすぐ初めてのテスト。
少しずつコツコツやっているという長女を信じて見守りましょう。

 次女のこと

2 Comments

なんちゃって  

No title

娘。今、「行間を読む」という、国語の授業をしてるらしいのですが。「全く、行間が読めない。思ってもみない答えになる。」と言ってました。女の子って、小さな頃から、「目くばせ」したり、ちょっとした合図で意志を伝えあったりしますよね。それが、昔から、全く解らない子だったので、少し脳のタイプが違うのかなぁ???と、思っています。

テストの点が取れないのも。なかなか困りますが(汗)
いろんな子が、それぞれの「持ち味」を活かしていけたら。それが一番なんだろうね。

工夫してできるのなら、出来た事が「花丸」♪ 先生も、柔軟に対応して下さる方で、良かったですネ♪

2016/05/24 (Tue) 15:34 | REPLY |   

でんでん  

国語の行間・・・・難しそう

★なんちゃってさんへ★

数学とかよく式と式の間の行間を読みなさいって言われたけど、国語でも読むんだね。
数学なら楽しかったけど・・・・ッ国語は難しそうだわ。

長女もね・・・・人と違うことには敏感なんだけど、おいおいってことがわかっていなくてね。
やっぱり脳のタイプが違うんだと思います。
次女の場合も、違った意味で凹凸がはっきりしているかも。そう考えると何が正解で不正解かって
ないよね~~~。個性だと思えるようになりました♪
次女と似たタイプの人に会うと親近感を持つこの頃です(笑)

やはりテストの点に結びつかないといろいろと難しいですよね。
次女を見てて思います。読んで話すと答えられる問題でも、文章で書かれると答えられない。
脳の仕組みって不思議ですね。それでも次女らしく生きていければなぁって思っています。
そしてみんなが余裕を持てればいろんなタイプの人を受け入れられていいのになぁってね。

そうそう・・・・今年の先生も若い先生ですが、柔軟な対応してくれるので助かります。
去年の先生は柔軟には対応できないけど、はっきりとわかればまっすぐに対応してくれて
次女は好きだったみたい。いろんな先生がいていいと、親はますます心が広くなりますなぁ~~

2016/05/24 (Tue) 22:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment