*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

本来の姿

暖かい日が続いたと思ったら急に寒くて
春のコートで行ったら凍えちゃいました。

DSC03678多肉植物

あわただしく毎日が過ぎていきます。
季節は変わり、先週まで満開だった桜はすっかり葉桜です。
もっともっと楽しみたかったなぁ・・・・残念。

多肉の淵が色づいててなんだかお花みたい。
この多肉の本来の姿はどんなだったかな?

人間も一緒。本来の自分ってなんだ?!


高校に入って数日間は、ハイテンションだった長女さん。
家ではそうでも外ではなかなかそんな長女は見れなかった小学校時代。
中学校後半になってこんな本来の姿でいられるようになりました。

それにしても・・・・ずっとこのテンションでは続かないだろうと思っていました。

もう一つの姿・・・・何でも後ろ向き。自信がない。
すべて起こっていることは、自分のせい・・・・・

自意識が強い思春期にありがちだけど、第1子はまじめで特にこの傾向が強い
そんな気もします。親の期待を一身に背負って育ってしまいますからね。

部活に入りたくて選んだ学校。
春休みから練習に参加して、同じくジュニア出身の子と仮入部もなく本入部。
すでに春の大会が始まります。3年生にとっては最後の大会です。

その団体戦にすでに登録された2人。

今までのテニスの試合は自分の意思で参加して、結果も自分にしか返ってこないから
ある意味個人ですべて消化できたけど・・・・部活、団体戦といえば、自分1人のことでは
いられない。

その方が長女は力が発揮できるはずなんだけど・・・・・・

先日の練習試合でうまくいかなかったり、練習で思うようにいかなかったり
先輩やコーチからのアドバイスを生真面目に受け止めて、にっちもさっちもいかない状況。
適当に流すということがもともとできない性格の長女さん。

そして先輩を差し置いて自分が出場するという不安とプレッシャー・・・・
先日行った模試がいまいちだったらしく・・・勉強に対する不安。

数日前まで明るく元気だった長女さんがこれらがかさんで一気に週明けから
ブルーで落ち込んでしまい(これも本来の姿なんですが)
新しく出会った友達は驚きかなり心配してくれている模様。
これまた、申し訳ないってブルーになっております。

自分で乗り越えていかなくてはならないこと。
中学や小学校でこのようなプレッシャーを乗り越えていく経験を積んでいれば
まだしも遅い高校デビューですな。

団体競技をしている息子は常にこのプレッシャーの中、生きています。
今も先輩の中に入ると委縮してしまって思うようにプレイができないってぼやくけど
先輩に叱られてばかりでってぼやくけど、それでも立ち向かっていく。強いなぁ。

まだまだ長女の成長は始まったばかり。
部活に参加する意味。ここで見いだせて良かったと思う。

先輩の分まで、頑張るしかないよね。
目の前のことを一つ一つこなしていくしかないよね。

思いっきり泣いて話した後、次の日はいつもの笑顔で出かけていった。
授業も始まる。部活もある。一つつまずくとすべてが不安になってしまう長女だけど
大丈夫。笑顔で乗り越えて行けるから。きっときっとね。

今は涙を流させて、話をさせて、送り出します。

さぁ、今日はどんな顔で帰ってくるかなぁ。
高校生になってもまだまだ見守らないといけないですね。

次女のことを書きたいのに
先に長女さんがいろいろと心配かけてくれます。

3人いると心配も3倍。
喜びも怒りも3倍。

 長女のこと

0 Comments

Leave a comment