*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

その後の先生の対応

主役ではないけど大好きな花、マトリカリア。
インテリアの雑誌などでさりげなく小瓶に活けられて
かわいらしい容姿にすっかりとりこの私です。
夏の花なので、この時期はあまり見かけないけど・・・・

私はカスミソウも子供の頃から大好き。
主役を支えて、でもないとさみしい存在。

でもこのマトリカリアは、脇役でもいいけど、その花だけで活けると
しっかり主張するそこがもっと好きです。

DSC03372マトレカリア

花言葉は、楽しむ・鎮静・深い愛情・集う喜び・忍耐・寛容・恋路
今の我が家に必要なもの。


息子が家で大泣きしてから、数日。特に動きはありませんでした。
Aくんは、「なんだかあのこと以来、みんなが冷たい気がする。特にBが無視してくる気がする」
そう息子に言うそうです。

特にそれに息子は、何も言わなかったそうです。夫が心配して、このままでは
気がつけば息子が悪者になってしまう。楔を打たねばって。
息子は、A君にやられた小さないじわるをしたとか言うし・・・・それじゃあ、同じじゃん。
叱りましたよ。

同じことをしたって、相手は気がつかないタイプなんだから、一方的に息子が意地悪したって
そういうことになるしね。まったく同じ土俵に乗ってしまっては、ますます悪くなる一方です。

夫は、A君の父に現状だけをしっかり報告したいから、Aにそう言っておけって
それだけは、話が通じたらしい。
夫も忙しく、週末休みと言う訳ではないから、いつの話になるんでしょうね。

私も仕事が忙しくそれどころではないまま、週末を迎えました。

先生は、金曜日に長女に「息子はトレセンからはずさないから」って言ってくれたそうです。
で・・・・A君も結局ははずれていません。

先生は、結局どっちも外さないという形で丸く?!おさめたようです。
今は、トレセンは、これから最後の代表を選ぶ選考会中です。
今、おろされなくても次は2人ともわかりませんね。
実力がないって形で落とされるのかどうかわかりませんが・・・・・。

なんだかすっきりしませんが、けんかしても仕方のないことだし。
でもやっぱり失敗した後の責任は、子供自身がとるべきだと思うし・・・・
その部分に関しては、ぶれない我が家です。

以前も書いたかもしれませんが・・・・長女がスーパーのお肉のビニールを押して
指の後がついた時、その場でものすごく叱り、すぐに店員さんにも謝らせました。
もちろんその後で、私も一緒に謝りました。
小さなことだけど、それをごまかして買ってしまうのは違うと思います。
弁償して下さいって言われれば、もちろんしますが、それは謝罪の後のことです。
お店の人は許してくれました。もうやらないでねって言ってくれました。

長女は覚えているかわかりませんが、同じことは2度としません。

お店で粗相をしたときも、一緒に謝りました。
お店でトイレを借りた時も、必ず自分で貸して下さいとありがとうございましたを
子供が言うようにしてきました。もちろん、最後に私もいいますが・・・・

やはり子供ができることを親が代わりにやってしまってはいけないと思うのです。
子供が小さい時は、親がやってしまった方が早いでしょう。
でもその時期を乗り越えれば、子供は自分のことは自分でするようになるし
自分の失敗は自分で責任を持てるし、人の失敗にも寛容になります。

その点だけはぶれずに15年子育てしてきました。
きっときっと自分も覚えていないけどそういう風に育てられたのかなぁ。

我が子は守らないといけない。
でも自分でできることまで親が出ていくことはない。
必要な時は出ていくから。

今回、息子の思いを先生に代弁することだけはしました。
後は、先生の判断に任せようと思います。
それでも夫はA君のお父さんには話しをするとは言っていますが・・・・
男同士で冷静に事実を話すことができるかなぁ。

私はもう何も話しません。
同じ母だし、子供がかわいいのにはかわらないから。
そしてやはり小さな頃から知っているA君を嫌いにはなれないから。

言葉は難しい。
言った、言わないもあるしね。子供の話は話半分で聞かないとね。

それでも子供がSOSを出してきた時はしっかり支えてあげようとは思うけどね。

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

話しは全然違いますが
毎晩、ついつい卓球の世界選手権を応援しちゃいます。

チームの為に頑張る選手の熱い戦いに胸がいっぱいです。
長女と同じ年の選手もいて、メンタルの変化がテレビからでも
伝わります。

今日は男子の試合も見てしまった。
みんなそれぞれのプレイスタイルがあって面白いですね。

頑張る人を見るのが好きです。
元気をもらいました♪

男女ともに決勝戦へ・・・・がんばってください!

 長男のこと

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/03/07 (Mon) 12:44 | REPLY |   

でんでん  

No title

★通りすがりの鍵コメさんへ★

たまたま通りすがりでコメントをいただきありがとうございます。
言葉は難しいですね。
私のことをよく知っている人であれば・・・・私は世間の奥様よりもずっと
夫に意見しています。このことでももちろん意見はしています。
夫も普段は、許容範囲が広い人なんですが、今回の件は今までの件も含め
頭に来てしまったようです。子供のけんかに親が出てきていいことはありません。
私は、、もう頭が冷えているのでA君にもA君のママにも何も言いません。
ここには書いていないたくさんのことがあるのですが、傍から見たり
このままでは、息子がいじめの首謀者のようになってしまうことを危惧しているのです。
我が家も息子もそれはわかっているので、今まで通りのお付き合いをしていきます。
夫もその時は、くだらないこいじる悪をしてしまった息子に対する怒りでそう言ったのでしょう。
お父さんとは世間話で、どこまで事実を知っているのか確認したいようです。
今までの経緯を知ってもらえればいいのですが、そこまでは書けませんので
誤解させてしまっていたらすみません。

私個人の考えですが、子供同士で起こったトラブルに親が出ていって良かったことは
ないだろうと思っています。ただ、私も小さい人間ですので胸にためておくことも
できずに、書くことで自分の頭を整理しています。
愚痴を書いてしまうこともあるのですが、それで見ている方が嫌な気分に
なってしまったのでは、申し訳なかったです。

今は、もう普通に暮らしています。
人は変えられないと思っています。
自分を変えることは自分の意思できると思っていますが・・・・
以前から何度も書いているのですが、子供は自分たちで解決して成長するのが
部活だとわかっています。いろんなことがありがながら、1年近くやってきました。

言葉足らずのブログで不快な思いをさせてしまったら、すみませんでした。

2016/03/07 (Mon) 15:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment