*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

今になってわかること

秋に植えたセダムがぎゅうぎゅうになってきた。
よく見てみると、小さな赤ちゃんもいっぱい。
すごいなぁ。こうしていろんなことを子孫へ受け継いでいくんだね。

DSC03281セダムの赤ちゃん

大人になってわかったこと。
親になってわかったことってたくさんあります。
今になってわかった親の思い。
つい最近までわからなかったけどね。(・Д・)ノ

いつの日か我が子たちも私の思いに気がつくんだろうか。
気がつかなくてもいいけどね・・・いろんな思いが子孫へ受け継がれていく。


昨晩、頭が痛いと微熱だった長女。
今朝は落ち着いて学校に行きました。

久しぶりに寝ている長女のおでこを確認した早朝。
小さな頃は、よくこうやっていたなぁってね。
小さな頃、たくさん熱を出した長女。

冷えぴたを脇にはさんで登園。朝の検温でひっかからないように。
体温計はいつも出勤する時持参していたっけ。
帰り道も検温して少しでも熱があるとそのままバスに乗って小児科へ。
家の近くに病院がなかったんだよね。

今はめったに熱なんて出さなくなった長女さん。
ようやくここまできました。それでも明日の朝、見送るまでドキドキ。
笑顔で帰ってくるかなぁってドキドキ。無事に面接も終わるかなぁって
ドキドキ。

自分のこと以外でこんなにドキドキすることが人生にあるなんて知らなかったね。
30年近く前の中学生だった私。受験前日は、もう勉強はしていなくて
何度も受験票を入れたか確認。受験票の写真を何度も見たっけ。
鉛筆もしっかり削って、消しゴムも2個、忘れ物がないかドキドキしたっけ。
お守りも入れていたね。

同じように準備をしている長女見て、ふっと中学生だった頃の自分を思い出しました。

そんな私を両親はどんな風に思って見ていたのかなぁ。記憶にない。
でもね・・・・今ならわかる。同じようにドキドキして心配して見守っていてくれたこと。

受験当日は大雪で、バスが来ないからと駅まで一緒に歩いてくれた母。
その気持ちも今はわかる。当時の私は自分のことしか考えていなかったね。

合格発表の日、私より先に掲示版を見ていた母にあきれたけど、今はその笑顔の裏の
気持ちもよくわかる。確かにすごい倍率で(子供多かったしね)一緒に受けに行った仲間の
半分は合格できなくて、素直に喜ぶことができなかったっけ。

合格発表はまだ先だけど、仕事で良かったような・・・・気になるような・・・・・

でもまずは、明日無事に試験を受けてほしい。今はそれだけです。

のんきにしているような私ですが、内心はドキドキでした。
でも同じように頑張る受験生を支える仲間がいてくれたから、1人じゃないって
頑張れました。みんなよりもずっとずっと短い短期戦の受験だけど、いよいよです。
第1志望校を目指して・・・・たくさんのZ会の山を横目に明日は1日落ち着かないです。

仕事していたほうが落ち着いたかなってね。
夫は休みをとってくれていました。

さぁ、明日は少し早起きして朝食とお弁当を準備しよう。
小さなメッセージを入れて♪

多くの方が見守ってくださってありがとうございます。
ここでよい報告ができる日を信じて、明日も応援していきます。

受験生の皆さん、見守るみなさん、あと少しあと少し・・・・
桜満開を信じて頑張りましょう。

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

こはるさん、コメントありがとう。
明日、送り出してゆっくり返信しますね。

長女はもう眠りにつきました。
明日は寒いですが、お天気のようです。
ともにがんばりましょう。



 長女のこと

0 Comments

Leave a comment