*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

どこまで支援するべきか・・・・

今週のお花・・・スイトピー。
色だけでなく香りもよくて、そばを通るたびに癒されます。
わんこのように、くんくんと・・・・笑

DSC03253スイトピー

食べ物でも旬のもの。
お花も旬の花がいいなぁって思うこの頃。
先週のお花もまだ元気なので、別の場所に置いています。
家の中のグリーンたちも元気いっぱい。
植物が元気なのは家の中の空気がいいからかなぁって
なんでも前向きに勝手に考えてしまうこの頃・・・・。


昨日は、寒い中眼科の定期検診&目の痛みを見てもらいました。
大きな傷はないからそのままで大丈夫とのこと。
視力が落ちている気がするんだけど・・・・PCのやり過ぎか?!
スマホは持っていません。爆
本の読み過ぎか。それは生きがいなので・・・・

数冊の本を、いっぺんに読んでいますが・・・・今、読んで気になっているのは
発達障害関係の本。数年前に発売されていたものだけど・・・・今は5年ぐらいたっても
きっとあまり現状は変わっていないんだろうなって思う。

発達に凹凸のある子に対する認識は、学校でもだいぶあるんだろうけど
だからと言って対応がいいわけではありません。
そういう困っている子がいるという認識だけです。次女の場合、友達との大きなトラブル
授業中に立ち歩くなどの目立つ行動はないため、こちらから支援をお願いしない限り
そのままになってしまいます。

集中できないので、席を前にしてもらいました。

忘れ物、落とし物に関してはなかなか治りませんが、メモをとる習慣を子供のうちから
つけるように、今、教えています。
でも今日は、連絡帳を学校に忘れてきて時間割が全くわかりません。

こんなとき、定型発達の息子の場合 、今は、かすかな記憶で覚えている。
または、わからないなら、すべて持って行くことを思いつくでしょう。
実際に、小学校低学年時は、わからないからすべて持って行く日が多かったようです。
そんな息子も今はきちんとメモをとってくきますけどね。

次女の場合・・・・・と、固まってしまいます。
朝、授業の準備をしてて、書いたメモ帳を忘れたことに気がつきました。
もう集合時間間際です。友達には聞けないし・・・と気がついた時点で花丸です。
そうそう、朝友達に聞いたら、迷惑だものね。

せめて夕方に気がつけば良かったけど・・・・それは、次のステップですね。
と言うことで、本日は全部の教科書を持って行ってもらいました。
筆箱を見ると・・・・鉛筆が1本も入っていません((((;゚Д゚)))))))

使っている途中で他に集中して置きっぱなしなんでしょうね。

物の管理はまだまだです。家じゅうすっきりさせて、すぐに見つけられるようにする
これが、母としての支援でしょうかね。

算数の2ケタ×2ケタの宿題が全く分かっていなかった次女。
一緒にやって9割正解までできるようになりました。
宿題の所に間違いは赤で直す決まりだけど、真っ赤になりすぎて次女にはわからない。
ので、算数の宿題ノートに大きく書いて解きました。
そのノートに先生へメッセージを書きました。提出できていないものやわかっていないことが
あったら、お手数ですが教えてください。よろしくお願いしますってね。

30人以上いるクラスで、先生が次女につきっきりで教えるのは無理な話。
だからこそ、家庭でのフォローが必要です。
でも次女がわからないと言わない限り、母にはわかりません。

先生は、快く了解してくれました。そして算数は、今11番まで終わっています。
次女さん、苦戦しています。と書かれていました。

算数のワークノートを確認すると、6の途中で止まっていました。
いっぺんにはできないけど、一緒に少しずつやって提出していこうと思います。
漢字は、厳しく止め、跳ねでバツにされなくなり、いっぺんでマルをもらえるように
すでに3学期のワークは終わって、提出したようです。

習字をやって、字を習字の先生に褒めてもらって、すごく自信になっています。
漢字練習も苦ではなくなりました。本当にありがたいです。

発達に凹凸があるからと言って、やらなくていいというわけではない。
人よりも何倍も努力が必要な子だけど、それでも遅れてでもみんなと同じ課題を
キチンと終える大切さを子供のうちからわかっていてほしい。

思うのは、発達に凹凸があっても大人になったら社会に出て行かなくてはいけません。
その時に最低限の読み書きソロバンが出来るようにしてあげたい。
親がフォローすることは、必要だと思うけど・・・・ほとんど、親が助けてしまっては
いけないと思っています。もちろん苦手な部分を認識することは大事なことだと思いますが
その部分を踏まえ、それを補うためにどうすればいいのか、考えられるように教えていくのが
私の務めだと思っています。

学生時代は、診断名で大目に見てもらえるかもしれません。
でも社会に出たらそれは通用しないでしょう。だからこそ、自分で生きていけるように
必要なことは早くから教えていかないといけないなぁと思います。

発達障害の支援は、まだ始まったばかり。まだまだ手探りで学校でも対応が遅れがち。
子供によって特性も必要なことも違うしね・・・・だからこそ、一番身近にいる家族が
親が子供の特性をよく知り、必要な支援はしていけばいいんじゃないかなぁって
思う毎日です。

まだまだ手探り。

子育ては与えすぎてもいけないし、与えなさ過ぎてもいけない。
植物を育てるのと一緒です。マニュアル通りにいきません。
だから難しくて、だから面白いんですね。

さぁ・・・・今日も夕方は算数教室だわ(-∀-)

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

次女のことになると長いわ~~文章。(´∀`*;)ゞ
たくさんの方の訪問、応援ぽちありがとうございます。

きっと昨日の長女の記事に対してですね♪
今朝、公立高校の倍率が出ました!
明日から志願変更の期間があって、
当日、私立を志望の人も受けないだろうから
最終的な倍率は変わるでしょうけどね。

はぁ~~~○人は落ちてしまうのねって思うと切ないけど
それが受験ですものね。我が子を応援するしかありません。

って、ここの所娘たちの話題ばかりですね。
息子は・・・・長女に「お菓子のダイソンか!」
って言われるぐらい、夕方食べまくります。
お菓子もパンも止まりません~~
娘たちには同じように食べたら太るのでやらせませんが・・・

ダイソン様に失礼ですね。
我が家の掃除機いただきもののダイソンです。
吸引力はすごいです♪

 次女のこと

0 Comments

Leave a comment