*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

小さな自信の積み重ねが自己肯定感を作る

本日も私のお気に入りのコーナーの写真から。
ガーデニングを初めて20年余り・・・・
修繕を期にスペースは減ってしまったけど花がない生活は考えられません。
中でも一番大好きなビオラ♪今年はたくさん自分でハンギングを作りました。
数カ月でモリモリしてきました。

DSC03180 ビオラ♪

家の中ではないけど、お気に入りのスペース。

DSC03186 ビオラのコーナー

非難ハッチもあるんですけど・・・・車輪は義理実家の親戚からのいただきもの。
本物の馬車の車輪を解体した時にもらいました。
とっても重いです・・・・(=∀=)


さていつも前がきというか、本題まで長くてすみません。
たくさんの方の訪問ありがとうございます。

今日は、次女を育てていて改めて気がついたことを書きます。
次女は、私の学びの為に私のもとに生まれてきてくれたんだろうなぁって
思っています。

ずっと書いていますが、次女には不注意型の発達障害があります。
とっても優しくてかわいい子ですが、空気が読めない部分も家ではあります。
なので、今はいい行動をインプットすべく兄弟にも協力してもらいます。

自分で想像して反省したり行動を変えることは困難なようなので、
こういう時はこうするといいんだよって話します。
まだ友達とのトラブルは、あまり聞きませんが、周りの子の成長の加速には
きっと追いつかないだろうなぁって思っています。

そして書字障害、読字障害があります。
鏡文字を書いたり、音読がうまくできないこと、ピジョントレーニングや日々の運動で
目の訓練も少しずつしていますが、なかなか・・・・・

年齢が上がり、自分はあまりできないって自信を失くしつつあります。
それでも優しい友達に恵まれ、次女の持ち前の優しさと明るさで今は学校には
楽しく通っています。

それでも年齢が上がれば上がるほど、自信を失くし2次障害に繋がってしまう危険があります。

水泳もテニスも姉がやっていたから当然本人もやる気で始めました。
しかし、覚えるのは何でも苦戦します。ちょっと気を抜くと手を抜きます。
でもここでも行動修正。

ボール拾いは人より多く拾うぐらい一生懸命やること。それがテニスがうまくなるためのコツだよ。
(コツではないです・・・・でもまじめにコツコツやることで、できなくても周りからは認められるはず?!)

水泳も最後まできちんと泳ぐこと。人数が多い時は途中で終わってしまうけど
少ない時も同じぐらいで立ってしまっては泳ぎが上手くならない。

きちんと話せばわかってくれる次女です。
勉強も運動もできる姉。兄をもち、自分は2人に勝てるものはないと思い始めたこの頃・・・・・
次女のいい所探しが始まりました。

月曜日は、8月から始めた書道の日。
集中できる空間。先生がいつもほめてくれる教室。
1時間と言う限られた時間で(他の教室はうまく書けるまで数時間って所が多かった)
毎週欠かさず通っている次女。一応、毎月検定に提出して級を認定されるらしい。

今日は、9級になりましたって
賞状をもらって帰ってきました!

卒園証書以来の初めての賞状です!!!
兄弟の誰もが嫌がって習わなかった習字で、次女が賞状をもらいました!
飛び級だったらしいです。
一緒に習い始めた友達はもらっていなかったのって驚いていた次女でした。
(今までの人生で人より早いって経験がほとんどないんですね)

夫もたまたまいて、2人でべた褒めしました。額に入れて次女の部屋に飾るつもりです♪

たぶんね・・・・書道の世界では、そんなに大喜びする段階ではないかもしれません。
でも次女にとっての初めての賞状はとっても意味のあるものです。

少しだけ自信が出来たかな。
水泳だって人よりは進級は遅いけど、周りの習っていない子からしたらバタフライやっているのって
驚かれる。それだけで少しの自信。頑張ってできるようになった体験は自信を生みます。
無理やりのペースではなくて自分自身のペースで自分がやったという実感が次女には大事だなぁと
見ていて思うのです。

親だけでは作れない自己肯定感。友達や習い事のコーチ。
近所のママ。いろんな人に次女は認めてもらって自己肯定感を育てていけたらなぁ。

これは、定型発達であってもそうでなくても、人には大事なことだよね。
長女や息子にも必要なことなんだろうなぁ。
そんなことを次女から教わっています。

さぁ、明日は賞状を入れる額を買ってこないとね♪

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

実は、今では立派に見える息子に同じ経験がありました。
少年団に入った年長さんの時。
少年団では、毎年記録会と言って持久走、コーンドリブル、リフティング
の数を競う大会があり、記録のいい子は表彰されます。
1年目は一つ上の学年の子も一緒だったけど
唯一、息子は何ももらえませんでした。

でもその時のコーチが「ベストファイティング賞」と言う努力賞をくれて
それを額に入れて今でも飾っています。
次の年からは毎年何枚も賞状をもらっています。
でも初めての時の思いを忘れてほしくなくて、他の物はファイルに
しまっていますが、最初で最後のファイティング賞だけは
目に見える所に飾っています。

息子にとっては覚えているかわかりませんが
私たち夫婦にとってはかけがえのない賞でした。

 次女のこと

0 Comments

Leave a comment