*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

特性を知ってから・・・・・

小さな頃の写真のデータが見つかった。
PCが壊れそうな時に、別の媒体に保存していました。
懐かしかったなぁ~~~
次女が生まれて1年ぐらいは、ものすごく可愛がっていた上2人。
今は思春期・・・・空気読まない幼い言動の次女とぶつかること多し・・・・
特に息子と次女。

結局は息子も幼いということかなぁ。

コピー ~ DSC01172

次女の物忘れの特性をなかなか理解しない息子くん。
まぁ、生意気な次女が、いくら特性だからと言って忘れすぎるしね・・・

だからって悪口言わないでほしい。
これから外でたくさんの言葉に傷つくことも多いだろうから。


次女は、忘れ物が多いです。
小学校に入ったときは驚きました・・・・教科書を持って帰るのを忘れる。
何度全部持って帰るように言っても、母の言葉を忘れる。

最初は、どうしてってイライラしました。

今でも忘れ物、失くし物はあります。
LDだけだとばっかり思っていたけど、そうではないと診断されて
この不注意は彼女の特性から来ているものだと知りました。

メモさせてもメモを失くしますから・・・・あまり効果はありません。
一度に何個もの項目は覚えられません。
それでも困ることも多々あります。なるべくフォローしないとなぁって
この頃は思うんですけど・・・・なかなかね。

先日、月曜日に豆電球の実験で電池がいるんだと言い出した次女。
電池?!上2人の時はキットについてて持って行かなかったけどなぁ。
サイズは?上の2人が持ち帰った電池は単一。普段家にはありません。

お友達のママにサイズを確認。

そうしたら・・・・・もう随分前に持って行ったけど・・・・なんて話(T_T)
もう数時間、電池がなくて実験出来ていなかったことが判明。
だらしないって怒りたくなるのをこらえて、ずっとできなくてつまんなかったね。
早く言ってね。

フォローしようにも特に学校からの連絡もなければわからないし
毎日確認できないしね。宿題持って行けってそのことだけ覚えていても
何か別のことが浮上すると宿題を忘れます。

遅れても出してねって言うんだけど・・・・・それすら忘れます。

先生も先日の面談以降、少し寛容になってくれた気がします。
字もほめてくれたそうです。

実は・・・・漢字のワークも数週間見つからずに持って行っていなかったことが判明
お風呂で「お母さん怒らないでね」っていいながら、ようやく話してくれました。

もちろん怒りたいのをぐっと我慢。一緒に探さないとねって探しました。
2週間ぐらい前に学童に持って行ったらしく、リュックに入っていました。
それすら本人は忘れています。私も持って行ったの知らなかったし・・・・・

これからもフォローしつつ自分で気をつけるようにスキルアップしていかないとなぁ。
まだまだ試行錯誤です。でもこの子には怒っても仕方のないことなんだと
思うようになりました。

それがまた・・・・思春期息子にはイライラの原因なんでしょうね。
あんたは、できるんだからしっかりやりなさい!

俺だって忘れ物するけど、忘れたことは忘れないよ!
ってだから、あなたと次女は違うんだって!
まぁ、兄弟の理解はまだまだですな。
長女は理解を示してくれていますけどね。

実母もようやくその手の本を読んで勉強しだしてくれました。
いろんな人に認めてもらう。甘やかすのではなくフォローするために。
そして困っているときはそう自分で言えるように・・・・・。

まだまだ踏み出したばかり。
時に叱りたくなるけど、ぐっと我慢。まだまだ私も修行中です。

怒らなかったからか、遅れていた分を一生懸命書きだした次女さん。
漢字もたまにヒントを出して考える事も増えました。
時に何でも早いことがいいと思う方もいて、比べられて嫌な気分になるけど
それでも次女は次女。次女のペースでいいんだと思えるようになってきました。
次女がいたからわかったことは、たくさん。
次女がいたから、息子の事もだいぶ大目に見れるってこと、知っているかなぁ。
思春期男子もまだまだめんどくさいですね(苦笑)

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

いつの日か私たち親がいなくなっても
仲良く力を合わせて生きてほしい。
残せる物はほとんどないけど・・・・

どの子にも愛情が伝わっているかなぁ・・・・
まだまだか?!
どの子もかわいい。ここで書いていますが
本人たちにも通じるように伝えていこう。

コピー ~ DSC01215

息子の寝像が悪いのは昔からですな・・・・

 次女のこと

4 Comments

こはる  

ありのままで....

うん。同じ家族でも、特性を理解するまでは
とっても時間がかかるものです。
わかっているつもりでも、イライラすることもあるし
「なんで?!」って思ってしまうことも.....
家族でもそうなんだから、学校(先生)でありのままを理解してもらうのは
そう簡単なものではないのかもしれませんね。
子ども同士の方が自然だったりすのですが
「こうあるべき」「この学年だったら、できるでしょ」って概念があると
それがじゃまになってしまったり....。

誤解されることもあるけれども
その都度、話していくことが大切だよね。
でんでんさんの接し方を、きっと息子君もみている。
「自分には厳しいのに、なんで....。」
そんな思いが渦巻く反抗期さん。
でもね。息子君はずっとでんでんさんと一緒に暮らしてきた。
お母さんが大好きで.....優しくって。
でんでんさんの性格だって、お見通し(笑)
お母さんの言葉や行動は、ちゃんと伝わっているはず。
ありのままの次女ちゃんを、理解してくれるように思います。
まんべんなく愛しているでんでんさんがいつもそこにいたもの。

我が家のあすかも....
忘れ物や机の中のぐちゃぐちゃ。
机の周りにお店屋さんを開いている(苦笑)
あるものを取りに行ったのに、その途中で木になることがあって
目的地にたどり着かなかったり.....
未だに片づけは超苦手です。
あすかの通り道ができるくらいに.....。
一緒に考え、片づけやすい環境を作っています。

考えると私自身も、ありのままを受け止めてもらって今がある。
そう思うと、目の前にいる子どもたちを、そのまんま受け止めてあげなくちゃ
そんな風に思います。

2015/12/13 (Sun) 21:15 | EDIT | REPLY |   

でんでん  

毎日うるさいんですよ~~

★こはるさんへ★

思春期のイライラ息子。次女に八つ当たり?!
まぁ、次女もイラっとすることを言ってしまうんですけど・・・・
毎日喧嘩勃発です。しまいには、「こいつは、口で言ってもわからない」とか言って
叩くものですから、叱りますよ~~息子を・・・・
私が子供を叩くことはありません。それなのに~~~あんたも叩かれたいんかい!
そう言うと、一応は止まるんですけどね。

それにしても次女の物忘れは今に始まったことではないですけどね。
都合の悪いことはさらに忘れます。一度にいくつもの事は覚えられないんだろうな。
あすかちゃんもそうなんですね~~息子も何か取りに行っていつまでも帰ってこないこと
たくさんあります。ミイラ取りがミイラになっているよってよく言いました。
2人の机がある部屋は、入り口から足の踏み場もないぐらい教科書、プリントが
散乱しているので、号令掛けて片付けてもらいます。
これで1人部屋になってもきっと変わらないでしょうね・・・とほほ。
リビングだけは死守するようにしていますが・・・・
我が家も次女のおもちゃが多すぎるって思っています。息子のカードもね・・・
でも大事にしている割には散らかすんだけど、少しずつ断捨離してもらおうと思います。

学校の先生にありのままを見てもらうのは厳しいですよね。
だって30人以上の子供がいるんですから。もっともっと目をかけないと
いけないお子さんがいるかもしれないし・・・・静かに座っている次女は
後回しでしょうね。だから、親がフォローしていくしかないなぁって
思っています。親にとってはかけがえのないわが子ですからね♪
それを同じように先生に見てもらうのは無理ですよね。
ただ、漢字に関しては少しだけ配慮してもらって、忘れ物も叱るだけでなく
注意してもらって、あまりにも忘れているようであれば知らせてもらえると
ありがたいなぁ・・・先生も忙しいですよね。

息子・・・・思春期、反抗期。でも学校では頑張っています。
優等生の姉を持ち、小さい頃から大変だったであろう息子。
でも次女のおかげでそこまで怒られていないはずなんだけど・・・・
でも夫は息子には厳しいから、そこら辺は不満なんでしょうね。
でも息子のサッカーに一番思いを寄せているのも夫なんですけどね。
男同士ぶつかる時期なんでしょうね。母は蚊帳の外ですよ。

まっうるさいから喧嘩は外でやってくれって思うけど、
それ以外は協力して母を助けてくれる優しい子供たちです。
いつか大人になっても仲良し兄弟で力を合わせてくれたらなぁって
思うすっかり隠居気分な私です。

ありのままを受け止めてもらうと本当に嬉しいよね。
私もそうでした。思春期は自分探しの時期。迷って悩んで
自分自身も自分を受け入れられない時期。だからこそ、ありのままを
受け止めてくれる友達や大人がいることは、幸せなことですよね。
3人育ててようやく肩の力が抜けてきたようです。
長女だけだったら、カチカチの育児で終わっただろうな。

いつもコメントありがとうございます。
あっという間に12月も半ばです。体に気をつけてがんばりましょう。

2015/12/13 (Sun) 23:33 | EDIT | REPLY |   

hironao  

こんばんは

でんでんさんのブログ、見つけました〜♪
同じタイトルのブログが他にもあって、少し迷子になりました(^^;;

次女さん、やっぱりうちの子に似てますね〜。
LDだけだと学校からの支援は、限られますよね。
親が具体的に要求を出さないと先生も何をしていいかわからないんでしょうね。
子供にあった支援を探って、中学に入るまでにある程度の実績を作らないといけませんね。
頑張りましょう!

2015/12/17 (Thu) 21:13 | EDIT | REPLY |   

でんでん  

コメントありがとうございます

★hironaoさんへ★

見つけてくださってありがとうございます♪
そうそう同じタイトルのブログでガーデニングが素敵な方のブログ知っています。
迷わせてしまいました。すみません。

ふふふ~~~娘さんと次女、似ている部分が多いですよね。
私もhironaoさんのブログを読んだ時、びっくりしましたよ~~
LDというのは、なかなか診断がしづらい分野で、研究はまだまだ進んでいなんですよね。
でも困っているのは事実で、ほっておいても治るわけではなくて
だからこそ、こちらから具体的な支援について要求を出さないといけないですね。
この方法がいいって言うのは、子供によっても違うし、成長とともに変わるし
以前良かった方法が全く効かなくなる(忘れっぽいから)のもこういう子たちの
特徴のようです。
本当に、今のうちからいろいろと実績を作ってこれから先進級、進学で乗り越えて
行かなくてはいけないことはたくさんありますよね。
これからもいろいろと情報交換をお願します。

このブログはいろんなことを書きすぎているので、発達障害の方のカテゴリーを
載せるのもなぁと、小学生の子のカテゴリーで行く予定です。
よろしくお願いしますね。

2015/12/18 (Fri) 05:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment