*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

起こった出来事の後ろにある思い

お年寄りの方の杖をつきたくなる気持ち
わかるわ~~~苦笑

腰痛3日目。仕事に行かなくてはならず・・・・
朝から動きが遅くて嫌になる。
なんとか仕事をこなして夕方は眼科と整形外科へ・・・
どちらも混んでて疲れました。
初めて注射の治療もしてもらい少しは楽になったけどね。
明日もリハビリに行かなくては・・・・とほほ。
眼科はいつも通り。変わらず。それが順調ということです。

DSC02928ビオラ

ビオラの季節になったのにあいにくの雨。
そして腰痛のためまだポットのままです。
ごめんね~~~


病院から帰る時学童からメールが来ていました。
今日は土曜日の代休で次女には朝から行ってもらっていました。
たいていこう言う時はどこかにお出かけなんですが、その連絡も来ておらず
どうにも手のかかる男の子が1,2年生に多いらしく3年生の女子は置き去りです。

次女は週に3日しか行かないうえに、早く帰るためあまり学童になじんではいない気もします。
それでも来年も行きたいというので行かせる契約をしたばかりでした。

幼い次女なので3年生女子グループには入れていないと思うけど、次女なりに仲良くしている
ようでした。

さて・・・・メールの内容ですが・・・・・

本日は○○(室内遊技場)に遊びに行きました。
女子は6名で次女ちゃんは1,2年生の子と3人で班だったのですが
何度声かけしても1人でどこかへ行ってしまいました。
学校でのクラスでの様子はどうですか?


大きな遊技場で、1人勝手に行動した次女。
楽しくて興味がある方に走っていったのかなぁと思いました。
そういう部分は否定できない。とりあえず家で次女に話を聞こう。

次女は楽しかったよって言いました。
でも先生からそういうメールが来たことを話しました。
小さな子の中で一番のお姉さんが勝手に1人で行動してはいけないよねって話も
涙目でしたが理解していました。

で・・・・最後に気になったので聞いてみました。

あとの3人は3年生だったの?


そう聞くと悲しそうに涙がぽたぽたと落ちる次女でした。

女の子6人いて、3年生が4人。
その子たちが先に手をつかんでグループになったのかもしれないし、
次女はいつでも小さな子に優しく面倒見るからこの子たちの方の班にしたのかもしれない。
でも次女の思いは自分だって3年生の子のグループで遊びたかった。

その思いを吐き出させると涙が止まらない次女でした。

先生に不満を言える子ではない。
クラスでも学童でも困ったと言えなくなっているし、見た目聞きわけがいいし
おとなしくしているから(家では違うけどね)先生からしたら手のかからない
良く気がつく子となっているようです。

でも本音は幼くてすきに遊びたい、3年生だって言うプライドもあって、
なんで自分だけがお世話係になってしまっているんだろうって不満もあり、
そんな1日だったようです。

母に心配かけたくないし「楽しかった?」って聞かれればそう答えてしまうんだなぁ。
そう思うと切なくなってしまいました。

先生にしてみれば、一番お姉さんなのにかってな行動をして困るっていう
苦情のメールだったのでしょう。先生は手のかかる男の子で手いっぱいだったのでしょう。

大人は派手に手のかかる子に目が行きがちですが、
おとなしくてサインも出せずに困っている次女のような子もいるので
次女の行動へのお詫びだけでなくその辺の考慮をお願いするメールを返信しました。
なかなかその先生とお話できないので、今度迎えに行きつつ話しをしてみようと思います。

学童の先生の苦労もわかるから、先生の配慮のない班決めについては
文句を言うつもりはないけど、次女の思いだけは伝えておかないとね。
子供の起こす問題行動の裏には、大人に言えない思いがあるんだって改めて
親としても気がつきました。

私の体調不良、上の子たちのテスト前の緊張感(息子は緊張感なし)で
ついつい次女の事に目が行き届かない日々ですが、こんな事件?!があって
次女の思いに気づくことができて良かった。

次女はのんびりしているから、なんかいやだなぁとかもやもやするなぁって思っても
それがどうしてそうなるのか、言葉にすぐには出来ないことが多いです。
だから慎重に、もしかしてこんな思いなのかなぁって話すと涙がぽろぽろ出てきます。
思いや考えていることを言葉や伝えることって子供にとってはかなりハードルが高いですね。
でも必要なスキルだから、少しずつ身につけさせたい。

心配していた長女もできるようになったからね。
息子は・・・・・なぜかそういう主張はしっかりえできるだよね・・・・。

次女の思いを勝手に決めつけないよう、親としても慎重に見極めないとね。
母はついつい色眼鏡で我が子を見てしまいがちですから・・・・・
夫にそのメールを見せたら、やはり同じ感想でした。

こういう時、冷静に話してくれる夫がいてくれて良かったです。

それでも次女は学童が好き。
学童のお友達も次女の事をママに話していてくれるから
仲が悪いわけではなさそうです。

見守りつつ支援する。難しいですね。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

7時過ぎに家に着いたら中学生組は寝てました(゚△゚;ノ)ノ
夜遅くまで勉強している長女さん。
その長女さんに比べられてあまり勉強しているように見えない息子。

息子には息子の思いがあるでしょう。
息子も結果を残していないわけではないけど
何でも優等生の長女さんがいるから大変ですね。

そのくせ、発達に凹凸があるという理由で勉強面で
多めに見てもらっている次女にはさまれこれまた
違うストレスを抱えていますね。
次女に当たり散らすのはそのせいかもしれないなぁ。

まだまだ親として未熟ですな。


 次女のこと

0 Comments

Leave a comment