*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

ドラゼミ → チャレンジタッチへ

これは挿し木した多肉ちゃん。
無事に元気に育っている。

DSC02112多肉

なんだかハーブみたいに見える葉っぱ?!
多肉の寄せ植えの中では目立たなかったこの子も
場所を変えれば目立って見えたり生き生きと見える。

人間と一緒だね。ある場所で輝いて見えなくても
違う場所では輝いてみえる。
一つの場所に固執する必要はないね。

今まで続けてきたことに固執することはないね。

新しい事を始めるには小さな勇気が必要で
失敗してもいい。その一歩が違う自分を発見できるから。


8月号でドラゼミを辞めた次女さん。2年5カ月お世話になりました。
長女の時から8年5カ月お世話になったドラゼミを終えてしまうのはさみしかったけど
次女が初めて数カ月たったころから、次女は6年間続けるのは厳しいかもって
思っていました。4年生ぐらいまではやれるかなぁってね。

1学期、学校のドリルのやり直しでアップアップになる次女に、これ以上ドラゼミは
厳しいだろうなぁって判断してやめることにしました。一緒にやっていて、いい教材だと
思うのですが、発達に凹凸がある次女には、学校と違う文章、問題をこなすのは
かなり負担でしたが、それでもなんとか続けてきて、これ学校でやったってことは
一応解けていました。(算数ですが)

せっかくつけてきた家庭学習の習慣がなくなるのもなぁって・・・・
チャレンジタッチにしました。これがチャレンジではだめで、書くことに困難がある次女だからこそ
i-padのようなものが必要ではないかと思っています。

ドラゼミがほぼ終わってから、早速開始しました。
やり方はすぐに覚え、私がウトウトしてても自分でやり始めました。
やっぱり漢字で枠をはみ出してしまうけど・・・・そんなとき
「枠の中に書いてね」って言ってもらえてやり直し。

間違いはすぐに訂正してくれる。次女にはわかりやすかったです。
それに学校で習った教材がそのまま使われているのも次女にはわかりやすかったようです。

その子にあった学習環境ってあるんだと改めて思います。
最初は間違うことを嫌がっていましたが、今は自分で1人で取り組めることで
自信がついてきたようです。

おまけの教材、英語なども含めて30分で終了。
毎日やる時間を設定すると、お知らせしてくれるらしい。
次女は、最初に約束をはっきりさせると、その通りに繰り返すので

1日30分までやる
平日は5時半から、土日は10時から


そう決めてやり始めています。学校の勉強と並行してがんばろうね。
次女でもやりたくないときイライラしているとき、宿題のプリントでも字が
めちゃくちゃになります。

そういうときは、きちんと話します。
「出来ない事は手伝ってあげる.。でもできることをいいかげんにやるのは
だめです。」

発達に凹凸があっても、出来ない事を無理やりやらせるつもりはないけど
出来る事まで手伝うつもりはない。その辺をはっきりさせておかないと
何でも発達のせいにしかねないからね。

段々と知恵もついてきます。
周りとの違いも感じてきます。

難しい問題も出てくると思うけど、いろんな子がいてみんないい。

次女の国語の教材は金子みすずさんの詩です。
みんなちがってみんないい。

次女は次女であってそれでいい。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

日曜日の午前中は、マンションの消防点検でした。
息子の試合も午後からで、長女は友達と高校の文化祭
その前に家族で一斉に家じゅうを片付けてすっきり♪

全員いないとね。自分のものしか片付けない人たち。
これは自分のものではないとか言って片付けませんから。
5人でやれば早い早い♪

夕方、雨降り。きれいになったからと
次女はいつものメンバーを家に入れて遊んでいました。

母は昼寝出来なかった・・・・残念(苦笑)

さて、今週もぼちぼちがんばります。


 次女のこと

0 Comments

Leave a comment