*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

家での親のフォロー

次女が学校で育ててきたホウセンカを持ち帰りました。
仲良しのお友達の分まで水やりしていた次女のホウセンカ
立派に大きくなっていました。

P7120184.jpg

長女も生真面目にお世話していたけど・・・・
今では全く動植物に関心なしです。
息子は最初から関心なしです。朝顔なんて瀕死の状態で持ち帰りました。

次女が一番お世話上手です♪しかもお友達の分までお世話していたとな。


7月に入り、ドラゼミになかなか手をつけようとしなかった次女。
得意な算数でも漢数字で書かなくてはならなくて、気持ちが凹んでいました。
以前なら、励まして一緒にやらせようとしていましたが、今は次女の気持ちに
寄り添って、本人がやる気になった時にお手伝いしようって思っていました。

学校の漢字ドリルはすべて終え(覚えて書けるというのは違うけど)
計算ドリルも少しずつ進めてきました。
ここはまだいいかもって言う所も一緒にやりました。

そうしたら、今日の暑さで急に体育が算数になって、前日に一緒にやった所を
やることになったそうです。終わっている子は先を進めていいってことで
クラスで2人しか終わっていなかったんだよ♪
お母さんとやったから、全部◎だったし♪


もう一人の男の子は運動も勉強もなんでも出来るスポーツマン。
その子と自分だけしか終わらなかったというのが嬉しかったようです。

先に家でやっておいただけなんですけど・・・・・自尊心が傷ついてばかりだったから
ものすごく自信につながったようです。誉めるって大切なんだなぁと改めて実感。

なので、夕方、付き添うと一緒にドラゼミも始めました。

まずは算数から・・・・出来たら誉めて、間違っている所は一緒に考えて数ページ進みました。
国語は漢字だし…どうするかなぁって思ったらやり始めました。
算数の倍はかかってしまうけど、となえながら一緒に漢字を勉強しました。
辞書ではなくて、となえて覚える漢字の本がお気に入りで付箋まで張り出しました。

とりあえず寝る時間やお風呂の時間もあるので、○時△分までやろうねって決めて頑張りました。
2,3分オーバーでしたが、本人も満足そうです。
発達障害の子は予定がはっきりしないことは不安になるそうです。

だから、はっきりどこまで、何時までって最初に提示してあげるといいようです。

あと・・・・指示もはっきり具体的にした方がいいそうです。
兄弟には、それが通じなくて息子などイライラしてますけどね。

「次女!お手伝いしろ!」

次女動きません。その態度にイライラする息子。

息子に怒られて涙モードいじけモードになってしまいました。
昔はこんなことはなかったけど、今は怒られるってことがとても嫌みたいです。
息子にもお願いしました。もっと具体的に言ってあげないと次女にはわからないんだよって。

「お手伝いしろってはっきりいったじゃん」

そうなんだけどね・・・・・次女の場合は「ご飯をついで運んで」とか「お箸を並べて」とか・・・・
ここまで具体的に言ってあげないとわからないんだよね。

私もそう気が付くまで、息子と同じように言っていました。
上の子2人はそれで動けますけど、次女は動けないんですよね。

まだまだ親も試行錯誤しています。
でも自信を失くしつつある今、家でのフォロー、家族のフォローは大事だなぁと思います。

P7100180.jpg

そうそう玄関に次女用にスケジュールやわかってほしい事を貼るボードを用意。
それを見て次女は覚えていきます。

貼り忘れしないようにしないとね・・・・笑

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

朝、職場の前の温度計が8時で32度を超えていました。
暑すぎる・・・・・体がついていきません。

子供たちの夏休みまであと少し。
でも母は休みではありませんよ。

食事作りがきつい季節になってきました。
キッチン暑すぎます・・・・

がんばろう。

 次女のこと

0 Comments

Leave a comment