*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

やっと自由になれる~~って言われた(汗)

新しく仲間入り♪
壁にもハンキングができるフックを見つけました。

10年以上あきらめていた場所にお花が飾ることができて嬉しい。
あきらめちゃ駄目ね(笑)

母が好きな花ベコニア。
プロが作るハンキングはさすがです。

ベコニア

このお花の存在に気がついてくれるのは次女だけです。



さてさて・・・・・そんな次女の一言。

これでやっと自由になれる~~~

ドラゼミの添削問題を終了しての一言です。
自由って・・・・・・よほどつらいのね。

学年が上がり、なかなか厳しくなってきたドラゼミもなんとか終了しました。
上の子たちは3年生になる頃には、号令をかければ1人で取り組めるようになっていましたが
次女は今でも2人3脚で行います。添削問題は・・・・特に国語は調べながら取り組みます。
上2人の時は、「テストなんだからだめ」って見せた事はないんだけどね。

それでも作文も今回は1人で書いていました。恥ずかしいって見せてくれませんでした。
テーマは大きくなったら何になりたいです。
数週間後の返却を楽しみにしましょう。

それでも大変な事をやり終えたときの充実感?!解放感を知ることは大事ですね。
つらいからこその解放感です。学生であっても大人であっても大変な事を乗り越えた後の
自由というすっきり感は、忘れられません。
そんな思いがあるから、次も頑張れるかなぁって思っています。

3年生・・・・長女の時もそうだったけど、遊び相手を探すのに苦労しているようです。

公園で近所の子を発見!でも行ったらいなくて、結局近所の小さい子と遊んだり
男の子と遊んでいたようです。

息子の時は気にならなかったけど、娘の時はちゃんとお友達できているのかなぁとか
心配になってしまいます。女子も3年生ぐらいからグループを作りだすからね。
幼い次女は、なかなかそういう所には所属しないでしょう。

思い出せば長女もそうで、心配していました。
小学校時代、周りに気を使って言いたいことも言えないで我慢していたと、今ごろ教えてくれました。
中学3年間で言えるようになってきたそうです。ゆっくりゆっくりだけど娘たちの成長は嬉しい。
成長が早い方だと思っていた長女でさえそうなんだから、もっとゆっくりの次女の成長は
さらに先ですね。

思い出せば・・・・4年生ぐらいまで、男の子の中に女子一人で遊んでいたんだわ。
その当時は結構心配したんだった。いつも男の子とサッカーをやっていたおかげで
体育の先生に「テニスじゃなくてサッカーをやりなさい」って言われたそう(爆)

心配していた数年前も無駄ではなかったね。

親っていつでも心配しているもんですね。
特に娘というのは、自分の分身のような気になってしまうんですよね。

今日、ちょっと小耳にはさんだ事が、ちょっと嫌なことで・・・・凹みます。
母たちの噂話は、いい方にはいかないんだなぁと改めて思いました。

ついついしゃべって発散しておしまいって感じの私だけど・・・・そういう人も周りにいるけど
そうじゃない人もいるらしく・・・・・間違った正義感で事は悪い方向に行きそうで怖いです。

私が考える事は、きっと人とは違うことも多くて、共感してもらえないこともあるのかもって
今頃思いました。ま・・・・・この話はまたいつか書きます。
事がいい方向にいきますように。

それにしても・・・・・我が子を思うばかりに我が子が苦しい状況になっていることに気づいてほしい・・・・
私も気をつけないといけないなぁと思いました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

子を思う親の気持ちはわかるつもり。
子供が苦しんでいるとき、自分もかなり苦しい。
子供が喜んでいるとき、自分も嬉しい。

でもその感情は子供のもの。

子供を思って心配しているつもりでも
気がつけば自分の自尊心を満たすためだけになっている場合も・・・・。

難しいですね。

感情がカーッとなったとき、一歩引いてみる。

親は立って木の上から見る  それぐらいでちょうどいい。



 次女のこと

0 Comments

Leave a comment