*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

人を頼ってみたら?!

本日は・・・・ブロッコリーとシメジとベーコンのサラダ。
お気に入りでよく作る子供たちにも大人気のタコライスです。
レタスが少なかったから違う野菜も入れてしまいました。
野菜大好きな私です♪

DSC01467.jpg

育ち盛りの子供たちはもっと揚げ物とか食べたいんでしょうけどね。
もう私はそういうものは・・・・あまり食べたくないのです。
メニューはいつも私が決めちゃいます(汗)


さてさて・・・・・本日は長女の話です。
第1子らしく生真面目な長女さん。人に頼るのは苦手なようです。
私もそういう子供時代だったから・・・・わかる気がしますけどね。

前日、学校からの帰りが遅く、その理由が班活動で国語の課題を誰もやらずに部活に
行ってしまったから、一人残って仕上げてきたとのことでした。
そして本日、国語の先生に突き返され急いで訂正。しかも発表まであって失敗して
かなり落ち込んでいたようです。

きっと班の子は何も言わなかっただろうしね。でも自分ひとりでやって失敗してって
相当落ち込んできたようです。

母はひとしきり話を聞いた後、
ん~~~~もう少し班の人を信頼して頼ってみたら良かったかもね。
きっとみんな忙しいし、お願いするよりも自分がやってしまった方が早いって
思ったんだろうけどね。

図星だったようですが、だってやってくれないんだもんってすねていました。

班長さんは命令するだけではなくて、信頼して任せてあげる。
そうすればきっとみんなもそれぞれが頑張ってくれるっていうのは理想なのかなぁ。

職場でも若い人を育てるのが下手だなぁと思うのです。
まぁ・・・・私たちが若い頃と感覚も違うのでしょうけどね。
任せつつ失敗もフォローする。そういう上司が理想だと私は思っているんだけどね。

言うのは簡単だろうけど・・・・口出さずに信頼して任せるっていうのは育児でも難しいものね。

担任の先生も家庭訪問の時におっしゃっていました。
なんでもしっかりやってくれて、助けてもらっています。
ただ・・・・もし失敗したときに自分を責めてしまったり、周りから責められてしまうことが
心配です。


とりあえず、周りからは責められていないぐらい本人が落ち込んでいたようですが・・・・
先生もよく長女の事をわかっていてくれているんだなぁと思った出来事でした。
失敗も経験。前を向いて頑張ってね~~

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

明日は試験がたくさんだそうで、勉強しています。
そこらへんも信頼して口出していませんが・・・・・・そうそう模試の結果がウェブで公開。

本人が失敗したという国語はそこまで悪くなく、駄目だったという社会はやっぱり駄目で
まずいのは英語・・・・・。自学自習では厳しいのかなぁ。

得意の数学は、後半はすべてできているのに前半の計算でミスしておりました。
簡単な問題は落とさないでね~~~。

前回よりも合計点数は落ちているんだけど、偏差値は上がるという状況でした。
母集団も違うけど、今回は難しかったのかなぁ。

実際の答案が帰ってきたら復習してね♪
次の模試は7月。テニスの試合は入れないで、しっかり受けてね♪

学区のトップ校を志望校に書いてみたら・・・・あははの結果でした。
志望校、併願校は変わらず安定の結果です。

ウェブですぐに結果が分かるのはいいけど・・・・やっぱり返却されてから
じっくり見たいと思う昭和な母でした。


 長女のこと

4 Comments

郁の母  

長文になっても申し訳ありません

こんにちは(*^。^*)

長女さん、頑張られましたね。お疲れ様でした。
わたしも、長女ちゃんみたいなところがあって、周りに説明してやってもらうより、自分でやった方が早い・・・と思って、仕事を抱えてしまうことがよくあります。あとで、大変な目に合うのが自分ということもわかっているのですが・・・^^;。

仕事柄、ちょっと大きい学生さんたちと接する機会があるのですが、最近の学生さんたちは本当にグループワークが下手だなあ・・・と感じています。
グループワークを成功させるためには、まず、メンバーがそれぞれ課題に対する準備をした上で、自分の考えや意見を持つことが必要。そしてワークの中で、それぞれが意見を言うこと。それもただ、意見を言い合うだけではなく、メンバーそれぞれが、他のメンバーの意見を踏まえ、さらに発展的に考えて発言していくことが必要だと思うのですが、メンバーがひと通り発言したら、そこでストップして、ただ意見を並べただけで終わるとか、課題をいくつかに分担して、それぞれ担当を決めてやって、最後にただそれをつなぎ合わせるだけ・・・とか、そして、長女ちゃんのように、責任感の強いメンバーだけがややらざるを得ない状況になってしまうケースとか・・・。こちらの意図は伝わらず、なかなか1+1=3↑のグループワークにはなりません。1+1=0.8とかになってしまうワークも・・・。
班活動(グループワーク)成功のカギは、班長さんのリードの仕方もありますが、それ以上に他のメンバーが、いかに意識的にメンバーシップを発揮してくれるか・・・のような気がします。
もちろん、メンバーシップを引き出すためのリーダーの役割もあるのですが、中学生にはまだまだ難しい。意識もレベルも様々な子どもたちがいるので・・・。だから、指導されている先生のかかわり方も重要だと感じます。

責任を感じて落ち込んじゃった長女ちゃんへ。
大丈夫だよ。あなたはしっかり責任を果たしているよ。失敗はあなた1人の責任じゃないんだよ。だって、課題はグループワークだったのだから・・・。
でも、次は、課題をやる前に、メンバー同士で、忙しい中、どうやったらみんなでできるのか考えてみることができるといいね。上手くいきそうにないときは、グループメンバーの巻き込み方を早めに先生に相談してみるのも、一つの手かも・・・。
中学3年生は中学校では最上級生がけど、まだまだ学びの途中にいるのだから、一人で抱え込まず、時にはhelpを求めてもいいんだよ。
・・・遠くのおばちゃんは、そんなふうに感じました。遠くからですが、応援していますよ~(^_^)v

でんでんさんへ
今さらですが、このブログをリンクさせていただいていいですか?

2015/05/21 (Thu) 12:45 | REPLY |   

こはる  

ここにも一人

長女ちゃん!
しっかり前に向かって歩いているかな....。
私もね、同じ経験が何重にも重なって
「絶対『長』はならない,,,,」って思いこんじゃった一人です。
郁の母さんも話されているように
「周りに説明してやってもらうより、自分でやった方が早い」っていう気持ちも
あるけれども、相手が「忙しそうだから...」とか「頼んだら大変かな....」
なんていう変な気遣いをしていたんだと思います。
結果、一人でしょい込んで、うまくいかなかったり失敗したり。
「いってくれればよかったのに....」
「会長が一人で進めていたから.....」
なんて、後になって言葉をもらったり...。
頼ったり信頼したり、堂々と仕事をまわしたり...が
できませんでした。
でも、今になってちょっと成長しましたよ(笑)
『長』を受けてみました。
今回は、どんと構えて、信頼して『副』『パートリーダー』をたてて
みんなで声をかけあいました。私は、雰囲気づくりに徹して(笑)
長女ちゃんの声、きっと届くはずです。
落ち込んでいる長女ちゃんの背中を見ているはずです。
きっと、お友だちの気持ちの中に....感じるものが。
長女ちゃんは、やれることを頑張りました。
そして、次の課題が見つかった....そう思うと経験値UPですよ。

ちはやも『長』になるのですが、なにせちょいとたよりない風情(笑)
「困ったときは、よろしくね。」
「ここ苦手だから、頼んでいい?」
と、声をかけているようです。

長女ちゃんに『一緒にやろう!』オーラが出てきたら
よりパワーUPですもの。
まとめる力はいっぱい詰まっているもの。
こつこつがんばる姿も!!!!元気出していこう♪

長女ちゃん!あなたのお母さんはいつも言ってるよ。
失敗は成功のもと.....ってね♪♪

2015/05/21 (Thu) 21:07 | EDIT | REPLY |   

でんでん  

大人でも難しいですよね

★郁の母さんへ★

お仕事の貴重なお話をありがとうございました。
今の教育の主流は、グループワークみたいですね。でも教師自身もそういう経験を
しないで教壇に立っているわけで、なかなかうまく子供たちを導けないかもしれませんね。
それに・・・・家庭環境も成長度合いも全く異なる学校で、みんなで同じ方向に
むいて頑張るというのは難しいのかもしれません。
掃除一つとってもやらないでサボる子たちがいて、まじめな責任感のある子だけが
いつもやるはめになるようです。長女の一番仲良しさんは、一人で掃除したようです。
お互いに愚痴を言い合える友達ができてよかったと思いますけどね。

その授業であまりの落ち込みように、友達が励ましてくれたようです。
そうそう課は違えど、同じ志望校のクラスメイトを見つけ、今は結構仲良くしてもらっています。
あ・・・・男子でしたけどね(苦笑)

毎日、授業の事や修学旅行の班や係り決めのことで、ため息ついています。
先日は、バスの席順で悩み、今度は電車の中の席順だそうですよ・・・・。
自分が中学生の時は、すぐに決まった気もしたんだけど・・・・違ったかなぁ。
私は前に立つタイプではなく後ろから縁の下の力持ちで動くタイプだったから
長女の悩みは共有できないんですが、ただ・・・・人に頼るのは苦手でした。
今でもあまり得意ではないんですが・・・・少しずつ仕事も分担できるように
なってきました。
だから長女には厳しい事を言っちゃったかなぁと思います。
でも何でも自分のせいと追い込む所もあるので、見方を変えてほしいなぁと思いました。

長女は友達に話して、私に話して落ち着いて前を向いています。
ご心配ありがとうございました。日々、違う悩みを抱えて帰ってきますが
それもまた経験だからって思っています。
今の経験が将来いろんなところで役立つような気がしています。
人と協力しながら仕事をすることは大事ですからね。できない人多いですし・・・。
面倒くさいことも、やっぱり一人でやるよりはみんなでやった方が面白い。
そんな風に気がついてほしい。長女も周りの子もね。

最後になりました。リンクの件、ぜひぜひよろしくお願いします♪

2015/05/21 (Thu) 23:06 | EDIT | REPLY |   

でんでん  

こはるさんも!!!

★こはるさんへ★

お仕事もPTAもお疲れな日々でしたね。
そういえば・・・・こはるさんは、「長」でしたね。きっときっと私には想像もつかない苦労もあるでしょうね。

長女は、上に立つのは嫌だったのですが、やはり先生たちも望んでいたように
長のつく立場になってしまいました。なったからには手は抜けない(←ここ似てる)
そんな性格なので、緊張しながらもいつもいつもクラスの事を考えています。
まぁ・・・・それまでも役がなくても考えていたんですけどね。

まだまだ人の上に立つことになれていない長女(中1まで避けてきたのでね)
ずっと長をやってきた子たちの苦労を知ることができて良かったなぁと思います。
昔はすぐに後ろ向きだった長女もこの頃は、だいぶ前向きになってきました。
本当にまだまだ失敗はあるだろうけど、無駄な経験はないから
乗り越えて言ってほしいなぁと思います。

いつもいつも応援ありがとうございます。

2015/05/21 (Thu) 23:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment