*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

小さな壁を乗り越える経験

家の中でお気に入りの場所がある。
ふっとしたときにその場所を眺めて癒されます。


DSC01404.jpg

小さな頃からマイペースで、公園でもお友達がいてもそっちのけで
ダンゴ虫や蟻の観察にはしってしまっていた次女。
少しずつ成長中です。

仲良しのご近所のお友達もできて、その子の都合が良ければ妹たちも含め
いつも5人で遊んでいました。5人のうち一人でもいないと遊んじゃいけないって
勝手に思っていた次女。でもね・・・・次女が習い事や学童の日でもお友達は
遊んでいるんだから、誰かいなくても遊んでいいんだよってことが、最近わかった様子。

それでも3年生になって、本人なりにいろいろと考えていたようです。→

家庭訪問週で小学生が早い。学童がお休みの日・・・・
いつも遊ぶお友達は遊べたらピンポン押すって言われて、結局家でポツンとしていた次女。
お友達は習い事の日、宿題が終わらないと遊べない。
この所、いつも一人でいた曜日。

公園に行ってごらん。お友達がいるかもしれないよ

ん~~○○ちゃんたちがいるかもしれない。でも持物とかわからないし・・・・
Bちゃんが遊べたら、ピンポン押すって言っていたし・・・・。


3年生・・・・まだまだ新しいクラスでのお友達と遊ぶと言うよりは、昨年までのクラスの子と
遊ぶことが多い。そうなるといつも遊んでいるご近所の2人しか遊べない。
天気もいいし、外遊びも大好きな次女。せっかくたくさん遊べるのに・・・・・

ベランダから公園の様子を見ている次女。

1人で公園に行っちゃいけないって先生のルールも頭に入っている次女。

少ししてやっぱり公園に行ってみるそう言って出かけました。
家から見える公園。たくさんの小学生が遊んでいます。
約束していないけど、一緒に遊んでもらえるかなぁ・・・・背中を押して送り出したものの
ちょっと心配でベランダでお花の世話をしながら何度となく公園を確認する私。

最初は、お友達の周りを走ってみたり、そばに寄ってみたり・・・・
少ししてみんなと遊んでいる様子を確認して安心しました。

いつものお友達2人と妹2人も4時を過ぎてマンションの公園で遊んでいました。
次女はお隣のご近所の公園です。
学校での様子はわからないけど、少し勇気を出して新しい世界に飛び込んだ次女でした。

5時に家に帰ってきて、汗だくで笑顔の次女がいました。
ちゃんと入れてって言えたよ。遊んだのは去年同じクラスの子だったみたいだけど
勇気を出して言えたんだね。

ダンゴ虫に気を取られて、一人で遊んでしまった次女はそこにはいなくて(たまにあるけど)
ちょっと自信をつけた次女がそこにいました。
でも次の日は、やっぱりいつものメンバーで遊んでいましたけどね。

少しずつ少しずつ子供の世界は広がります。上の子たちの時も同じように心配したことを
ふっと思いだしました。同じように心配して、でも末っ子なので親も冷静になれました。
長女のときは、もっともっと強く背中を押してしまった気もします。

親が一緒に遊んでねって言う年代はとっくにすぎて、自分の力でお友達を作る時期に
入っているんだと改めて思います。小さな壁を自分の意思で乗り越える経験は大事で
たった一言のことが言えたことが、自信につながるんだと次女を見ていて思います。

3人目の育児は、少し手を抜きすぎだけど、それでも少し離れた目線で見ることが
できます。程よく手を抜いて、肩の力を抜いて見守りたいです。

子供の成長ってまぶしいなぁって思います。3人いてわかることがたくさんです。
いつもいつもありがとう。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

書きたい思いはたくさんで、まとめて更新しました。
GWにできなかったガーデニングもしました。
少しずつ増えてる?!

やっぱり一番の好きなことは花いじりです。

パンジービオラの寄せ植えがそろそろ終わりなので
一つだけペチュニアの寄せ植えにきりかえました。
やっぱり、プロの方のようにはできないなぁ。

伸び伸び多肉の寄せ植え

久しぶりにペチュニアを楽しみます。
お世話をしていたら次女登場♪

アイビー

 次女のこと

0 Comments

Leave a comment