*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

友人関係の変化

3年生になった次女さん。どの子も乗り越えていくことだけど・・・・(長女もそんな時期あった)
友人関係に変化の兆しです。いい意味でも悪い意味でもね。

我が子たちは、母に似ていろんなタイプの子と友達になれます。
長女もずっとそうで、誰とでも仲良くなり、おとなしい子とでも元気な子とでも
一緒にいて楽しめます。もちろん、自分らしくいられる友人って言うのはいるんだろうけど
あの子は嫌だから、誘わないってことは一度もなくて・・・・

でも友達は、そういうことを言う子多くて、
私はどっちとも遊んでいいんだけど、
友達Aさんと遊ぶ時は、友達Bさんは誘えなくてって面倒くさいから
自分からは誘わないの。


小学生時代、よく長女から聞いた言葉です。
みんなで遊んだらいいじゃんって言うのは、大人の考えで子供たちの中では
いろいろとあったようです。
誘ってもらえたから、いいようなもので、自分からは決して誘わない子でした。
まぁ・・・・誘って断られるのが嫌だったのもあるんだと思うんですけどね。

だから、3年生ぐらいから始まる女子のグループは、ずっと苦手でした。
今でこそいつも一緒にいる子が大体決まってきた長女ですが、
中学に入ってもいろんな所にいる子でした。
グループを作って他の子を入れないって言う雰囲気が耐えられないようです。

あっ私も大人になってもそんな感じかな。
もちろん親しい人いますよ。

さて・・・・・次女も成長したなって思います。
新しいクラスになって、今まで一番仲良しだった近所のCちゃんと
クラスが離れ離れになりました。もう一人近所のDちゃんは一緒ですが、
休み時間はDちゃんはCちゃんのクラスに行ってしまうようです。
で・・・・1人ぶらぶらしているそうです。

そういえば・・・・小学校入学時もそんな風で、息子の所で遊んだり先生と遊んでいたりしたなぁ。
今年の先生は男の先生だからそうはいかないだろうけど(笑)
末っ子だからか、じっくり人間観察する所もあって、今試行錯誤しているのかもしれません。

放課後の様子も変わってきました。週に3日は学童。以前は早めに学童を終えて帰ってきて
近所の公園にいるCちゃん、Dちゃんとともに遊んでいましたが最近は、2人は公園ではなく
児童館に行ってしまうため、早めに帰ってきても遊びに行けないようです。
家で1人で遊んでいることが増えてきました。

友達はCちゃんやDちゃんだけではないけど、誰でも遊べるんだけど・・・・女子特有のグループには
入れてって言えない次女さん。そんなことが続いていて聞いてみました。

学童に長くいた方が学童のお友達と遊べるかな?

そうしたら、学童で遊びたいと言い出しました。
それまでは、早く帰ってCちゃんDちゃんと遊びたいってずっと言っていたのにね。
実は、学童でも早く帰ってしまうため学童の女子のグループにも入れていないので
気にはなっていたんです。次女を学童に入れるときに一番気にしていたことは、
学童を中途半端に利用するあと学童でも居場所がなくなり、放課後も居場所がなくなるってこと。
昨年までは、放課後の居場所はあったんだけどね。

平日の習い事をやめたんだけど、放課後がつまらないようでした。
むむむ~~~新しい人間関係を築く試練の時だね。
6時間の授業が週に2日。その日に学童をお休みしても遊べないんだろうね。

高学年になる頃、友達の誘い方もうまくなり、中学年で心配していたのがうそのように
放課後はランドセル放り投げて遊びに行っていた上の子たちも中学年では
ぼーーーっと家で1人でいることもあったなぁと思いだしました。

長女も一番の仲良しさんとクラスを離れてもずっと遊んでいたけど、4年生ぐらいからは
クラスの子と遊ぶようになりました。次女もそんな時期に入ったのだと思います。
さみしそうな次女をみるのは、切ないけど、成長のチャンス。
ふんばるのだよ!次女ちゃん。

こんな風に思えるのは長女の時の経験があったからです。
息子の時は覚えていないけど(汗)思い出せばそんな時期あったかも。
男子と女子は違うけど、ギャングエイジの世代。仲間と徒党を組みながら
自分らしくいられる友達関係を築く大事な時期に入ったんだなぁと思います。

末っ子は、なんでも最後。ギャングエイジも最後。
楽しまないとね。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

さてて中学3年生の長女は、一ヶ月後には修学旅行。
団体旅行ではなく民拍なため、班構成が重要です。
実行委員でもある長女は班決め、班長決めに苦悩していました。
班長は誰でもいいというわけではない。
班も好きな人同士だとあぶれる人が出てくるから嫌だ。
くじ引きも誰となるかわからないから嫌だって言われて悩んでました。

長女はおとなしい子と同じ班でいいと思っていたのに
そういう子と何を話していいかわからないって文句言う子がいるらしい。

でも結局うまく思ったようにバランスよく決まったよ~~嬉しそうに報告。
全国学力調査よりもそっちが重要で悩んでいた長女でした。

中学最後の旅行、楽しめるといいね♪

友人関係とはいつの時代も悩みの種。
でも悩んだ分得ることも多いと母は思います。

 次女のこと

2 Comments

なんちゃって  

No title

次女ちゃんは、やさしい子なので。きっと、そのうちに、居心地のいい場所ができると思うけど。始めは心配ですね。3~4年生。たくさんで遊ぶのが楽しい年頃でもあるので。いろんな機会があるといいですネ♪

長女ちゃんも、班決め、お疲れ様でした♪ 娘の学校は、学級委員と班長はアンケート取って、先生が決めます。で、班長会という会議で、班員を決めるそうで。なかなか、飛び交う話題がシビアだと言ってました。娘のクラスは、すんなり決まったそうですが。モメて、何日かかかったクラスもあったようです。修学旅行の班でもあるから、みんな必死だしね。上手くまとまって、良かったですネ♪ ホント。楽しめるといいネ♪

2015/04/23 (Thu) 23:29 | REPLY |   

でんでん  

きっと大丈夫

★なんちゃってさんへ★

この所、バタバタしててお返事遅くなりました。
次女・・・・マイペースな部分もあるんです。入学した当初も結構心配しました。
でもきっときっと大丈夫だろうなぁって思っています。
次女は誰ってあまり固執しないタイプです。もちろん遊びたい子はいるんだろうけどね。
昨年までは、仲良しさんがすぐにそばにいて、困らなかったんだろうけど
また新しい人間関係を築く時ですね。思い返せば長女の時も同じようにずっと心配して
いたことを思い出しました。今は、そんな長女のままで友達とも楽しくやれているので
良かったなぁと思います。
本人がSOSを出すまで見守って行こうと思っています。

そうそう修学旅行の班、無事に決まって良かったです。昔は学校で宿に泊ってって感じで
班行動は少なかったけど、長女たちは、民拍と言って、班ごとで2泊3日過ごすので
そりゃ~~班決めは一大事なんでしょうね。
まずは、クラス委員が班長を選出。そこで班長会議して決めたようです。
穏やかなクラスでも少なからずとももめると言うことは・・・・他のクラスは
もっと大変だろうなぁって言っていました。
そうですか・・・・飛び交う話題がシビアなんですね~~。
中3の大きな行事。本当に楽しんで帰って来てくれることを望みます。

2015/04/25 (Sat) 11:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment