*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

1週間長かった。送別会がありました。

DSC00728.jpg

職場近くの梅が満開。出勤前に撮影してきました♪

DSC00731コピー

仕事に追われた1週間でした。金曜日は、契約職員の送別会でした。
若い2人、定年を過ぎても働いていた方2人の送別会でした。涙涙の送別会でした。

1週間ずっと事務作業。年度末は大変です。目が悪いのでPCの仕事は若い人に任せて
手書きの書類担当。あまりにも量が多くてミスしないかヒヤヒヤです。
入院した同僚の分も私だけでなく同じ課のお姉さま方が手伝ってくれてなんとか終了しました。

今の職場で恵まれているのは、この契約社員たちの結束力とフォロー。
1年契約の私たちは目の前の仕事を必死にこなすしかありません。正社員の横暴に耐える課もあり
そのたびに慰めあい、上司に集団でかけあえることはかけあっています。
長く務めている方も多く、30年、20年以上この契約の立場でも働き続けられる職場でした。
下手すると正社員よりも平均年齢は高いです。

さて・・・・政府が持ち出した契約社員は5年経ったら正社員にしなければいけない。
その法律で実は、困っているのは私たちなのです。この職場で契約社員として働く人の多くは
短時間で専門のスキルを生かして働きたいと言う人ばかりです。短時間で正社員よりは待遇は
悪いのだけど、それでも家庭の事情でこの働き方で満足している人が多いのです。
(若い人は違いますけどね・・・・)
なので、その法律が成立してから、トップから後3年って言われているのも事実です。

同じ内容の職場で、1年間だけ契約社員を交換するなんて案も出ていますが、職場によって
待遇が違うので難しい問題です。今年の送別会ではその話も出てきました。

50代後半の人たちは、もう3年で辞めてもいいけど、若い人たちはまだまだ働かなくては
いけないからそのために今、いろいろと掛け合っています。
年配の同僚たちの心強い言葉です。
私たち40代30代の契約社員は・・・・心配してもなるようにしかならない。
とりあえず目の前の仕事で手いっぱいで、それをこなすしかないよねって話していました。

労働者としての権利をもっともっと大事にしないといけないなぁと先輩方の話を聞いて思いました。
今の契約社員たちの待遇も昔からいる契約社員たちが戦って勝ちとってくれたことです。
契約社員と正社員の仕事の内容がかさなりつつあり、境界が微妙になってきています。
若い人はその境界がわからないからね。

辞める若い人は、別の職場で正社員に♪おめでとう♪
その方たちの言葉・・・・

この契約社員の人たちは、みんな見本となるような人ばかりでここに来ると
本当にホッとすることができました。私自身も若い人にそう思ってもらえるようになりたいです。
初心を忘れずにこれからもがんばります。

私もね・・・・そう思います。正社員の方が余裕がないので、契約社員のベテランさんたちが
若い人をフォローしています。そして叱りつけるのではなく育てようとしている姿を見ました。
本当にこんな風に年齢を重ねたいと思うような人生の先輩に囲まれて仕事ができることは
幸せです。今年度の仕事もあと少し。少しお休みして来年度にそなえて準備します。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

毎年、楽しみであり涙ばかりの送別会。
夫が仕事を調整してくれてありがとう。
仕事ばかりでお弁当が冷凍食品ばかりだと長女に言われ
金曜日の朝は頑張って用意していたら
「今日は卒業式だからお弁当いらない」だって・・・ガクッ
仕事も落ち着くので頑張ります。

そろそろお家の模様替えもスタートです。




 独り言

0 Comments

Leave a comment