*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

あの日から・・・・

あの日から4年が経ちました。あの日と同じように仕事をしていて、職場で黙とうをしました。
4年前のこと、次女は覚えていないそうです。次女は4歳になったばかりでした。
あの日は帰ることができず、職場で炊き出しをしていました。

夫がたまたま早帰りの日で子どもたちのことはお願いできました。
夫と連絡が取れたのは5時過ぎてから・・・・・。
寒かったことを思い出します。
夜中に同僚の家に泊めてもらい、そこで見た映像は今でも忘れることはありません。

もう4年、まだ4年・・・・思いはみんな違うけど、必死に前を向いて生きている被災地の方に
逆に元気をもらってしまう。非力な自分がいつも情けない。
できることは人生を必死に生きること。それだけです。

悲しみは消えることはない。でも前を向いて生きていこうと思うという
被災者で家族を亡くした少女の言葉に涙してしまう。

亡くなった方のご冥福を祈ります。
与えられている命を大事に恥じないように生きていきます。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

毎日朝を迎えることが当たり前ではない。
毎日が特別で、今は今しかない。
どんなことがあってもやっぱり前を向いて生きていきたいと思う。

あの日を思うと、日常のちっぽけなイライラもどうでもよくなります。
子どもたちが元気でいてくれることが幸せなんだと思います。


DSC00718.jpg

 未分類

2 Comments

にゃごまま  

3.11

新聞を読んでは涙、テレビを見ては涙の昨日今日。

小学生組に黙祷の意味を聞かれました。
「大災害を忘れないで、一生懸命生きます」と天に向かって気持ちを届けるんだよ、と。

『毎日が特別で、今は今しかない。』

その通りですね。
毎日を大切に生きようと思いました。
素敵な言葉を教えてくれてありがとうございます。

2015/03/12 (Thu) 19:31 | REPLY |   

でんでん  

コメントありがとうございます

★にゃごままさんへ★

この所、じっくりテレビを見ていないのだけど、ふと目に入ったニュースに
新聞の記事に私も涙が出ました。戦後70年、震災から4年・・・・
いろんな人の言葉が胸にしみます。そのたびに今日が当たり前の日ではないんだと
思うのです。そう思いつつも、日々の忙しさに流されてしまっているんですけどね。
昨日はお弁当の中身で長女に苦言をさされました。
確かに・・・今は仕事で手いっぱいでね。反省。これから頑張ろうと思います。

次女に黙祷の意味を聞かれたら、にゃごままさんの言葉をお借りして答えますね。
天に向かって気持ちを届けるって素敵な言葉です。
こちらこそ、ありがとうございます。今日も頑張れます♪

2015/03/13 (Fri) 05:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment