*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

次女なりの計画実行中

相変わらずスポーツ三昧の週末の我が家です。ちなみに・・・・私を除く(苦笑)
早朝より息子と夫は招待杯に出かけていきました。
2日続けての招待杯です。第1試合は、トレセン組は、練習に参加してしまうため
残りのメンバーで戦わないといけません。全員トレセンに行ってしまうと、人数が足りないので
希望を取って、息子を含む3人が招待杯に最初から参加しました。

本日も息子は外しまくったそうですが・・・・左足の難しいシュートも決めたようです。
私は、来週が当番なので、この招待杯は、行かずに次女にお付き合いします。
得失点差で、無事に上位パートに残ったようです。最初から参加した11人で頑張ったようです。
明日もぜひ頑張れ!カメラを夫にたくしました。

さて・・・・長女は自主錬で1人でサーブ練習。夕方の練習でも強くなってきた男の子たち相手に
頑張ったようです。明日は、落ち込んでいるお友達と遊ぶらしく、午前中にZ会を進めるそうです。
来年は、今のペースでのz会では、いけない事も自覚中です。
携帯の明細が来て、一番メールをしていることがばれて反省しておりました(苦笑)

さてさて、本日の話題の中心は、成長中の次女さん。
この所、ドラゼミも自分で取り組んでいます。先月は、学校でまだ習っていない掛け算で苦戦して
いましたが、今月は習い始めたので、少し順調なようです。
でもまだまだ悩み中ですけど・・自分で数珠そろばんを使ってみたり、国語辞典やことわざ辞典を
調べるようになりました。

次女の理解はゆっくりですが、地道に努力すること、自分で調べてみることが
きっと先々の力になると思って励ましています。
辞書ひき学習は、3年生からですが、我が家は1年生から引けるような辞書を用意しています。
3年生になる頃には、語句が少ないので、もう1冊小学国語辞典がありますけどね。
一応漢和辞典もあります。

小さな頃から辞書を引く習慣をつけていれば、調べることに抵抗のない子になるかなぁと
思っています。自分でわかったときの嬉しさは、自分でやらないとわからないですものね。
私がそういう子だったので・・・・まぁ、同じとはいかないかもしれませんけどね。

なぜ、こんなに次女が計画的にドラゼミを進めているかと言えば、目が悪いと言われて
ずっとやっていなかったゲーム「どうぶつの森」の月ごとに行われるイベントに
参加したいからのようです。
毎日長時間やらせる訳にはいかないですが、自分で決めて頑張っているので、その日までに
ドラゼミをすべて終わらせて添削テストも終われば、やらせてあげることにしました。

私が出した条件ではなく、自分で決めた計画なので、それを尊重することにしました。
そして、そう決めた日から日々の隙間時間に自分なりにドラゼミを進めています。
幼い早生まれの次女にはドラゼミはきついかなぁとも思っていますが
良い教材なので、もう少し頑張ってもらおうと思っています。

こんな風に言われなくても自分で計画を立てられるようになったんだなぁと末っ子の成長は
しみじみしちゃいます。もちろん、上2人も勝手に自分で計画を立てているので、
お任せしています。いちいち報告しなくてもいいけど、計画を話してくれたときには
そうなんだ~~~頑張ってって言葉かけています。

こうして、子供たちはどんどん私の手から離れていきます。
やっぱりそろそろ健康のためにも一歩何か踏み出さないとなぁと焦る私です。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

土曜日は、次女は久しぶりにテニスでした。
先週は学校行事、先々週は雨で中止。
なので今月初めてのテニスでした。

器用ではないので、できていたことも忘れちゃってる
明日もテニスの振り替えです。
いろんなこと、頑張れ~~~!

そうそう、気がつけば近所の人、スポーツクラブの人にも
きちんと挨拶ができるようになっていた次女。
我が家では、挨拶は何事においても大事だと言っていました。
いつの間にかキチンと言えるようになっていて感動(末っ子に甘い?!)
長女のコーチにお世話になったらちゃんと「ありがとうございました」って
言っていました。えらいなぁって末っ子のときは思っちゃうあたり
やはり甘いですね もちろん上2人もきちんと敬語で話しています

DSC09729.jpg
ポトスの葉っぱのように、ぐんぐん伸びていきますように♪



 次女のこと

2 Comments

にゃごまま  

No title

こんばんは(*'-'*)
次女ちゃん、未習の範囲も自分で頑張れてすごいですね!
辞書も慣れると苦じゃなくなるし、我が子達もできれば早いうちに身に付けてもらいたい習慣です。
自分から勉強→ゲームの申請したのも、ますますスゴイ!
テニスのコーチにもご挨拶きちんとできているようだし、末っ子の甘えんぼさんではなく、しっかりしてるように見えますよ~(^-^*)

以前でんでんさんのお話に、
子供によって違いはあれど、その子なりのスピードで成長していくんだ、とあって、本当にそうだな~ととっても共感しました。

我が家の次女は3年生。
2か月早産でしたので、体の心配はたくさん。
みんなより小さいから、ついつい世話を焼いちゃってましたが、
ここにきて背もぐんと伸び始め、お友達もずいぶん増えてきました。
やんちゃ弟のお目付け役として、強さ?も身についてきたし、そろそろ「早産だったから・・・」という心配も卒業かな、と思っています(*゚ー^)

でんでんさんのおうちは、長女ちゃん、長男くんが自分でしっかり計画するお手本作ってくれているから、次女ちゃんも安心ですね。
少しずつ親の手を離れ、自分で歩いていく姿を見るのは、寂しいようでもありますが、子育ての中で一番嬉しいときなのかもしれませんね。
自分自身の楽しみも見つけたら、楽しみ数倍になりそう?!

2014/11/16 (Sun) 20:10 | REPLY |   

でんでん  

こんばんは。

★にゃごままさんへ★

コメントありがとうございます♪いろいろと上と同じだと思っているので
難しい部分もありますが、次女には教えられてばかりです。
家では、ものすごい甘えん坊な次女ですが、外では頑張っているようです。
息子もそうでした・・・・家での失態?!エピソードを話すと驚かれました。

辞書引き学習は、いいですよね~~そういう私も親からそんな風に育てられ、2歳上の兄が
引いていない語句を引くと嬉しかったものです(笑)
次女の挨拶もお礼もいつの間にかできるようになっていて、嬉しい成長です。

そうそう子供によってちゃんと成長のスピードがあるって教えてくれたのは次女です。
息子が小さいとき、何でも早かった長女と比較してばかりいたら、義理姉に
「長女ちゃんを基準にしたら、息子くんにはハードルが高すぎるよ~~」っていわれ
ハッとしました。それなのに、1年生になった次女にもあまりの成長の遅さに初めは
驚き叱ってばかりいました。(ブログにも書き過ぎています)
でも子供はそれぞれ違うんだって次女が教えてくれました。
そういえば・・・・生まれるタイミングもしかっり次女が決めたんですよ。
2度入院しても促進剤使っても生まれず・・・お遊戯会に行きたくて遅く生まれて
って願っていたら、当日の朝に破水して見れなかったんですよ~~
その時から、子供には子供の意思があるんだって思いました。

にゃごままさんの次女ちゃんは、早くに生まれたんですね。
それは心配だったでしょう。きっとね。息子さんが生まれて来なかったら
ずっとずっと次女ちゃんのことが心配でいつまでもいつまでもお世話をしちゃって
いたと思うけど、息子君が生まれて、男の子と言う手がかかる存在がいて
そっちも気になるしって、一緒に成長してきたんでしょうね。
次女ちゃんだってお姉ちゃんだもんってしっかりお目付け役が板についたんですね。

子供が大きくなってもいつだって親は心配するものです。
それを振り払って子供たちは自立していくんでしょうね。寂しいけど
それが子供を育てる一番の目的で、にゃごままさんの言うように嬉しいことなんですよね。
私も自分の楽しみを見つけなくちゃってもう何年も思っていますi-229

2014/11/16 (Sun) 23:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment