*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

親として伝えておくこと

子供が3人いると、毎日ブログのネタが尽きないような気もします。(苦笑)
たくさんの方の訪問、ありがとうございます。応援ポチもありがとうございます。

本日は・・・・息子と次女の話題。(息子メインですが・・・・)

3人で夕飯を食べていたときのこと。突然息子が話しだした。
今、席替えをして息子の隣の席は、次女と同じ学童に通っている女の子Yちゃんになったらしい。
大人しい女の子。次女も慕っていました。

きっと共通の話題である次女の話をよくするのでしょう。
兄弟ですから、生意気な妹として息子も次女の話をするのでしょう。

次女、お前学童で結構悪いことしているんだってな。
Yから聞いたぞ!流しそうめんのとき、汁をこぼしたのに、隣の子になんか言って
拭きもしなかったたそうだな。おかげで、Yの防災頭巾が汁で汚れたのに
謝んなかったそうだぞ!
お前、最悪だな・・・・・


初めは、息子の話を聞いていました。もし防災頭巾を汚してしまったのなら
謝らなければいけないし、弁償だってしないといけない。
次女は、突然の兄の攻撃にかたまってしまっていました。

まだあるぞ!先生がお弁当忘れた人って聞いても言わないで
食事のときに、一人で何も食べないで、先生があわてておにぎりを買ってきてくれたんだって。
先生にも迷惑かけて、忘れたことも先生に言えないのか!!!

お前、そんなことばっかりやっているから、
Yからも嫌われているぞ!


そこでストップかけました。
最後の一言は余計です。Yちゃんが言った言葉か、息子が感じたことなのかはわかりません。
たとえ、それが事実だったとしても、わざわざ次女に言う必要はない言葉です。
最後の言葉で次女の目には涙が・・・・。

基本、子供たちのケンカには口出しをしません。
でも、今回は一方的に次女を傷つけている息子が許せませんでした。

次女にも汁をこぼしたことは確認。でも小さな頃から、失敗してもいいから、その後は自分で
きちんと責任を持って片づけたり、拭くことが大事だと教えてきました。
現に、家でも学校でもきちんとそういう対応ができている次女です。
Yちゃんはきっと防災頭巾が汚れて嫌だったでしょう。でもその場で次女にも先生にも
言っていないので、次女は気がつかなかったのです。

私、ちゃんと自分で拭いて片づけたよ!
Yちゃんの防災頭巾のことは知らなかったんだもん。


涙ながらに話す次女。大好きなYちゃんが次女のことを嫌いなんだって聞いてショックでしょう。


次女ちゃん、気がつかなかったのは、仕方ない。
でも家でやるようにちゃんと片付けたんだよね。
Aちゃんには確認して、謝ってね。その後先生にも話をしてね。
防災頭巾をどうするかは、お母さんが先生とお話しするからね。

息子・・・・あんたは、次女の言い分も聞かないで一方的に聞いたことだけを信じて
次女を責めたよね。普段の次女を知っていれば、次女がちゃんと責任を取れる子だってわかるでしょう。

もし、あなたのことをよその子や、よそのお母さんから悪いうわさを聞いて、一方的にあなたを叱ったら
どう思うの!お母さんは、人の話は話半分だと思って、必ずあなたの話も聞くでしょう!
それに、Aちゃんだってその場で言わないとわからないよね。

お弁当を忘れたのは、1年生のとき。幼くてどうしていいかわからなかったはずでしょう。

それにYちゃんが次女のことを嫌いと言っていたとしても、それを今、あなたが次女に言うことが
一番良くないと思うよ!

例えば、A君が「Bが息子の悪口を言っていたぞ!」って言われたら。あなたはどう思う?


Bのこと、嫌な奴だと思って嫌いになる!

お母さんはね、一番いやなのはわざわざそのことをあなたに告げ口したA君が一番
卑怯だと思うよ。
本当にB君が言っていたとしても、それをあなたに伝えて傷つける必要はないでしょう。
だって、本当にBくんがそんなことを言ったかどうかはわからないし、
Bくんには息子が嫌いって言っていたぞって言っているかもしれないでしょう。

人が言っていた良いうわさは伝えてもいいけど、悪いうわさをわざわざ本人に伝える人が
一番悪いって思うよ!

今、あなたが次女にしたことは、そういうことだよ!


長い長いお説教になりました。もっと言ったと思います。
自分がもしされたらどう思うかを考えさせなくてはいけません。

息子もハッとして涙目でした。大好きなおかずも残して一人部屋に行ってしまいました。

次女のフォローをして、息子に最後に話しました。

息子は、きっとお友達から次女の悪口を言われて嫌だったんだよね。
自分が兄弟や親の悪口を言っても、それを他の誰かに言われるのはすごく嫌なことだものね。

嫌だった気持ちはわかる。でも次女がそんな子ではないことは、あなたが一番よく知っているね。
そんなこと言われても聞き流せばいいんだよ。


珍しく素直にうなづいていました。
息子の思いに気がつくのが最後になってしまいました。
自分が傷ついたからといって、弱い妹を傷つけていい訳がないことは
息子もよくわかっていると思います。

たぶんね・・・・今まで兄弟の悪口を言われたことがなかったんでしょうね。

私の中のこれだけは許せないってスイッチを押した息子でした。
大人でもそう言う人はいる。残念なことだけどね・・・・。
でも人の悪口をわざわざ本人に伝えるような人は信じられないと思うのです。

長文、読んでくださりありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

親として伝えておかなければいけないと思うことは
きちんと話します。その基準は人それぞれでしょうけどね。

次女は久しぶりに読み聞かせをしたら、落ちついて眠りました。
私の息子への話を聞いていた次女。
次女にも伝わったかなぁ。

こんなとき、息子は一緒に寝たがります。
そういう時は、一緒に寝るけど・・・・途中で起きて
何事もなかったかのようにベットへ移動しました。

育児は、突然、こんな風に問題を突き付けられます。
正解かどうかはわからないけど、親の生き方を話すチャンスですかね。

仕事でへとへとの日だったうえに、さらに疲れました(苦笑)






 長男のこと

0 Comments

Leave a comment