*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

二兎を追うものは・・・・

お盆ですね。帰省ラッシュとか、すでにUターンラッシュとかテレビで言っています。
夫から毎日メールが届きます。今日は、おもちをついてお墓参りだそうです。
きっとおはぎを作って持って行くんですね。毎年のことながら、頭が下がります。
私が義両親の年になったら、同じようにできているでしょうか・・・・・。
尊敬しています。

私と娘の分も一緒にお参りしてねってお願いしました。
こちらは・・・・長女は宿題とz会。私はベランダの片づけをしました。
家に取り込む植物たちはもう少し外で過ごしてもらいます。
片づけが簡単になるためには、物を増やしすぎない事だと改めて思います。
断捨離して数年・・・・やはり物は少しずつ増えています。
以前ほどではないですけどね。

さてさて、長女と2人の時間も今日までなので、長女の話題です。
小学校まではドラゼミで、中学からはZ会を始めた長女。
ようやくz会にも慣れてきたようですが、時間があるときにまとめてやっています。
先月行われたVテストの成績表も届きました。

国語>数学>英語の順です。英語の平均点が高いため、どうにも英語での順位が
低くなってしまいますね。それにしても3教科なのに受験者数が若干バラバラ?!苦笑
地域で行われる外部模試も受けてほしいのですが、テニスを優先しているため
なかなか受けることができないので、せめて年に2度のVテストはしっかり受けてほしいです。
ただ、z会仲間がいないので、(ブログのお友達にはいますけど)みんなどんな風に進めているのか
わかりませんね。(ドラゼミ仲間もいませんでしたが・・・・)

この夏、参加していたテニスの試合では一つ上の学年の子もいて、その保護者の方の
話も耳に入ってきました。中3と言えば、部活の人は部活を終えて受験勉強に切り替わる時期ですからね。
ただ、3月に行われる県の大会やさらにその上の大会に出るためには、秋や冬に試合に出づらい受験生に
とっては、夏の大会で結果を残すことは大事なんですね。
1年後はきっと同じように思っているでしょう。

テニスが強い私立学校は多いです。ただ、勉強面もって求めると、それはやはり同じ学校にはなりません。
テニスで推薦がもらうか、受験で受かるか悩んでいるって話もチラホラ。
二兎を追うのは、難しいのでしょうか・・・・・。

そんな頃、z会の冊子が目に入りました。z会で受験を勝ち抜いた先輩方の話でした。
塾と併用の方もいました。その中で、長女と同じようにテニスを週に6日やっていて、当然
塾に行く時間はないためテニスに向かう車の中でz会を勉強したと言う人の話がありました。
中3になって、テニスの日数は減らしたけど、Z会で集中して勉強して、合間にテニスを続け
合格したと言う話は、長女に一番刺激を与えたようです。

その人ほど、空いた時間をすべて勉強に費やすことはできていないけど、アスリートになったからこそ
空いた時間の集中力はすごいなぁと見ていて感心します。
テニスも上には上がたくさんいて、どこまで行けるかわからないけど、どちらも一生懸命やってほしいなぁと
親としては思います。まじめなので、勉強もやらないととは思っているようです。

あと2週間で学校も始まります。中学は思いのほか、宿題が多くてしかも細かく出ていて
終わるんだろうかって思うけど、本人に任せています。隙間時間にZ会をお勧めしますが
宿題の方がやらないとまずいですよね。

来年・・・・息子のことを想像すると頭が痛いけど、子供の力を信じてサポートしないとね。
さぁ、明日のお昼過ぎには3人が帰ってきますよ♪
穏やかでゆったりした数日間でしたが、10年後にはこんな生活が毎日なのかもしれませんね。
今はもう少し子供たちとの生活を楽しまないとね。

明日も天気が悪そう。テニスは自主練のみ。
メリハリをつけて頑張ってね。

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

息子と次女は、田舎でドラゼミを進めています。
帰ったら自由研究が残っています。
次女には読書感想文や絵日記も残っています。

忙しくなるぞ~~~苦笑

 自分のこと

2 Comments

郁の母  

No title

こんにちは。
今日はもう、ご家族が揃われて、にぎやかな日々に戻っておられることでしょう。また、主婦業、お母さん業、ともにパワー全開ですね。

テニスか、学業か、それとも両方とるか・・・。15歳の選択としては難しい選択だなあと感じました。
スポーツと縁がない我が家なので、テニスのことはわかりませんが、でも学業の方は、基本的なことさえしっかりできていれば、「やりたい」と思った時にいくらでも始められるものだと考えています。もちろん回り道になるのですが、再入学や社会人入学の形で入学して、学びなおしておられる方たちもたくさんおられます。見ていると、経験の少ない若い学生さんよりも、深く学んでおられる方も多いと感じます。

一方で、二兎追わなければ、二兎を得ることはできないのも真実のような気がします(どこぞの煙草のキャッチコピーではありませんが・・・)。
集中力があって、まじまな長女さん。もしかしたら、15歳の選択の答えは、長女さん自身の中にあるのかもしれませんね。






2014/08/15 (Fri) 19:01 | REPLY |   

でんでん  

うるさいです・・・・・。

★郁の母さんへ★

帰って来たら帰ってきたでうるさい日常です(苦笑)
こちらは、真夏日が戻って暑かったでです。田舎は天気もあまりよくなかったみたいです。
でも盆地だから蒸し暑かったそうです。

本当にすでに15歳の選択として専門分野を選択することも迷うのですが
それでもテニスを続けたいと願っているので、きっと選んでいくのでしょう。
来週、学校説明会に行き、学校にも行ってみます。秋には文化祭・・・・
いろいろと比較できればいいのですが、我が家の経済状況もあって
公立でお願いするしかありません。
テニス仲間は、近くの私の母校を希望している人も多いです。
一応プロ選手も出身だったりして、硬式テニスは強いです。

私の考えでは、どこを選んだとしても一生懸命やっていれば、
おのずと道は開けてくると思うのです。もちろん環境や仲間も大事ですが
一生で出会ういろんな人に対応できる人間になってほしいのです。
二兎を追えば・・・・って迷いますが、息子が尊敬する長友選手も
どちらもしっかりやっていたし、自分の与えられた環境で精一杯やってほしいなぁと
思っています。人は生涯学ぶことはできますものね。
遠回りに見える人生でも本人が目指すことがはっきりしていれば
それは正しい道なのだと思います。
今はどちらも頑張る長女を応援していきたいと思います。

郁さんも管弦楽と学校と両立を頑張っていますものね。
好きなことをやるためには力が出せるものですね。
コメントありがとうございました。

2014/08/15 (Fri) 21:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment