*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

長女へのアドバイス

夏休みに入って、スポーツは夏の大会真っ盛りですね。
長女がやっている硬式テニスもこの時期は、公認の試合がたくさんあります。
公認の試合と言うのは、勝てばポイントがつく試合のことです。

そのポイントによってラインキングが決まり、上位の子は、さらに上の大会に出られると
言うことです。上の大会ほどポイントも高く、勝てばもちろんポイントがつくという仕組みです。

そんなテニスの世界に足を入れて3年目の夏が始まりました。
会場の関係で、長女の試合は来週からです。同じクラブの男の子たちはすでに参加して
結果を残しています。

数日前まで、気合いも入っていて、メンタルも落ちついていたのに、今日迎えに行ったら
落ち込んでいました。彼女は、いつも自分で追い詰められて、自滅するパターンです。

何だかもう勝てない気がする。
今日も自分のミスでだめだったし・・・・・
でも絶対に試合は勝たないといけないのに。
ミスしちゃだめなのに・・・・・。
みんなは結果を出しているから、私だけ1回戦で負けてしまったらどうしよう・・・涙


私はテニスの事は全くわかりません。だから、テニスについてのアドバイスは全くしません。
でも母として、人生の少し先輩としてメンタルコントロールについてはできるかなぁ。

失敗したってミスしてもいいんだよ!

じゃあ、今度の試合で5回ミスしなさい!

5回だからね。ミスしなくちゃ、負けだよ!


そう言ったらポカーンとしていた長女。
その日、たまたま本屋さんで見かけた本で少しみたのが・・・・計算ミスを繰り返してしまう子の話。
わかっているのにしてしまう計算ミス。しちゃいけない、気をつけなくちゃいけないって思うほど
必ずミスしちゃうんだよね。だから、今日は5問ミスしようって思って、わざとミスをしようと思うと
ミスが減るって話しでした。

しちゃいけないって思えば思うほど、体が硬くなる長女。
相手が強いって思いこむほど力が入って自滅する長女。

メンタルのコントロールですね。特にテニスは個人スポーツだしね。

そっか・・・・ミスしなくちゃいけないんだ。つぶやいた長女でした。

試合を前にして緊張しているんでしょう。
それは相手だって同じ。
みんなが試合に勝っているんだから自分だけ負けてしまったらどうしよう。
それは勝つ人がいるんだから、負ける人がいるのは当たり前。

人間って○○しちゃいけないって思うほど、○○しちゃうんですよね。

これって私は子供のときに気がついんたんです。
例えば笑っちゃいけない場面で笑ってしまいそうになったとき、笑っていいんだって思いこむと
笑わないですむとか・・・・
泣いちゃいけないって思うと涙がでてくるけど、泣いたっていいんだって思うと涙が止まったり。
暗示?!笑

でも長女の表情から硬さが消えました。
これから受験でも何でも試練は続く。緊張をよい緊張に変えれるように自分で自分に暗示をかけよう。
日々の努力は、しっかりやっている長女にだからこそ、言えたアドバイスでした。

来週の試合に向けてがんばれ!長女♪

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

たった一人で試合に挑む長女のプレッシャーは
私が思う以上なのかもしれない。
だから私はプレッシャーはかけない。

よくわからないしね。
もちろん長女が勝てば嬉しいのだけど、
それはやっぱり長女が一番嬉しいのだからね。

ただ、挨拶をしっかりしないとか、
礼儀正しくないとかそういうことは、厳しいです。

そうそうここ3日次女のテニスにお付き合い(振り替えたまっていたしね)
ボール拾いをさぼってみたり、コーチに生意気な口を聞いたり・・・
そういうのは、テニスと関係なく人としてNGなので厳しく注意しますけどね。

それにしても今日も暑かった・・・・合宿で息子のいない日々ですが
あっという間に過ぎていきます。






 長女のこと

0 Comments

Leave a comment