*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

Aちゃんのその後

昨年度、我が家の話題は次女にいじわるするAちゃんの事が多かったのですが(ブログにもよく登場)
今年度は、先生の配慮でクラスも離れ、通学路もたまたま改定されて一緒に行くことはなくなり
次女の口からAちゃんの事が出てくることはほとんどなくなりました。

小学校低学年と言えば、狭い狭い世界で暮らしているので、クラスでもいつも同じメンバーと
遊んでいて他の子の様子はわかっていません。

水泳でたまたま知り合いのママに遭遇。子供の学年も一緒で共通の話題も多く話をしました。
昨年は同じクラスだったけど、今年は兄弟で別々になってしまいました。

昨年までは息子と同じクラスで強面の厳しい男の先生。(息子は2年連続その先生です)
強面でやんちゃな子は、静かに言うことを聞くので、メンバーがものすごくやんちゃですよ。
でも一応、クラスは落ちついていますが・・・・・その先生でなくなり優しい女の先生になった男の子は
やっぱり先生をなめている気もするそうです。その子は私から見れば大人しい子なんだけどね。

そういう話を聞くと、怖いから静かにしているだけで、授業は静かに聞くという当たり前の事が
自発的に行われていないんだなぁと実感中です。来年、息子もどうなるかなぁ・・・・。
ある意味楽しみ 自発性がしっかり育っているかチェックせねば(笑)

さて、話は変わって昨年のことからAちゃんの話題になりました。Aちゃんとその方の娘さんEちゃんは
同じクラスです。次女の話では、EちゃんとAちゃんは仲良くしていたそうです。
Eちゃんも次女と同じ早生まれでぽわーんとしていたので、次女がされていたことは全く知らなかったようです。
でも幼稚園時代には同じように○○ちゃんとは遊んじゃ駄目って言われて、そうなのかぁと
言うことを聞いていたとか・・・・・・。
EちゃんはAちゃんのしうちに慣れて、流してしまうんだそうです。


今思えば、人に執着するAちゃん。
自分が仲良くしたいと思う子と他の子が仲良くするのは許せないようです。
だから幼稚園も違う新参者の次女が、幼稚園時代から知っているCちゃん、Dちゃんと急激に仲良くなるのは
許せなかったんじゃないかなぁと思うのです。
だから4人で登校してても次女だけを外そうと必死でしたからね。
もちろん成長したCちゃん、Dちゃんはそんなことはしませんでしたけどね。
今は、遊べる日は毎日のようにCちゃん、Dちゃんと次女は遊んでいます。

さて、自分の居場所を確保したいAちゃんのその後・・・・・Eちゃんのママから聞きました。
どうやら、ある子に意地悪して、怒ったその子のママグループが授業参観のときの
休み時間にAちゃんを囲んで顔を睨みつけ・・・・・

ふうん。あんたがAちゃんなんだ・・・・って言ってAちゃんをなかしていたとか・・・・・

その光景を思い浮かべると恐ろしい・・・・確かに自分の子がいじめられるのは嫌だけど
それって、同じことを大人もしている気がするけど・・・・・・。
それいらいAちゃんがその子をいじめていないかまではわからないけど・・・。
どうにも目には目を歯には歯をみたいな・・・・やられたらやり返すというのには
抵抗があるんだけど・・・・それは甘いのかしら。

それにしてもAちゃんは、どうして人に意地悪をしてしまうんだろう。
いつもいつも気になるのはそこなんだけどね。きっときっと何か理由があるんだと思う。
でもね。だからと言って人に意地悪をしていいことではないけど、怒った所で解決には
ならない気がします。

次女と離れてしまって、また来年同じクラスになるかもしれないけど
お節介かもしれないけど、気になるAちゃんなのでした。

今週は、人とよく会って話するなぁ・・・・私。
でも母たちとの話は貴重な情報源。為になることも多い。

私が子供時代に悟ったこと。
人にいじわるすれば自分もいじわるされる。
人に優しくすれば自分も優しくしてもらえる。

情けは人のためならず


自分のしていることは、めぐりめぐっていつの日か自分に返ってくるのだと。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

自分さえよければそれでいい。
そういう考えは好きではありません。

でも世の中はそういう人もたくさんいて・・・・
それだけ余裕がないのかもしれませんね。

忙しい毎日で、イライラしないってわけではないけど
そんなときにこそ、自分の襟を正さなくてはって思います。

週末まであと少し・・・・がんばります。

Aちゃんが少しでも優しい子でありますように。




 育児

0 Comments

Leave a comment