*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

中学生は自分の事で手いっぱい

私も日々、自分の仕事に追われていますが、子供たちの事も少しは考えられます。
それは、大人だから?!

この頃、長女の愚痴を聞くことが多くなっています。
もうすぐ今年度初めての定期試験もあります(1学期中間がないので)
長女なりに塾には行かずに頑張っています。
この週末はテニスの試合なので今のうちにと勉強しています。
テニスも10日余り練習を休んでいて、今日も雨で練習できなくて
本人は少々焦っていますが、今やらなければいけないことって切り替えて
頑張っています。

そんな長女のお友達に、あまり学校に来れない子がいます。
小学校時代に仲が良かったので、今年はきっと配慮で同じクラスになりました。
長女ともう一人も含めて同じクラスです・・・・。
だから一緒に遊んだり、メールしたり長女やもう一人の子と気を使っていたようです。

時々来るけど、途中からとか、早退とか・・・・

でもね。その子なりに一生懸命頑張っているんだって長女は話していました。
でもね。それをよく思わない級友がその子に聞こえるように文句を言っていたときも
ものすごく怒っていました。(数週間前)

主要5教科は全く授業に参加しないとのこと。(そりゃ、勉強もついていけなくて大変だよね)
4科のときだけ来るって周りの子は不満。(来れるだけでいいよね)

大人は彼女の苦しみを想像できるのだけど、中学生は自分の事で手いっぱいだから
そんな風に思えないようです。


ある役を引き受けている友人。その時は誰もやらないならやるって引き受けたのに
来ていないので、もう一人の同じ役の子も困ってクラスも困ってて、長女が代わりにやってほしいと
頼まれていました。長女も迷っていました。あまり人を引っ張る役は嫌いなのです。

放課後、おしゃべりの中で

自分たちだって勉強嫌だけど、大変だけど、行かないといけないから学校に行っているんだよ

そう話していたら、
行きたくないなら学校に行かなければいいじゃん。
私は、高校は勉強しなくてもいい所に行くからわからなくても平気だもん。
私は行きたくないから、休むんだよ。


きっと本心ではない強がりだと思う友人の言葉。
勉強がきらいだって、友だちと一緒にいたいかもしれないのに。
学校に行けない苦しさをわかってほしいだけだろうに。

そんな友人の想いは、自分の事で必死な中学生には届いていないようでした。
今まで張りつめていた緊張の糸が切れてしまった長女たち。

学校が嫌でも行かない訳にはいかない。
勉強だってしない訳にはいかないのに・・・・
みんなだって嫌でも我慢しているのに。
そんなこと言うなんてひどい。
もうフォローしきれない。

だから、その子の役も代わりにやる。

好きな教科だけしか出ないなんてずるいっていう級友の言うことも
わかるよ。


珍しく長女が怒っていました。きっときっと悲しかったね。
それはお友達も同じだと思うんだけどね。
お互いに傷つけあってしまったね。

いろんな立場の人がいる。その人の気持ちを100%理解するのは難しいけど
なるべく近く想いを想像できる力は育ててほしい。

長女の気持ちを受け止めつつ、学校になかなか来れない友人の想いを
私なりに代弁しておきました。(次の日だけどね)

中学生は、まだまだ未熟だから、こんなこともある。
きっと数日後には彼女の事を気にする長女やもう一人のお友達がいるんだと思う。
もうすぐテストも近いし、みんなイライラモードの中起こった出来事でした。
人生何が正解かわからない。今は遠回りに見える出来事も長い人生の中では
小さなことなのかもしれない。

ただ、中学生と言う若いときは、今の事に手いっぱいで目の前の事にしか
価値も見つけられなくてもがいている時期。きっとこんなぶつかりあいも
自分の人生の中では意味があるんだと思う。

そのお友達も学校に来れればいいなぁとは思うのだけど、本人にしかわからない悩みも
きっとあって、周りは見守ることしかできないから。
きっと親御さんも同じように心を痛めながらも見守っているんだろうなぁとか考えて
聞いているだけで切なくなりました。

私は、長女の話を聞くことしかできないけど・・・・
いろんな考え方あるんだと話することしかできないけど・・・・・
中学生って疲れているんだなぁって改めて思いました。

自分が中学だった時の記憶は、もう忘れかけていて、時代も違うし、
社会も違うしね。人は非力だなぁって思います。

ひたすらできることは一歩一歩止まらずに前を向いて歩いていくこと。
親であってもまだまだ非力です。
日々、怒ったり笑ったり悲しんだり・・・・
でもそれでも日々に感謝していこう。

長女は、何を考えているのかなぁ。
我が子でもやっぱり他人だからね。わからないことも多いです。
たまのつぶやきを逃さず、今は聞いておこうと思いました。

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

そんな我が家だって、明日何が起こるかわからない。
子供が突然、学校に行かないって言うかもしれない。
子供が突然、暴れちゃうかもしれない。
自分が突然、心の風邪をひいちゃうかもしれない。

人生何があるかわからない。

ただ、ぼちぼちとだけど、自分に恥じない生き方をしていこうと思う。
何か起こったら、そのとき考えよう。
今は、目の前のことをしっかりと見過ごさないようにしたいなぁ。

そう思いつつ・・・・日々の忙しさに疲れて流されています。
ブログを書きながら、自分の心の整理です。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
いつも遊びに来てくださってありがとうございます。


 長女のこと

2 Comments

なんちゃって  

No title

ホントに。中学生って、ややこしい時期ですね。お友達は、本当は、長女ちゃんみたいに学校も運動も頑張りたいんだろうけど。現実とのギャップに、ついていけないのかもしれないですね。勉強しなくていい所か・・・。学校の勉強はしなくてもいい部分もあるかもしれませんが(汗)人生、一生、学ぶコトだらけなので。何かが見つかるとイイんだけどねぇ~。なんだか、モッタイナイなぁ~と思うけど。思春期ならではなんでしょうね。

長女ちゃんは、しっかりしてるから。お友達を受け止めていこうとして、偉いけど、大変ですね。上手に、心の安定する距離を見つけられるといいですね。

2014/06/13 (Fri) 07:50 | REPLY |   

でんでん  

お返事遅くなりました

★なんちゃってさんへ★

お返事遅くなってごめんなさい。
中学生は、本当に難しい時期なんですよね。大人でもなくて
子供でもなくて。自分の意思もしっかりと出てきて、ホルモンのバランスも
崩れて・・・・きっときっと本人たちも気がつかない所で、もやもやいらいら
してしまう時期なんですよね。

そうそう、そのお友達。運動が大好きな子でした。勉強だってそんなに
不得意ではなかったから、余計にそう思うのかもしれません。
学校の勉強なんてしなくていい・・・面倒くさい
中学生が言いそうな台詞ですよね。でも本当に人生はずっと学ぶことばかり。
もったいないって思うけど、遠回りをしてもそれに気がつけば
学ぶチャンスはいくらでもあるけどね。私自身も苦手だった社会は
もっともっと学校で学べば良かったなぁと今でも思います。
英語は、今学べばもっとわかっただろうなぁとかね。
だから、長女の勉強を横からのぞいて一緒に学んでいますよ。

長女もしかりしているようなしていないような・・・・
昔からいろんな子がいていいんだよ。ってスタンスの我が家。
どんな子でもいい所があって、受け止めようって想いがあるから
悩むんでしょうね。きっときっと相手の子も必死だから、こんなことも
あるんでしょうね。で、長女は娘ちゃんやひよこちゃんと同じ役を
やるようですよ。やっていそうでやったことのない役です。
まぁ、親は見守り話を聞くだけですね。
コメントありがとうございます。

2014/06/15 (Sun) 06:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment