*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

コーチとして親として

本日は愚痴なのでスルーしてください。

ブログは夫も読んでいるので、たまには思いをぶつけます(苦笑)

息子が少年団に入ってもうすぐ7年目になります。
夫が父親コーチになってもうすぐ6年目になります。
車を運転できない私のためと言いながらも、実は自分がやりたかったコーチ。
子供たちの事を考え、チームの事を考え、周りとのコーチたちと父兄の間を
取り持ってがんばっていました。

それを見ていたから、協力したし、裏から母たちにコーチの思いを伝えたり
いろいろと私なりにしてきました。それは頑張る息子と夫を応援したかったからです。

父親コーチの中には、我が子可愛さで、我が子優先になる人が多い中、
あえて息子には厳しくしていた夫。周りが認めるほど息子は頑張っているのに
試合中、手を抜いていないのに、周りに喝を入れるために息子を叱る夫。
確かにチームの空気がピシっとなりました。

そのことも息子も私も納得していました。
我が子を試合に出したいコーチ。
我が子をバックでなく前に出したいコーチ。
我が子に点をとらせたいコーチ。
いろんなコーチがいて、息子たちが頑張って入れば、父兄からの不満もでないのですが
なかなか現実はそうもいかないで、この数年何人もの父兄からの不満も受けとめてきました。

だから、息子はできが悪くなくても、他のコーチの子を出すためにあえて下ろされることも
多々ありました。それはそれで仕方ないし、夫の思いもわかっていたので何も言いませんでした。

実は、昨年のトレセンの選手に選ばれていた息子。
でも夫はあえて、息子を外すようにしたのです。セレクションに受かっていたことも
ありますが、他のコーチに気を使ったことや父兄の不満を抑えるためだと思います。
1年は待とう。トレセンスタッフの目に止まれば、チーム推薦でもなく入れるから
息子にはそう言っていましたが・・・・現実には厳しく、以前通っていたスクールのコーチにも
大人の都合でそういう事をするのはねって言われていました。

そしてトレセンの推薦枠が増える今年、満を持してようやくトレセンに選ばれたと思っていたら
トレセン枠を去年と同じにするという通達が・・・・これも結局、トレセンを仕切る人の都合なんで
しょうけど・・・・・

そうしたら、夫は
チームのために親たちに話して辞退してもらうしかない。
それしかせっかくまとまってきたチームがばらばらにならない方法はない。


結局、今年選ばれた新たな選手が、辞退することになるじゃないですか。
それには、もう頭にきました。息子の思いをどうするんだ。
いつだって夫の思いを組んでチームのためだけにサッカーをしている息子に
チームのために我慢しろって言わないといけないの。コーチの子だから
優遇されているんだから(うちは、ちっとも優遇されていないし)
がまんしろって。

実は、昨年度、息子の代わりに入った子の成長を期待してトレセンに
選んだ子は、プライドばかりたかくなってしまい、実際は最近まで駄目駄目でした。
今年は、トレセンに選べないかもって状況だったのに、結局かわいそうだから
選ぶ予定に・・・・。

人間だしね。わかるんですけど・・・・
納得いかない。そうやって最後の年まで息子に我慢させるなら、
もう少年団は協力できない。
兄弟にも我慢させて協力しているのに、それだったら父親コーチでない
別の所で頑張ってもらった方がどれだけ気が楽かしれない。

夫は息子に甘えていると思う。
自分の子だらかわかってくれていると
でもね。まだ11歳。へらへらしているように見える息子でも
自分のプライドと思いはもっているのだから。

最後の年ぐらい、他のコーチのように息子をもっと大事にしてほしい。
大事にしている。かわいがっているっていうけど、私にはそうは見えない。

他のコーチのように、あからさまにひいきしろとは思わないけどね。

きっと息子が卒団して、夫がコーチとして残ったときに、どれだけ
家族が協力していたかわかると思う。
親たちの思いや事情をさりげなく伝えてきたのは私だし
息子はあえて叱られ役に徹して、人一倍頑張ってみんなに認められていたのだから。

私が珍しくサッカーのことで反逆したので、夫は驚いていた。
私は思う。自分の子は教えるべきではないと。
私がもし、何か教えるにしても補助程度・・・・人の子には冷静になれても
我が子には冷静になれないから。

これから結果どうなるかわからないけど、きっと夫は夫の思いを貫くでしょう。
最後の1年が始まったとたんに我が家には暗雲立ち込めておりますよ~。

明日は結婚記念日だと言うのに嫌な思いですよ~~
昨日の疲れか、本日は微熱でした。

早く帰ってきて家事をしてくれた夫には感謝していますけどね。
これだけは母親として、許せないので抗議しております。

でも親としての立場とコーチとしての立場で悩んでいるんだろうなぁ。
でもね。もっともっと息子をちゃんと見てほしい。
息子を大事にしてほしい。

夫の思いはたぶん・・・・息子にはわからないと思う。

思春期に荒れたらいやだなぁ~~~~

愚痴でした。


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

親と子は違うと思う。
スポーツの世界では良く親が子供に厳しく2人3脚で
頑張ってって言う事も見るけど
それはほんの一部だと思う。
そうじゃない親子が大半だと思う。

テニスでもサッカーでも子供以上に親が熱心になりすぎて
子どもの心が見えていない場面をよく見る。
私だってやっぱり自分が得意だったり好きだったことが
子供にも得意になってほしいって思う。
だからこそ、あえて少し距離を置いて、親がコーチや先生に
ならないようにって思う。

育児に正解はないけどね・・・・私はそう思う。
そして私は器用な親ではない。


 

0 Comments

Leave a comment