*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

傷つき傷つけられ・・・・

金曜日に具合が悪いと寝込んでいた長女。ゆっくり話も聞けないまま、
インフルも流行ってきているし、気持ちの問題とは思わず寝かせておきました。

でも兄弟たちと楽しそうにゲームをしてて、具合が悪いのとは違うんだと
夫に突っ込まれて、少うしずつ話し始めました。

学校で、くじでグループに分かれて、そのグループの人の性格を項目の中から4つ選んで
お互いに言いあうという授業があったそうです。
たぶん・・・自分が思う自分と、周りが感じている自分の姿を客観的に見るためなのか
詳しい事はわかりませんが・・・・。

長女は、何度も書いていますが、昔から嫌いな人はおらず、必ずその人の良いところを見つけます。
人と争う事は苦手で、でもものすごく気を使って自分を隠している訳でもなく、自分らしく
そのままの自分を周りも受けとめてもらっていると思います。

イライラすることもあるけど、それを表に出さず自分なりに感情のコントロールをしようと
外では勤めているようです。私も似ているので良くわかります。

その授業で、長女のグループは仲のいい子もいたし、女子ばかりで、周りから距離をとられている男子の事も
「個性的である」「発想が面白い」など選択したって話していました。
長女に関しては「責任感がある」「リーダーシップをとってくれる」などおおむね好評だったようです。

問題は放課後・・・・その件で「おとなしい」ってたった1人に書かれた友達2人がショックだったようで
のんきな長女を半分やつ当たり的に攻撃してきたらしいのです。

あなたは、猫かぶっている。
キャラ作っている。
本音を隠している。


たまたま一緒にいた他の子も悪ふざけで同じように長女をからかったらしく
人にそんな風に言われてこなかったある意味幸せな長女さんはかなりの大打撃をくらってしまったようです。
初めに長女を攻撃?!したおとなしいと言われた2人は、部活に行ってしまい、長女がどれぐらい大打撃を
受けていたかはきっとわかっていないでしょうね。

残っていた子たちは、いつもと違う長女の様子に心配で家まで送ってくれたそうです。

そんな金曜日・・・・長女はずっと友達に言われていた言葉に落ち込み
みんながどういう風に自分を見ているのか怖くなったそうです。


大人になれば、「おとなしい」って思慮深い事だって、それも長所だってわかるのに
果敢な時期の中学生にとっては、「おとなしい」=「暗いやつ」ってことになるんでしょうね。
しかも誰とでも気兼ねなく話す長女と違って、人の好き嫌いがはっきりしている子は
別のグループからは、どんな子かわからないから「おとなしい」って書かれたのかもしれませんね。

きっとね。その子たちはかなりショックで、明るくしているはずなのに
どうしてそんなこと言われなくちゃならないの。
あの子はのんきに、誰とでもヘラヘラしゃべっていて、ずるい。
それが・・・・長女への猫かぶっている発言になったのでしょうね。

誰もが乗り越えていく思春期。
こんな私だって、後ろ向きな時期でした。なりたい自分と現実の自分との違いに悩み
話上手になりたいのになれなくて・・・・人をうらやむ事はなかったけどね。
自分は自分でいいんだと思わせてくれる友人や夫に出会うまでは、自分に自信がなかったですね。

長女の気持ちをずっと聞いて言いました。

あなたは、あなたのままでいいんだよ。
誰にでも優しい所も平等な所も
イライラした気持ちを人にぶつけないで自分でコントロールできる事も
みんなあなたの良さなんだから。

きっとその子たちは自分が傷ついてしまって八つ当たりしただけなんだよね。
傷ついている人ほど、自分だって人を傷つけている事がわからないんだよ。
それだけ余裕がないからね。もしこれからも傷つけてくるんであれば
一緒にいなくても大丈夫だよ。あなたの良さをわかってくれる人だけが
きっとあなたの周りに残るはずだからね。



自信のないのが思春期。誰だって周りから良く思われたい。
悩みのない人はいないのに、そういう人たちは明るくふるまう人には悩みはないとか
悪い心を隠しているとか、ねたんでしまう事はある。
そういう人たちを変えることはできないから、自分で何ができるか・・・・

そういう人たちの暴言にめげず自分らしさを大事に、自分は自分でいいんだと
自分は流されない事。時に傷つけられることもあるけど、もしかしたら自分だって
人を傷つけてしまっているかもしれない。
長女の優しさがその人たちのコンプレックスを刺激していまうのなら離れていればいい。

もう一度「あなたは、あなたのままでいいんだよ」

そう言ったら、涙を流していた長女でした。
勉強もそこそこ、運動もそこそこでき、誰にでも優しい長女を慕ってくれる人は
たくさんいる。でもそこにはねたむ人もいるのは事実。
本人は、ドジばかりだし、突っ込まれてばかりだしもっと運動も勉強もできる人はいるって
そう思っているけど、違うんだよね。

13歳にして初めての経験。遅いぐらいですなぁ。

意外に息子や次女の方が修羅場はかいくぐっているようで

ねえちゃん、俺なんかいつもいちゃもんつけられてんだぞ!
だから笑いをとって回避しているぞ!
完璧だとよけいにねたまれるから、天然ボケぐらいでちょうどいいんだぞ!


大人な発言。家でも外でももまれる真ん中っこらしい発言。
サッカーもできる。勉強もそこそこ。リーダーにも慣れる息子は
低学年時はよくいちゃもんつけられていましたが、今はそれを乗り越えているようです。

1年生の頃からいじめっ子に遭遇した次女もすでに鍛えられています。
なんだかんだと温室育ちなのか長女。つらかったけど、良い経験だね。

明日は学校に行きたくないようで、テニスにも気が向かない様子。
でも兄弟たちをワイワイ家で過ごして少しは癒されたかな。
昨日は、気持ちをすべてZ会に向けておりました(笑)
夜は母にたくさん話、日曜日はちょっと過食、兄弟たちと遊んで気が紛れたかなぁ。

がんばれ!長女。
頑張れ!中学生。

どんな子だっていいことはある。
おとなしいことは、人の意見に耳を傾けられる思慮深いってことだよ。

そう思うのは40代だからかしら(笑)

中学受験も始まって、すぐに高校受験も始まりますね。
あっ大学受験も。がんばれ~~~!

ストレスばかりな世の中。受けとめる広い心を持った優しい子だって限界はある。
限界になる前に母に話してくれてありがとう。

私は親に全く話さない子だったから・・・どちらかと言えばその点は息子と同じ。

明日はエイって勇気を出して登校してね。頑張れ長女!


にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

気力が出ない週末でした。
私もそんなに広い心ではない(爆)

なんて・・・単にだらだら過ごしちゃっただけです。
来週はがんばろう

 長女のこと

4 Comments

sakura*  

うちも一緒だよ*

長女ちゃんの気持ち、よくわかります。
私がそうだったから....そして
現在進行形でkura*が....。
でも、我が家は小5の頃から経験したので
今は、「それが自分」と、ぶれることなく通しています。
そんなキャラなの~てくらいに。
でも、5年生の頃は、おんなじようにふさぎ込んだり
悩んだりしました。その都度、ゆっくり話して
そっと背中をおして登校していたように思います。
お家は一番安心できる秘密基地。どんな時も味方になってくれる。
甘えられる場所。なんでも話せる場所。
そうありたいと思っています。でんでんさんもそうであるように。
最初は、本当につらくてしんどいけど、
ちゃんとわかってくれるお友だちもたくさんいるはず。
それに、そのまんまが長女ちゃんだもの。「自分らしさ」だもの。
その経験も、きっと自分の強さや優しさに.....。
その場に直面すると、母も胸痛み、なんとかしてあげたい...って思う。
でも、笑顔でどしっと構えていました(内心おろおろ)
でも、今なら、その経験も大切だったって思います。
「今(早い時期)」でよかったって。つらいことや理不尽な経験も
成長過程で必要な体験だって思います。
息子君の大人発言のように。まあ、今だからですが(^_^.)
でんでんさんの言葉は、きっと娘ちゃんに届いています。
そのままのあなたでいいんだよ
大丈夫。きっと.....がんばれ!長女ちゃん。


2014/02/02 (Sun) 20:05 | EDIT | REPLY |   

でんでん  

ありがとう♪

★sakura*さんへ★

いつもいつもありがとうございます。重たい内容なのに・・・・
sakura*さんちのkura*ちゃんの「普通って」の発言にいろいろと
同じ想いを書きたかったのに・・・・こうして毎日、いろんな出来事に
押し流されてしまって、なかなかコメントできません。
土日は、やっぱり長女の思いを吸いとって・・・・私も疲れました。
ブログに言葉にして吐き出して、聞いてもらって少しすっきり。
職場で友人にも聞いてもらって、心配しつつも見守ろうと思います。

夫は長女が小さい頃から、心配して苦言をしていました。
周りにねたまれるから気をつけろってね。それでも長女は????な感じでした。
私は長女と似ているので、どうしてねたまれるのかわからない。
人をうらやましがるのってよくわからない。みんないい所たくさんなのにって
そういう感覚です。でも長女と違うのはもう少し幼い頃にこうやって因縁?!
付けられた経験を積んでいる事かな(苦笑)

今日は、私が早く出勤してしまうので、長女の背中を押してあげられないのが
心配だけどね。魔法の言葉をかけて、エイって飛び出してほしいなぁと
思います。今の時代は、大人でも自分を守ることで精いっぱい。
人の事を考える余裕がない人ばかり・・・・だからこそ、優しい人は傷つき
傷つけられてしまうのかもしれませんね。
でもどんな世の中でも生きていかなくてはなりません。
高校生ぐらいまでの私の心の合言葉は「優しい=強い事」だから強い人に
なりたいでした。変わっているわね・・・・
そんな私の子なので、やはり世間では「普通」の部類に入らないけど
そんな長女をいいって思ってくれている子もいると信じています。
学校って狭い世界です。そんな中でやっていくのは大変なことも多い。

傷ついた分、今まで以上にそんな思いをしている子の存在にも
気がつけるんじゃないかなぁって思っています。
長女に八つ当たりした子たちだって悪い子ではない。
きっと意地悪しようって思って行った訳ではない。それでも傷つけてしまう
自分の傷をいやすためには仕方ない。でも今後は長女がそれは傷ついたよって
自分で言える関係になれたらいいけどね。

もう中学生。話を聞く事はできても、親が出ていくことはない。
(小学生時代も出ていかなかったけど・・・・苦笑)
家に帰ってホッとできるように、兄弟がいて良かったと思えるように
美味しいご飯を食べられるように・・・・親ができる事はこれぐらいですね。

子供が苦しんでいるのは親もつらいですね。でもそれもまた親として
成長できることですね。今週も頑張ろうと思います。
いつもありがとう♪

2014/02/03 (Mon) 06:10 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/02/04 (Tue) 18:44 | REPLY |   

でんでん  

親はいつでもハラハラですね

★鍵コメさんへ★

本当に思春期真っ只中ですね。反抗期は・・・・あるのかないのか。
下に行くほど激しい気もするけど、これからかもです。
振り返れば、長女に関してのドキドキはいつもこんな感じかもしれません。
器用そうで不器用な所もあって、下の方がすでにもまれていてたくましいです。
その子、その子の悩み方もあるものですね。

鍵コメさんもその当時、必死に子供たちに寄り添って思春期を駆け抜けたでしょう。
5年後、10年後にはすっかり忘れて笑っているだろうなぁって思いながら
時にハラハラしながら今は見守っています。
親としてできる事は年々少なくなっているなぁと思います。
子どもがいくつになっても親という存在は心配事を見つけては心配しているのかも
しれませんね。

ふざけているアホ息子(笑)もしっかり成長していて、長女よりも大人な発言に
びっくりしました。さすが真ん中っこは違いますね~~笑
何だかんだと兄弟でも支えあっていてくれているんだと再認識した出来事でした。

普通に何事もなかったかのように戻って長女もホッとしたのもつかの間
学級閉鎖に突入。元気な長女は通信仕上げております。
心配して見守ってくれてありがとう。
なんだかんだと強くないのでここで吐露している私でした。
これからもどうぞよろしくね。

2014/02/05 (Wed) 06:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment