*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

ピアノが習いたい

インフルエンザが猛威をふるい始めました。もうすぐ受験の皆さんはハラハラですね。
次女の隣のクラスも学級閉鎖に・・・・息子のクラスの休みの人数も10人近く。
学級閉鎖明けの次女のクラスでさえもまだ10人近いお休みで、油断できません。

とうとう長女の中学校でも他学年に学級閉鎖が出た模様です。長女のクラスは元気いっぱいですが
いつ流行り出すかわかりません。子供たちはマスクを配布されたようです。
我が家も予防のためにマスク必須です。

さて・・・・夫が芸術的なモノに全く興味がない我が家。
上の子たちは体育会系まっしぐら?!でここまできました。
当然次女も上を見て育っていますから、今のところの習い事は姉にならって
テニスと水泳です。水泳は楽しいけど・・・・テニスはねってこの所の次女です。
でも行けば楽しそうにやっているんですけどね。

私は、親の勧めもあったのか、小さな頃からピアノを習っていました。
ピアノは日々練習しないと上達しませんね。だから、そんなに伸びなかった訳ですが
慣れ親しんだ音で、今でもピアノの音を聞くと落ち着くのです。
学生時代好きだったのは、算数と音楽と図工でした。図工に関しては絵は好きだけど
工作は雑だったのでイマイチでしたけどね。

水泳も習ったし、中学の部活も運動部だったけど、たぶん好きなのは芸術系。
演劇が好きでしたからね。今でも見に行きたいなぁと思うぐらいです。

さて・・・・長女が唯一苦手とするのは美術。小学校の頃から、それだけはどうにもね。
息子は波がありますが、音楽は楽譜読まずに音で覚えて演奏しています。

次女は・・・・どうやら音楽や図工が好きなようです。
手先が器用とは言えませんが、お友達に影響されて絵も良く描くし、今は写し絵にはまっています。
そんな次女。実家にあった私のピアノがついに売られてしまって一番悲しんでいました。
いつかは私が持っていくだろうとっておいてくれました。実際長女を産む直前まで習っていたんです。

でも現実的には大きなピアノを新居に持ち込むのは不可能で、
夫は全くもって興味のないピアノを子供たちに習わす方向にはなりませんでした。

つい先日、電気屋さんで電気ピアノを見て弾きたがる次女。

もうテニスも水泳も習っているんだから、ピアノは習えないよ。
習いたいんならどちらか辞めないとね


確か、そんな風に言ったようです。しっかりと覚えていた次女。
夕方、思い出したように

お母さん、いつテニス辞めてピアノを習えるの?

と言ってきた。ピアノを習うって簡単じゃない。
毎日のように練習しないといけないし、第一ピアノがないと駄目だしね。
これで用意して、飽きたなんて言われてもね・・・・。
でもテニスは姉がやっているから、やるもんだと思いこんで「やりたい」って
言ったようで、今は楽しくないのかもしれない。幼かったしね。
姉のように自分からって言うのとはきっと違うようです。

長女は何でも、頭で理解して覚えていくタイプ。
次女は、感覚で覚えていくタイプ。
息子はその半々・・・・(成長してきたからですね)

ピアノ習いたい。はいそうですかって言えないんだけど、悩み中。

次女ちゃん、ピアノはドラゼミと一緒で毎日練習しないといけないんだよ
そう言ったらひるんでた(笑)まだまだそこまでではないんだね。(苦笑)

夫はどう思うかなぁ。わからないから任せるって言われそう。
才能があるかどうかではなくて、本人の気持ちが本当がどうか見極めるのも
大変ですね。

今しばし、悩んでみようと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村


昨日はサッカー少年に応援ポチありがとうございます。
文武両道の道は厳しいですが、やっぱり最終的には
スポーツは頭も使うものだと思います。
感覚だけでやれるのは小さいうちかと・・・・
そして何よりも昔ながらのスポーツマンシップを大事に育てていきたいですね。

さて、次女は次女。違う道を歩んでも構わない。
そのためには親の経済力も必須なのが現実ですね。
もう少し考えないとね。

長女は・・・習わなくても楽譜は読めるようになりました。
でも手先は器用ではないですね。足が少し肉離れ気味です。
しばし休養をしないといけないですね。

3者3様。

 次女のこと

0 Comments

Leave a comment