*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

先輩ママからの助言

今日は、息子たちは久しぶりに練習。人数の少ない低学年との交流でした。
次女のクラスの子もいるらしく、久しぶりに当番でもないのにグラウンドへ行きました。
父兄がたくさん。小さなサッカー小僧たち。かわいい♪
数年前の息子たちもこんなに小さかったんだとか、グラウンドにはいつも父兄がたくさん
だったこととか(お迎えもあったしね)懐かしい風景でした。

お兄様がたは優しく?相手できたのかなぁ。サッカーは学年ごとに試合だし練習なので
合宿の時ぐらいしか他学年との交流がありません。こういうのもいいね。

さて・・・・たまたま、そこにずっと話を聞いてほしかったママがいました。
次女のことです。そのママの子も低学年児次女みたいな感じでさらに男の子なので
じっと座っていられないってよく相談されていました。
今度は私が相談する番。今はすっかり落ち着いたその男の子。
次女もあんな風に落ち着くのかなぁ。ちょうどその手の本をどっさり買い込んだ日。
そのママに会えたのは必然だね。

○○さん(私のこと)の気持ちはよくわかる。
私も子供が次女ちゃんぐらいの頃は不安だったけど、何もわからないから
とりあえず通級にしてもらっていろいろ調べてもらったけど、その当時はまだわからないって
でこぼこした能力は、きっと追いつくだろうって言われて、焦らせない、できないことを怒らない
ってするようにしたし、よい先生に出会えてそれで3年生も引き継いで、じっくり見てもらったら
今はだいぶ落ち着いて漢字も覚えられるし、今はみんなと同じようにやっているよ。
だからね、当時何度も漢字練習させた事とか、あまり意味なかったってわかるよ。
でもね、不安でさせちゃう気持ちもわかるけど、今はまだ焦らずみててあげればいいんじゃない


3年生になって公文に行きたいって行った男の子。今は個人塾に算数を習いに行っているけど
自信につながって国語もできるようになっているとか・・・・

頭ではわかっているけど、ついついできないことに目を向けてしまう私。
何度反省してもそうだからね。でも先輩ママの言葉は力強くてもう少しゆっくり見ていこうって
焦っちゃう自分の心のブレーキになりました。

幸い夫はゆったりしてて、なんとかなるさぁって言うんだけど、私が不安な時はそう言う言葉も
イライラするんだけど、落ち着いているときに聞くと、そう言う見方が大事だよねってわかる。
私の心も行ったり来たりだけど、やっぱりできるようになったことを褒めて自信をなくさないように
そう今は思っています。

あわてて始めたカタカナ練習もほどほどに・・・・
ドラゼミも褒めながら進める。できたらマメに花丸。

そうだよね。花丸嬉しいものね。

たくさん買った本は仕事にいかそう。そして次女のためにもいつの日か必要になるかもしれない。
数年後、そう言えばできなくて悩んでいたなぁと思う日がくるかもしれない。
少しだけ肩の荷が降りました。

先輩ママに感謝。いつもいつも助けられています。ありがとう。

応援ポチっとお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

テニスの方もゆっくり・・・
あたたく見守ってくれているコーチに出会えています。
私がきりきりした目で見てても仕方ないので
本人の了解を経て最後だけ見ることに。
ずっと見ててほしいって言っていた次女の成長。
成長の種は小さいけどこんな風に転がっている。

何事も見方一つで変わりますね。


 次女のこと

0 Comments

Leave a comment