*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

子供は親に似る

DSC07090.jpg

ポリゴナム(和名:ヒメツルソバ)
金平糖のように小さな花。でも強健で毎年必ずどこからか生えてくる。
コンクリートの隙間だって生えてくる。そんな花。
ここ数日、道端で次女が摘んできて小さな花瓶に生けている。
花が好きなの似たのも・・・次女です。


少年団でもPTAでも自治会でも・・・・
今は親は忙しいからと言って、やりたがらない。
たとえ入っていても、自分の思うようにならないと辞めてしまったり・・・

息子のチームもだいぶ入れ替わりの多いチームになってしまいました。
いくらサッカーがうまかったとしても独りよがりだったり、
上手くいかないのは仲間のせいにしたり、コーチのせいにしたり・・・・

何だか悲しいことがあります。

そして子どもがそういう事を言っているということは、親もそういう考えなんだなぁと
最近思うのです。

誰が正しいとかそういうのではなくて、限られたメンバーでベストを尽くす。
時に失敗もあって負けてしまう事もあるけど、そこから学ぶ事だってたくさんあるのになぁ。

自分の子の成長だけでなく、仲間の成長も嬉しいと思えない親もいるんだと
悲しく思う事があります。

もちろんそうでない親もたくさんいるのだけど・・・・。

学校の先生を非難する親もいます。
でもそれって親が言うから子どもも先生の言う事を聞かなくなってしまうんだと
そう思うのです。

昔は・・・・いろんな先生がいたけど、叱られたのはあんたが悪いんでしょって言う親が
ずっとずっと多かった気がします。確かに微妙な先生や微妙なコーチや微妙な指導者がいない訳では
ないんだけどね。

大人にも余裕がなくなっている気がする。
大人にもいろんな人を受け入れる度量がない気がする。

だから、当然大人の人間関係を見て育つ子どもも同じようになってしまうんだろうなぁ。

誰とでもそれなりにおつきあいし、学びあい、成長しあいって思うのは
理想なんでしょうか。

でも希望を持って生きたいと。そういう姿を子どもに見せていきたいと思うのです。

我が子たちの頑固な所・・・誰とでも付き合える事。
それが似ていて宝物(苦笑)

明日から長女は期末テスト・・・・大丈夫だろうか。
まぁ、親に似ているから、ぼちぼちかなぁ(苦笑)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ

子どもの頃の私の通知表。
「誰とでも仲良く過ごすことができます」
いつも書かれていました。

思春期の頃は、それが八方美人みたいで嫌で
逆に誰とでも薄い付き合いみたいで嫌でした。

でも心の友と言える友達もできて
それはいつでも一緒の友達と言うわけではなく
離れていても必要な時にさりげなく支えてくれる人だと知りました。

子どもたちもそんな風に育っています。
人の良いとこ探しが上手です。

Aちゃんにいじめられる次女でさえ
どうしたら仲良くなれるか今でも考えています。

それも長所ってことで・・・それもまた親に似たんだと思うこの頃です。

いつもたくさんの訪問、応援ポチもありがとうございます。
今日も独り言のブログにお付き合いくださってありがとうございます。

 独り言

0 Comments

Leave a comment