*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

長い目で見て考え中

長女の中間テストが続々と帰ってきています。1学期同様、市内でも難しいと言われるテスト。
平均点は超えているものの、やはり全体像がはっきり見えないので、親としても不安です。
しかもいいと思えない点数です。(小学校時代に比べちゃいけないけどね)
どんなに平均点が低くても、問題が難しくても90点を超えている生徒もいる訳ですからね。

長女の学校の問題が他の学校の問題より難しいという情報は、塾に行っている友人たちから。
塾って平均点だけでなく、各学校の過去問もしっかり集めているんですよね。
だからその学校独自のテスト対策と言うか、担当の先生に対するテスト対策もばっちりなんで
しょうね。

親も子もテストの点数があがる事を期待して高いお金を払って塾に通わせているんですものね。

点数に結びつけるために塾に通わせた方がいいのか、本当に揺れる母心です。
数学なんてケアレスミスばっかり。それを母が教えたって言うからカチンときて
「お母さんが教えたのは、-4の2乗と(-4)の2乗の違いで、問題にかっこがないのに
勝手に(  )をつけろとは言っていません!!!」


後からなら全部わかって解けたのに、時間がなくて焦って間違えたそうな。

塾に頼る前に、今間違った勉強法を反省し、変えることが先だと判断。

まずは演習量が少ない

理解してもそれを早く解く事。正確に解くためにはそれ相応の練習量が必要!
どうみても、小学校のドラゼミほど、練習していない。
もっともっとz会を活用すること。今までまかせっきりだった長女の勉強。
朝、30分早起きして朝勉すること!

母は週に4日は7時に家を出てしまうので、厳しいけど・・・。頑張ってみます。

勉強の仕方を学校の先生に聞く事

塾に行っていないんだもん。専門家に聞きましょう。各教科にね♪

今まで通り提出物はしっかりと。授業中の発言も多く。
そしてすぐには効果は出ないかもしれないけど、長い目で見て女子はコツコツと勉強するのが
むいていると思います。

将来やりたいこと。行きたい高校を考える事

今の自分の実力で行けるかどうかを判断するためにも中1でも考えてほしい。
そして最後は

外で模擬試験を受け、問題を解くスピードや自分の実力をはっきりさせる事!

親も初めての高校受験。(自分の頃とは状況は全く違うし)
そのためにもいろんな資料を自ら集める必要もあります。
そして一回一回のテストに一喜一憂するのではなくて、長い目で見て受験に対応する力を
つけるためにできる事を目の前のことからしていこうと話しました。

ケアレスミスを指摘され、ウルウルしてしまう長女。
そこら辺がきまじめなんだけどね。きっときっと悔しかったね。

親も点数ごときで目くじら立てないように・・・・修行中。
どんな間違え方をしたかが大事で、それを無くすように、作戦?!を立てようと思います。

試行錯誤の塾なし中学生。
親もまた考えないといけない部分が多いものだと実感した中間テストでした。

まだまだ迷いもあるのも事実。
とりあえず頑張れ!って思う方
応援ポチっとお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

ここ数日、たくさんの方の訪問ありがとうございます。
そしてコメントもありがとうございます。
きっとみなさんも不安な部分なんだと思いました。

どれが正解かわからないけど、長女の・・・いえ子供たちそれぞれの
人生を長い目で見て、自分で生きていける力を
つけてあげたいと思うのです。

高校受験が終わって大学受験、就職試験・・・・
ずっとずっとこれだけやっていればいいと言う勉強では
駄目な気がするのです。

かといって、不安でない訳ではないのですが・・・・。
他の方のブログを参考に励みにこの1年は頑張ります。

さてさて・・・・次女ちゃんの悩みは明日。

 長女のこと

2 Comments

郁の母  

No title

中間テスト、終わられたのですね。うちは、今月の下旬です・・・。

長女さんの学校の問題が他の学校の問題より難しいとのお話ですが、それはその学校の先生方の生徒たちへの期待度(ここまで教えているから、ここまではできるはず)が高いのか、生徒たちの学力の差(できる子は、どこまで難易度の高い問題が解けるのか)をみたいのか・・・、その意図はどこにあるのでしょう。そのあたりが分かると、親としてもテストの点数の見方の方向性が見えてくるように思います。
基本的には、教えていない内容は出題されないので、その設問の仕方だったり、応用の仕方だったりで、難易度が変わってくるのでしょうね。平均点の考え方も難しいですよね。その集団の状況に左右されますから・・・。

娘の学校の定期テストでは、毎回のテストごとに各教科の目標点が設定されています。作問された先生が、問題の難易度を考慮した上で決められています。科目により点数はそれぞれですが、目標点をクリアーしていれば、一応学校の授業の内容は理解できていると判断しています。もちろん、定期テストは習った内容が出題されているのですから、100点が望ましいのですが・・・、まあ、普通はそう完璧にはいきませんから・・・。

数学の得点は、演習量に左右されることはうちも実感しています。頭でわかっていても、やはり数を熟さないとミスは起こります。類似問題を数多く熟すことで、ただのケアレスミスだと思っていたものが、実は根底部分に理解の誤りが潜んでいた・・・なんてこともわかったりします。でも、中学生にとって、自分が「わかっている」と思っていることを繰り返しやるのは、なかなか難しいですね。宿題とかで課してくれるといいのですが、親が言うと・・・。塾に行って、目先のテスト対策をすることで点数が上がることにあまり大きな意味があるとは思いませんが、演習問題の量が増える機会にはなるのかもしれません。我が家もZ会(中高一貫コース)をやっていますが、これだけでは問題数が少ない様な気がしています。高校受験コースはどうですか?

「一回一回のテストに一喜一憂するのではなくて、長い目で見る」って大切だと思います。ただ、実際に点数や偏差値を前にして、これをするのは、親としてなかなか難しいことも多いのですが・・・。今は、学んでいることを一つ一つクリアーしていく時期でいいのではないでしょか。そんな地道な積み重ねが、模擬テストや入試では役立つと思っています。まあ、我が家も、まだまだ試行錯誤状態ですが・・・

2013/10/10 (Thu) 04:40 | REPLY |   

でんでん  

おはようございます

★郁の母さんへ★

学校によって3学期制でも2学期制でもテストの時期はばらばらですね。
これからなんですね~。私の感覚でもそのぐらいの方がいいような気がします。

今回、体育祭が終わって2週間もたたないうちに中間テスト。
範囲は短い文、1学期の内容から難しいものまで出たようです。
数学に関しては休み明けテストで満点が出たことから、先生は絶対に満点は
取らせないような問題にするって言われていたとか・・・・
だから、『生徒たちの学力の差(できる子は、どこまで難易度の高い問題が解けるのか)』
なんだと思います。学力差は相当あるようで、2極化しているんでしょうね。
母体が違うからわからないけど、塾情報では、同じ子が他の学校のテストなら
90点以上でも長女の学校なら80点越えればいいって言われたそうです。
他の学校のテストを見ていないのでわからないんですけどね。

今は相対評価ではないので、学校差はそんなに関係ないとは思うんですけど・・・・
私が中学の頃は、相対評価で自分の行く中学が市内で一番できました。
だからその成績で高校を受験して、みんな高校に入ってから楽だったと
後で知りました。だから長い目で見ても今の点数や成績に一喜一憂するのもね。
時代は違うけど思うんです。

でも親心としては目の前の事に心揺れるんですけどねi-229

郁さんの学校では目標点があるんですね!進度も速いし、頑張っていますよね。
長女も社会だけは目標点があるって言っていました。年配のベテラン先生で
長女が大好きな先生です。で、60点の目標点だったそうですが・・・・
結果は平均点はもっと低かったようです。40点台・・・・
長女はクリアしているので、大丈夫なのかなぁ。
小学校と違って問題量が違うので100点は難しいですが、より上を目指して
頑張ってほしいです。

z会は・・・高校受験コースも問題は多くありません。
だからこそ、定期テスト対策の問題集や間違えた問題、添削で帰ってきた問題
復習問題まですべてこなしてほしいと思っていますが・・・・なかなかです。
ただ、数学に関しては1問1問に大事な要素が入っているので、それを理解する力は
養われるんだと思ってみています。
後は学校の問題集を繰り返しやるとか自分で練習量を増やしていってもらおうかと
思います。まぁ、勉強の仕方やコツをつかむのはもう少し先かなぁと
親子で試行錯誤しています。頑張る長女だからいいのですが・・・・
下2人の(特に次女の事を考えると恐ろしい・・・苦笑)

本人も自分の実力がどれくらいなのか不安なようでとりあえず模試を受けてみると
言っていました。まだまだ試行錯誤して頑張ろうと思います。
コメントありがとうございました♪

2013/10/11 (Fri) 06:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment