*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

一つずつ自信へつながれ・・・

私自身、子供の時水泳を習っていました。だから、子供たちも泳げるようにしたくて
長女は小2の春から、息子は年長の春から習わせました。
長女は、次女が生まれたばかりで1年生から習わせることはできず、満を持して習いました。
息子は、どうせなら一緒にで習わせ、脂肪がない息子は、どうもあまり向かないスポーツでした。
それでも、2人とも4種50m以上は泳げるようになって終了しました。

さて・・・3番目の次女も本来なら1年生になってから習わせようと思っていました。
でも、頼りにしていた母の入院などもあって、延期になっていました。
普段は学童で、それでも早めに帰って遊びたい次女。お勉強の方もじっくりつきあわないと
そんな次女でしたが、先日から水泳の短期教室に通っています。

初めは顔をつけるのも怖がっていましたが、同じ1年生で同じぐらいのレベル。
みんなが出来るなら自分もってことで、頑張っています。

一つでもできることが増えれば自信につながる。
そんな思いで3番目の水泳は見ています。
(息子の時はあまりのふがいなさにイライラしていたんでした。)

水泳は毎月進級テストがあります。受かれば進級ワッペンがもらえます(短期だけではもらえないけど)
それも励みになるし、落ちれば悔しい思いもします。そんな所も良い経験だと思っています。

昨晩の次女は、水泳習うって言っていました。初日は、お友達と遊べなくなっちゃうって
言っていました。揺れる乙女心です。こんな時、エイって背中を押してあげた方がいいのか
じっくり待った方がいいのか、迷う所です。

今日は、私が息子の遠征の応援に行ってしまうため、ご機嫌斜めの次女。
3番目は生まれた時からライバルが2人もいて、今までずっと上の2人のやることを見るだけでした。
テニスを初めて、レッスンをずっと見てほしいと言うのもその表れなのかもしれません。
自分を見てほしい、次女は特にその思いが強いようです。

どの子も大事。どの子も同じように見ているつもりでも違うのかもしれないし
その子が求める愛情が10でいい子と20じゃないと駄目な子がいるのかもしれませんね。

思春期に入った息子も、まだまだ甘えん坊の所あり。
長女は甘えべたなので、こちらからあえてスキンシップ。
次女のジェラシーはものすごいですけどね(苦笑)

あと数日で短期教室も終わります。始めるなら8月から・・・
9月は私も忙しいし、次女も学校が始まるとあわただしい。
この数日を見て、背中を押すか決めようと思います。

その子それぞれの資質を見極めるのは難しい。それが我が子ならではかもしれません。
やっぱりどこかで色眼鏡と言うか、親の想いが交じってしまうから。

目的は一つ。自信をつけさせる事。
次女の成長も楽しみです。

次女に応援ポチっとお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

我が子のことは親が一番よくわかるって言う人が多いけど
私は微妙かも・・・一歩引いた方がよく見えたりするモノです。
決めつけは怖いし、でも一人で生きていける力をつけてあげたい。
親心とは複雑なものだと、この頃思います。

これから、6時前に出発した息子を追って友人と遠征の応援に
行ってきます。お留守番の娘たち、待っていてね。

母は体が3つあればいいのにっていつも思います。

なので、今日は早めの更新です。では良い1日を・・・

DSC05998コピー

次女の可能性は未知数。
次女の優しいふんわりした所を大事にしたいです。

 次女のこと

0 Comments

Leave a comment