*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

勝ちに執着すること

昨日の続き・・・夫は長女の態度にどうも気が収まらなかったらしく
朝起きたら、長女あてにメモが残されていました。

昨日の試合について、振り返り反省、今後の課題を考えてお父さんとお母さんが
納得できるようにノートに書きなさい。



もっと違う言葉だったんですが・・・証拠隠滅?!で今は手元にないので、書けません。
でもその文を見て息子も固まっていましたスポーツに対する父の厳しさを
一番身近で感じているのは息子ですからね
息子は、夫に言われたような細かい努力はしていないようだけど、できるようになって
結果を残しています。小さな頃から厳しく言われ、ここまで成長してきました。
どんな試合でも手を抜くことはないし、いつでも精いっぱいがあふれています。

長女は・・・・手を抜いている訳ではないけど、次の日から自分でやると言ったトレーニングも
三日坊主。反省も次に全く生かされていない。1年前に言われたことも全く変わっていない。
男子の中に一人。誰もコーチ以外は厳しい事は言わないし、自分は女だから負けても仕方ない
って思いも見え隠れするのが夫には許せないらしい。私もそういうのは好きではないけどね。

もっともっと勝ちにこだわればいいのに。本人は勝ちにこだわると固くなってミスするから
あえて考えようとしないとか・・・・。悪循環です。
勝ちにこだわるのがスポーツの世界(アスリートの世界)だし、負けず嫌いを前面に出すのが
アスリートだと私も思う。それができないなら、この世界には向かないと思う。

私には未知の世界だから、あまりうるさい事は言わないけど、それでも勝ちを捨てているような
態度は人としてイライラしてしまう。どんな勝負だって負けていいと思って挑む勝負はない。
息子にも小さな頃から言い続けている。

息子はどんな試合でも負けると大泣きしている。小さな頃から変わらない。
泣くだけが一生懸命やったと言う証ではないって言った人もいたけど、(その人の子は負けても笑っていたけど)
私は一生懸命やって負けたから悔しいし涙が出るんだと思っています。

長女は試合に負けてもすぐには泣かない。夫にいろいろと言われて初めて涙が出てくる。
もっともっと勝ちに執着すればいい。緊張しない人間なんていないし、勝負事は
いつだって緊張の連続である。緊張をばねにして、失敗してもいいから自分のテニスをして
ほしいって思う。

いつだって優等生だった長女。きっとね。失敗するのが怖いんだと思う。
失敗したっていいんだよ。攻めていった結果なんだから・・・・

その後、夫とどんな話をしたのかわからないけど、勝つまで朝だけでなく夕飯のあとの
洗い物もする事になったらしい。家族の協力の元テニスをしているんだと思ったのかなぁ。
母は楽ですけどね♪

今度は変われるのか・・・私はスポーツのことはわからない。
ただ負けず嫌いはある。下手でも一生懸命何事もやるというスタンスだけは
教えたい。

同じクラブの仲間はライバルにも到底及ばないけど、切磋琢磨して娘も
みんなのライバルとして認められるよう頑張ってほしい。

父と娘の関係も心配したけど、大丈夫そうです。
英語を教えたり、テーピングを買ってあげたりと夫なりに気を使っているのも
わかります。息子には厳しいけどね(苦笑)

私はただただ、そんな2人を見守るのみですね。

最近、見守るばかりでつまんないですけど(爆)

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

いつも夫と同じ方向で子供を見守るけど
時に、私は違った視点で子供たちを見ていたい。

今は何でも結果にこだわる。結果が出ないと意味がない。
そんな生きづらい社会。

でもね。遠回りしているように見える生き方でも
すぐには結果なんて出ないような生き方でも
自分の気持ち一つですべては無駄ではないんだと思う。

私の人生、近道より遠回りが多い気もする。
人から見たら違うかもしれないけどね。

でも少しも後悔していない。それも私。
そんな遠周りも私には必要な事だから。

遅咲きでも自分を信じて進んでいってほしい。
逃げ道ではなく、自分の選んだ道を歩いてほしい。

これからもそんな私でいたいです。

いつも応援ありがとうございます。
不器用でもいいんだよって方、応援お願いします。



 長女のこと

2 Comments

しまこ  

同じです

おはよう!
昨夜自宅に帰ってきました~。

長女ちゃんのテニス関連の記事、よくわかります。
わが家のおーちんも第1子ゆえなのか、勝ちに執着が感じられないというかがむしゃらさがちっとも感じられません。
これじゃあ上なんてとても目指せたもんじゃないのに、本人には親の気持ちが届かないのか、悔しさも感じられない・・・。
こういうのって人から言われてどうこうするものでもないし、親が「悔しがれ」って言ったからって、ねぇ・・・。
おーちん、どうしたいんだろう?将棋もやらされてやっているという気持ちでいるのだろうか?
なんだかこの全国大会の連戦で考えさせられることがたくさんありました。

ああ、グチになっちゃったね。
この負けが「ただの負け」になるか「糧」になるか、本人たち次第だね。

2013/07/28 (Sun) 07:14 | EDIT | REPLY |   

でんでん  

おかえりなさい♪

★しまこさんへ★

毎日、ばたばたでブログの更新も止まっています。書こうと思うことはあるのに・・・
今日も雨ですが、これから次女の短期水泳教室ですよ~~。
昨晩、このコメントに気がつかないまましまこさんの所に行って、うんうんって
うなづいてコメントしようと思っていた所です。おーちんと長女って似てるって
同じように思いました(笑)第1子らしく、自分の想いを出すのが苦手なんですよね。
実はね・・・各言う私もそういう子だったんですよ。
だからね。長女の気持ちもわかる気もします。でも息子には厳しく負けていい試合はない
って刷り込んでしまいました。男の子だからかなぁ・・・・。
長女だって負けたいと思って試合に挑んでいるはずではないんだけどね。
相手の想いが強いと、遠慮しているのがばればれです。相手のジャッジが怪しいと
思った時点で言わなくてはいけないのに、言わないで・・・後から言ってもね。

心の奥底では負けず嫌いなんだけど、それをどう出していいのかわからないんだと
思います。それは自信のなさなのかなぁ。我慢させすぎたのかなぁとか。
親としてもいろいろと思いますけどね。
下2人は、幼いからか、素直に負けず嫌い全快です。でも外ではあまり見せないかなぁ。
きっと親に似たんでしょう(苦笑)静かな闘志を応援しないとね。

親が悔しい以上にきっと子供はもっと悔しいんだよね。
そう思って見守ろうといつも思います。今日の水泳もイライラしそうだけど・・・
これまた私の成長チャンスね。

おーちん、残念だったね。きっときっと、将棋も自分で選んで進んでいる道。
信じて見守ろうね。ってお互いにね。
結果がすぐ出ない子もいる。その子の成長を信じて・・・・
この暑い夏も乗り切りましょう。

2013/07/29 (Mon) 12:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment