*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

四半世紀のおつきあい

土曜日、久しぶりに高校の友人たちで集まりました。
目的はこちら・・・・。

DSC05462コピー

友人の一人がもうすぐ出産です。
レストランの粋なサービスで、久しぶりに集合写真も撮ってもらいました。

考えたら四半世紀のお付き合い。
あの頃は部活で笑ってばかりで、同じ時を過ごした仲間も
今はみんな違う道を歩んでいます。

それでもこうして集まるとあの時のままに戻れるのが不思議です。

今回、私は次女を連れていきました。長時間の兄弟でのお留守番はなぁって
久しぶりの2人でお出かけ。外ではよそいきモードででしたが
やっぱりなかなか話に集中できなかったなぁ。残念。

途中からゲームさん登場してもらいました

DSC05469コピー

同じ年でも育児からほぼ手が離れてしまった友人から、これからの友人まで様々です。
早い子の子供は、今年は大学受験ですからね!

5年後も10年後もまたこうして集まりたい。
声をかけてくれた友人。レストランを予約してくれた友人。
いつもいつもありがとう。

忙しい毎日ですが、こうしてみんなも頑張っていると思うと
私も頑張れます。みんな素敵な笑顔でした。

私?!痩せなくちゃなぁ~~苦笑。

集まりはあっという間。今度は出産した彼女が落ち着いたら
また集まろうって事になりました。

またこれからの楽しみが一つ増えました。


次女の事・・・。 DSC05466.jpg

次女がバタバタしてて、デザートの写真だけ。
美味しかったです。

そうそう先輩ママからの話で・・・目からうろこ。

次女がなかなかお友達の名前を覚えないこと。
お友達としての認識がないこと。
周りの子は次女をお友達として認めているのに
どうして次女はお友達って言わないのかなぁって思っていたら・・・・

3番目はね。お友達ってハードルがすごく高いんだと思うよ。
もう親友の域じゃないと、友達って言わないんだよ。
大人からすれば同じクラスだったり知り合いなら友達だって
思うけどね・・・そうじゃないんだよね。
上を見ているからか、求めているモノが違うんだよ。
けど、友達って言う子をみつけたらすごくその子が大好きで
固執するけどね(苦笑)


先輩ママであり、高校時代から彼女の話には目からうろこであることが多い。
その子も3番目がいて、そうなんだって。

そうなのかぁ~~~。確かに・・・保育園時代から友達って認める子は少なかったかも。
その子の事は大好きだったなぁって(小学校は別々で会えないけど)思い出した。
だからクラスでは、新しいお友達って認める子がなかなかできないんだね。
でもそれでも親が言う友達はたくさんいるみたい。
でも本人にとってはそれは友達ではないんだね。

彼女の話を聞くともっともっと広い心で子供を見ようと改めて思う。
まぁ、3番目だからってことではなくて、その子の個性なのかもしれないけどね。

毎日、お友達できたって聞いても、できないって答えていた次女。
参観日に様子をみるとちゃんと親が思うお友達はいるらしい。

私の視野もまだまだ狭いなぁ。
我が子の事になると、どうもね。冷静になれないんだわ


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

同級生でも子供の年齢はばらばら。
だからこそ、いろんな話が聞けて楽しい。
小さな子のママの話は、なんだか懐かしくて
ちょっと上の子の話は、そうかぁ~~これからそんな風になるのかぁとか。

人と話すのは楽しい。
そして何よりも勉強になる。

育児が一段落し始めた友人はスポーツ始めたとか!

私もそろそろ10年後の自分を見据えて何か始めたいって
思いました。

今日も1日に友人に家族に感謝。

 おでかけ

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/05/19 (Sun) 12:13 | REPLY |   

なんちゃって  

そういえば・・・。

以前、「友達」のアンケートをやっていた結果を見たら。「友達が多い」と答えた人の、「友達」の定義が、ものすごく広く浅くて。「友達が少ない」と言う人は、定義がキビシイ。で、結果、お互いの定義にあてはめると、さほど数に変わりがないんだそうな。
そんなもんかもなぁ~って、思ったよ。

次女ちゃんは、しっかりと。信頼できる友達を見つけられそうだね♪

2013/05/19 (Sun) 15:25 | REPLY |   

でんでん  

たくさん書いた返信がぁ~~

★鍵コメさんへ★

夕方にたくさん書いた返信が消えちゃった~~~涙
気を取り直して遅くなりましたi-229すみませんi-201

先生、ひどすぎるね~~~そんなこと言うなんて!
私もそんなこと言われたら泣いちゃいますよ!i-191
数日前も職場の上司に、自分の子が今のゆーちゃんみたいで
どうして同じように育てていたのに~~って涙したんだって話を聞きました。
そんなに心配した子も今では立派な中学生になっているそうです。

長女の時も息子の時も同じように心配していたっけ。友達関係は特にね。
でもその他の事ではあまり心配した記憶が・・・息子の時は放任だったのか?!
上2人はもう手が離れてきて、次女に注目しすぎなのかなぁ。
3番目は気持ちだけは一人前で、できないとあきらめちゃう所もあって
余計にやきもきします。今はね・・・・学校に慣れるのに必死みたい。

なんたってマイペースですから。それでも本人なりに気にしているみたいです。

我が家もね・・・みんな自分を持っていますよ。流されない。
それは私もそうだったから、仕方ないかぁ(苦笑)
短所と長所は背中合わせだよね。それをいい方としてとらえれば
きっと子供のためにもいいよね。頭ではわかってもなかなかだけどね。

鍵コメちゃんちのお子さんの成長をみていると、いつの日かこんなに悩んでいるのも
懐かしいって笑い話になるんだろうね。
そう思って子供の力を信じて、イライラせずにがんばります。
一緒に見守ってくれてありがとう。先輩ママの声は神の声ですよ。

次女にとっての友達はこれからね。
親がつくるものではないからね。心配した長女もなんとかやっているしね。
次女もきっとね。女の子は難しいね。
男の子もかなぁ・・・・やっぱり息子は放置気味?!滝汗
今週も頑張ります!

2013/05/19 (Sun) 22:12 | EDIT | REPLY |   

でんでん  

自分を振り返ると・・・・

★なんちゃってさんへ★

「友達」の定義かぁ・・・考えたことありませんでした。
自分の子供の頃を振りかえると、浅く広く誰とでも平気でお付き合いして
でも真剣に付き合っている子は少しだった気もします。
ってことは、そのまま我が子も瓜二つ?!
なんちゃってさんの言葉にまた、はっとしました。
私の友達の定義は、狭いのかもしれない。知人はたくさんいるけど
友達は別みたいなぁ・・・・・。アハハ。そうかぁって思いました。

今は携帯のアドレスいっぱいが友達の多さって自慢する子もいるみたいだけど
やっぱりそれは違う気もして・・・それなのに我が子には、そういう友達を
作れと言わんばかりだった事に反省しました。

親友って作ろうって思って作れるものではないし、親友と言ってもいつも
べたべたしているわけではなくて、いざというとき心の支えになって
くれる人かなぁ。
友達の定義は広いけど、その中でもいろいろとあるんだなぁと思いました。
まぁ、次女はそこまでは考えていないだろうけどね。笑

長女たちの世代もこれからだね~~。

2013/05/19 (Sun) 22:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment