*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

テニスの試合

今年、久しぶりにサフィ二アを買いました。でもすごく小さい花♪
親指の大きさぐらいでかわいい。雨にぬれない位置に置いています。

DSC05396.jpg

2色展開。こんもり咲くかなぁ・・・・。

DSC05395.jpg

雨の土曜日。息子のサッカーと次女のテニスは中止になりました。
でも長女のテニスは、インドアのコートを使って決行です。
今、義理母が来てくれているので大勢で応援に行ってきました。

先月も行った場所。練習試合。長女も初めは緊張していますが
すっかり慣れてきたようです。1年前とは大違い。
今回は知った子もいて、名の知れ渡る強い年下の子もいて、ドロー表を見て
固まっていました。

やる前からその態度にいらっとする私。
私と息子・・・意外と前向きなんです。どんな相手でも戦ってやる~~~みたいな。
長女は負けず嫌いのくせにネガティブ、小心者の所があって、あまり個人スポーツに
むかないなぁと思うこともあります。

まぁ、小心者は私もです。その昔はネガティブだったかも・・・・やっぱり私の血かぁ。

ストロークはよいのに、緊張でダブルフォルトの嵐で負けたとなると情けない。
でも親が言わずとも本人はよくわかっているようで、この夏に向けて調整中ですね。

ジュニアの試合は、セルフジャッジです。だからもめないようにカウントを大きな声で
言うこと。アウトやホルトも大きな声で言うこと。
長女の声も小さかったり、動作で示してもわかってもらえなかったりすることもある。
やっぱり、スポーツは声だし基本だと思いました。(部活だったら声だしからだものね)

今回、お互いの重い違いでもめた試合があったらしく、抗議している保護者の方がいました。
本来、親が口出しするべきではないので、却下されたようですが、全員集めて話があったようです。

誤解のないように、大きな声でカウントをとることは大事ですね。
切羽詰まった試合で無意識のうち入っているのにアウトって言ってしまったり
自信がなくて相手の判定に疑問を投げかけることができなかったり・・・・
でもその場で聞かないとどんどん試合は進み、あとからあの時のは入っていたと
言っても無駄なんですね。

真摯なスポーツ。そういうことのないようにって言われているけどね。
まだまだ子供同士ですから難しい面もあるんでしょうね。
でもそれを学ぶための練習試合でもあるんですね。

私自身も勉強になりました。負けてばかりの長女でしたが、よい面もたくさんあったので
それを次回に繋げていこうと話しました。
1週間、肉離れ気味で休んでいたので、手の皮がむけたりしていました。
スポーツって休み過ぎるとそれを取り戻すのが大変なんですね。

親もまた勉強になります。

相手の子にも親にもきちんとあいさつします。次、またどこの試合で相手になるかわからないし
親もまたきちんとできないとね。挨拶はどんな世界でも基本ですから!

思春期に入り、難しい年頃。
テニスも伸びる時期。

親もよい面を見ていこうと思いました。本日も長かった・・・・。
先に息子と次女を連れて帰ってくれた義理母。
夕ご飯も作ってくれて本当にありがとうございました。

明日はサッカーのグラウンド当番なり。持って帰ってきた仕事どう裁こう。
明日は母の日なり・・・。

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

あっ長女のテニスの事書いていませんでした。
本日は全敗なり。でも内容はよかった。
次は勝てるよ~~。
結果よりも内容を見る。
勉強もそう見てあげないとね。

人生はいろいろと勉強です。

応援お願いします。

 長女のこと

0 Comments

Leave a comment