*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

心のブレーキ

連休の谷間です。微妙なお天気ですが、今日は天候に左右されて
お仕事お休みです。子供たちのいない日・・・久しぶりです。(今年平日休みなくなったので)

お友達のブログに心の風邪についてかかれていました。
今の時代、どこにいってもストレスがないということはなくて
風邪を急にひくように、心の風邪(うつ)もいつひいたって
誰がひいてもおかしくないですね。

身近な人が心の風邪をひいてしまうと、家族も困惑するけど、でも大事な家族。
ともに寄り添うしかできないですけどね。風邪と同じく、早めの対処が必要です。

5月病・・・そんな言葉がちらつくこの頃。明日から5月ですものね。
職場の新人君たち・・・ここまでダッシュしてきてそろそろ疲れが出ないかなぁ。
今は先輩たちも自分の事で精いっぱいです。フォローする余裕もありません。
新しい学年を迎えた子供たち。新しい人間関係、出会いに疲れが出てくる頃。
フォローできるのは家族だけかなぁ・・・・見過ごさないようにしなくちゃね。

さて・・・私。たぶん浮き沈みもあったけど、なんとか大事に至らなかったのは
やはり家族のおかげです。子供たちが幼い頃、仕事も必死にやっていた頃(今もやってますけど)
家でもきっとピリピリしていたんだと思います。子供たちにも頑張れ頑張れ!ってね。

子供たちのサインが私をはっとさせてくれました。
仕事が忙しくなるとその当時の事を思い出します。
その当時の子供たちの事を思い出し、自分の心にブレーキかけます。
『頑張りすぎ病』になっちゃうよって。

長女が年中のとき、息子も2歳でまだまだ手がかかって、大変でした。
夫も転職したばかり・・・一番大変な時期でした。
長女の足が突然、痛くて立てなくなりました。病院で成長痛と言う名の
心のサインですって言われたとき、涙が出ました。
5歳になったばかりの長女に頑張らせすぎたんだって。
数日抱っこして、赤ちゃん返りする長女を抱きしめていたら、痛みもなくなりました。

仕事でつらいことがありすぎて、辞めたいって珍しく思った頃、母に話を聞いてもらっていました。
それから数週間たって、次女を授かっている事に気がつきました。あの年は
次女がお腹にいてくれるから頑張れた気がします。

次女が3歳ぐらいの頃、保育園での様子がいつもと違うと先生に言われました。
忙しくて忙しくてかまえなかった頃。先生の言葉にはっとしました。

仕事の代わりはいくらでもいる。ママは一人しかいない。

頭ではわかっていても。働く母にとっては毎日が必死で、それどころではない。
でもいつでも私の心が風邪を引く前に子供たちが教えてくれます。
本当にありがたいです。

今もまだ、母を支えてくれて頑張らせてしまっているかもしれない。
息子の生意気な態度も、もしかしたらサインかもしれないし、
その都度、気がつけるようなアンテナだけははっておきたい。

いつの日か子供たちが独立して行ったとき、私に心のブレーキをかけてくれる人が
いなくて、心の風邪を引いてしまうかもしれない。

でも人は一人では生きてはいけないから、誰かが教えてくれるサインを
きちんと受け止めたいと思う。そして私も人にサインを出せる大人でいたい。

DSC05379.jpg

もうすぐ母の日。
私は母でもあり娘でもあり妻でもあり、一人のアラフォーの女性でもあり・・・
完璧ではないけど、私は私のままでいいと言ってくれる家族と仲間と友人に
感謝して、日々を大切に生きたいです。


頑張り病のみなさんへ
頑張ることは悪い事ではありません。
それと同じくらい人に甘えることも悪い事ではありません。
どちらもバランスが大切。時にどちらかに偏ってしまうけど
きっときっと周りの人が支えてくれるから。
きっときっと大丈夫。


ブログランキング・にほんブログ村へ

 独り言

0 Comments

Leave a comment