*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

息子の授業参観で感心した事

昨日に続き、本日は息子の授業参観&長女の保護者会がありました。
たまたま、仕事がお休みで参加できた授業参観です。

息子の先生は若い男の先生。他の小学校から転勤してきたため、全く母たちの情報はなし。
息子にとっては初めての男の先生。しかも初めての若い先生(笑)

息子の話では怒ると怖くて厳しいんだそうです。給食は残してはいけないとか。
体をたくさん動かそうとか・・・・今の時代の先生にしては珍しい?!

授業は算数でした。私が算数が好きだったので、参観が算数だと嬉しいです。
先生によって教え方も様々です。本日のお題は「直方体の体積のかさくらべ」

前日に方眼紙を使って展開図を作ってみんな持っていました!

どっちの直方体が大きいですか?その理由も説明してください。

子供たちは思い思いに自分の説明をノートに書いています。
いざ、みんなに発表と言うとき、あぁ~~~この子塾行っているなぁという子が数人手をあげました。

たて×よこ×高さが・・・大きいからこっちが大きい。

塾組はしっかり公式も頭に入っています。

その公式は正しいけど、どうしてその公式でかさの大きさがわかるの?
みんなに説明してください。


そう言われて、手を挙げていたほとんどの子が困っていました。

先生は、公式を覚えて使うことは簡単だけど、それじゃあ、勉強が面白くない。
いろんなやり方でどうして言えるのかをみんなに説明することが大切だと思っている。

そんな話をしていました。

面積の公式ももう覚えているけど、初めはどう習ったか確認。
結局、1cm、1cm、1cmの立方体がいくつ入るかで比べる事に行きつきました。
基本となる大きさが頭に残るように、算数はまずイメージできることが大切だと
そんな風に話していました。

もう心の中で拍手です。
言われた事しかできない子供が多く、自分で考えてそれからどうするのかも言える子に
なってほしいんだそうです。

結果だけでなくその途中の考え方が大事だということ。

若いのに昭和の匂いぷんぷんです(笑)

塾や教材で勉強した人も公式だけを見るのではなく、どうしてその公式が
成り立つのか、理由を考えて説明できるようになりましょう。


今の時代はどうしても結果主義だし、早く簡単な方法を知ってそれだけでいいという勉強方法が
主流。でも本当の勉強は遠回りでも自分で納得しながら答えを導くこと。
私は自分がそんな風に勉強してきた事を思い出しました。

さて・・・この時の息子の様子は。手もあげました。でも説明は苦手なようです。

家で聞いてみると、この単元はまだドラゼミでやっていなかったから難しかったとのこと。
ドラゼミは教科書にそっていないです。でも考え方から学んで行くので、習っていないことは
考えながらできるし、習ったことは復習になっています。
図形の問題もいいので、この単元もそのうち出てきて勉強するでしょう。

子供たちに考えさせる授業。時間は押していましたが、決して先生が答えを出すのではなく
子供たちの声を拾っていました。ただ・・・今まで言われたことしかやっていなかった子は
大変だろうなぁ。

塾で鍛えられている子は、返って良い経験になるか、全く先生の話が入らないかの
どちらかでしょうね。

いいか悪いかは別として1本びしっと筋が通った男の先生に久しぶりに会いました。


この話を興奮気味に話す私に夫は・・・
別に当たり前の事言っているだけじゃん(男の先生に厳しい?!)
まぁそうなんだけど、今までこうもはっきり私が普段子供に言っている事を
言ってくれる先生は初めてで感動したんですけど・・・・駄目?!


今時珍しい先生だと思う方、応援お願いします(笑)
いつも応援ありがとうざいます。

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

 長男のこと

2 Comments

なんちゃって  

算数♪

算数は、そこに至るまでの過程が楽しい♪と。娘も申しております(笑) 

6年の時の先生も、そんなことを言ってみえて。公式を先に答えるのを禁止したら、ぜんぜん手を上げられない子が多い・・・と、苦慮しておられました。せっかくなので、いろんなアイディアを出しながら、授業では間違えてもいいので、いろんな考え方が出来ると、いいですねぇ~♪ 

2013/04/19 (Fri) 07:40 | REPLY |   

でんでん  

過程が大事

★なんちゃってさんへ★

娘さん、いいですね~~~。我が家の子はどうだろうか・・・・。
すぐめんどくさいとか、いいそうi-282

私は自分で考える過程が面白いと思います。算数や数学はそれで納得がいくから
好きでした。逆に・・・物理などは、いきなり公式がバンバン出されて解くと
言うのが嫌でした。公式がどうして成り立つのか、それがわからないと
頭に入らなくてね。だから先生の言葉に心から拍手って感じでした。

今の時代求められるのは考える力、伝える力ですものね。

間違えを嫌がる子もいるけど、どんどん間違えて覚えてほしいって思います。

そうそう、私が中学の時の国語の恩師は、生徒が答えるまで絶対に授業
進めませんでした。苦情が多かったけど、私は大好きな授業でした。
どうしても苦手な国語でしたが、とんちんかんでも発言して
いろんな意見から先生が正解を導いてくれると言う高度な授業でした。

科目は違うけどその時の事を思い出しました♪

長女は・・・プリントで授業する新米数学の先生が嫌だと嫌いになりそうとか
言うので、フォローが必要そうです。先生で好き嫌いを決めないでほしいけどね。
人間だれでも完璧ではないし、新人さんは子らから育っていくのだから
人のせいにしないようにって言っておきました。
どんな出会いも大切ですね。

2013/04/19 (Fri) 21:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment