*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

学童保育見学

ビオラ ローズピコティ。
種類が違うからか、肥料が足りなかったからか、ようやく咲きだしました。

DSC04584.jpg

人と一緒。個性です。

今日は予定通り、学童保育を見学して説明を受けてきました。
我が市には市営の学童保育はないので、きっと高いです。

学校の側に2つあります。一つは人気の公園の側の学童。
外遊びが中心です。ただし・・・いろんな親の負担あり。

もうひとつは、学校の側。家遊びが中心のこじんまりした所。
スタッフも女の人ばかりです。何よりも息子が赤ちゃん時代お世話に
なった保育園のスタッフさんがいます。
親の負担はありませんが、学童費は高いみたい。

6時以降は別料金。夏休みは加算金などいろいろと決まりがありました。

できれば行かせたくないけど、そうは言っていられません。
次女に小学校からここに帰ってくるんだよって話しました。

親が覚悟決めないとね。

何を基準に学童を選べばいいのか、初めてでわからないけど、
子供が笑顔で通えることが一番かなぁ。

上の子たちもそれぞれの習い事で忙しい毎日。頼るわけにはいかない我が家。
次女には頑張ってもらわねばなりません。


新しい春に親子で不安になっていたら、駄目ですね。


去年は書くことができなかったけど
2年前のあの日。震災がありました。
新聞での記事に今でも涙が出るし、テレビの映像に胸が痛くなります。
忘れたわけではない、でも目をつむる弱い自分がいて
向き合うのを避けてしまっていたかもしれません。
何もできない小さな自分。
あのとき、家に帰れず職場で炊き出しをしたあの日。
今日よりもずっとずっと寒かったなぁ。

つらい時、前を向いて歩く必要はないと思う。
今も苦しんでいる人もきっとたくさんいる。
どうか、あきらめないでください。

きっと日は登るでしょう。

私は何もできないけど、日々を必死に生きること。
それが残されている者の役目だと思う。

新しい生活に不安ばかりでしたが、きっと大丈夫。
なんくるないさ~~

あの日は忘れられない。

 次女のこと

2 Comments

karin  

No title

でんでんちゃん、こんにちわ★
学童選び、悩むところですね。
うちは一箇所しかないので、そういう悩みはないですが
父母会なるものがあります。
参加は自由だけど。。。悩むところです。

震災。
テレビで様子を見るたびにいたたまれない気持ちでいっぱいになります。
直後みたいに、みんなで支援しようという空気が薄れてきていますよね。
でも、復旧も復興もまだまだですよね。
何をしたらいいのか分からないけど、忘れないでいようと思います。

2013/03/12 (Tue) 14:00 | REPLY |   

でんでん  

申し込みます

★karinちゃんへ★

いろいろと悩んだけど、夫とゆっくり話す暇もなくて
このブログを見て知った様子。早朝に話ができました。
今朝、父とも話して、やはり週に5日しっかりお世話になって
残業の日はきてもらうことにしました。
その方が父の負担も少ないし、やはり目も悪く高齢の父には
次女の世話は大変ですからね。

で・・・やはり父母が経営している学童だと、負担も大きいので
経済的な負担もありますが、先に見学した学童にしようと思います。
始まってからいろいろ考えればいいかなぁとか。

予定が思うようにならなくなって、焦りましたが、きっと乗り越えていけると
思って、ドーンとしていなくちゃね。アハハ。

震災はずいぶん前のような、昨日のことのような気がします。
思い出すたびに胸が苦しくなり、映像やインタビューに涙が出ます。
小さなことだけど自分にできる事・・・今日は電車で席を譲って感謝されました。
それぐらいとか募金とかしかできないけどね。
あとは、生きているものが日々一生懸命生きるとか・・・
それしかできないけどね。心にいつも刻んでおこうと思います。

そっかぁ~~~ナナちゃんは学童に行っていたんだね。
先輩、いろいろ教えてね(笑)

2013/03/12 (Tue) 15:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment