*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

本から学ぶ

生きていて大変だなぁって思うことはたくさんあります。
でもそのことから学ぶこともたくさん。

でもいちいち大変なことを経験しなければ、多くを学べないのはつらいですね。
そんなとき、いろんな本を読みます。本を読むことによって考え学ぶこともたくさんあります。
こちらの方が、お手軽ですし、ぜひぜひお勧めです(笑)

私が本を選ぶのは直感です。本屋でタイトルを見て手にとって
ピーンと来たものを買います。

ベストセラーはだからあまり読まないんです。

若い頃、自分とは何ぞやって思っていた頃、たくさん本を読みました。
それで自分は今の自分でいいんだと思えるようになりました。

実は、友人に怪しいセミナーに誘われたりもしました。
でも、その頃はかなりの本を読んでいたので、私の心は惑わされず
逆に友達に忠告?!しました。聞き入れてもらえたかは微妙ですが・・・
セミナーの人がいないときにね。

友達だと思うから言えることもあるものです。

話がそれました。
先日読み終えた本を紹介します。

買ったのは昨年の暮れだったかなぁ・・・・

他にも読むものがたくさんで、最近読み初めて一気に通勤電車で読みました。

こころのおそうじ。読むだけで気持ちが軽くなる本

  たかた まさひろ  だいわ文庫


別に悩んでいたとかそういうわけではないんですが、なぜか心にピっときたんですよね。
内容はそうだよね。そうだよねって納得することばかりでした。
私が思って生きていることはいいんだわって改めて確認できました。

自分に自信のない人は、虚栄心で身を固め、他人に認めてもらうことばかりを
強要します。他人に認めてもらうことによってしか、自分のプライドを保てないのです。
しかし、「他人に認めてもらわなければ気がすまない」という考え自体が、すでに他人に
心を支配されていることを意味します。自身のプライドを放棄したも同然です。

(中略)

この世で唯一、絶対に信じられる相手は、自分自身です。
自分で自分を信じるしかないのです。

人間の価値を決めるのは、「何がしたいか」と「何ができるか」ということです。
「できないこと」を数え上げれば、きりがありません。
どんなに幸福な人生を送っている人でも、「できないこと」はたくさんあります。
しかし、幸福な人は、そんなことは気にもかけていないのです
若い頃、他人にどう思われるか気になって仕方なかった私。
幸せだといつか壊れてしまうと不安だった私。

ありのままの自分を信じることができたらずっとずっと楽になりました。

もちろん疲れて不満を言うこともあります。
でもいつまでも引きずらず、今できることをしてればきっと前を向いて歩けるから。
そう信じて生きています。

実はこの本を読んでほしい友人や知人がいます。
自分の心から逃げていないで、他人から逃げていないで
自分の心と正直に向き合ったらきっと見えてくるものがあるんじゃないかなぁって

でもそれっておせっかいなのかなぁ。

昔、前向きな友人に言われてはっとしたこと。

後ろ向きなときは前向きな元気のあるパワーのある人とあえてあった方がいいよ。
まぶしくてつらく思えるだろうけど、自分も元気になって前向きになれるから。
後ろ向きなときに似たような後ろ向きな人と会うのは、気が楽であるけど
何も解決しないで傷のなめ合いで、お互い少しも元気にならないよ。


人は自分と価値が似た人と出会うとホッとして、その人とばかりいたくなる。
それは楽だから・・・
でも時と場合によってはそれが毒にもなるってこと。

自分が元気になりたいとき、自分とはまったく違った考えの人の話を聞くことも
きっと何かが変わるはず。

困ったことをするなぁって思う人はいるけど、でもその人のいろんな部分を見ると
それも面白いなぁって思うこともしょっちゅうあります。

生きている環境も全く違う人とでも、話してみると面白くて
ほほほほほ~~うって楽しめる。こんな生き方もあるのねって。

相手が嫌がっているのに無理やりそばにはいかないけど、
望んでくれるなら、おつきあいしましょう(笑)

この本もぜひ気になる方は読んでみてほしい。

心の整理整頓。きっとできるから。

私はここに自分の気持ちを書くことも友人に聞いてもらえることも
自分にとって必要で心の整理につながります。

今日は知らないおじさんに、よけたのにぶつかられたけど
つい、ごめんなさいって言って????って思ったけどね。
おじさんイライラしていたのかなぁ。
まぁ、そんな日もある。

ふざけんなって言われなくてよかった。でもよけたんだけどね~~
明日も雪の影響で足場があぶなっかしいです。
けがに注意しましょう。

インフルの声もちらほら。気をつけましょうね。

 

0 Comments

Leave a comment