*青い空と白い雲*

好きなこと、育児のこと、日々感じたこと

言われたくないこと

今週は倒れこむということはなかったけど、ずっと頭痛に悩まされてきました。
薬を2日ぐらい飲めば、だいたい治まるのがいつものパターンだったのに
大きな頭痛でないにしてもずっとずっと薬の効果が切れると続くのです。

いくら薬剤師さんに処方してもらった頭痛薬と言え、長期で飲むのは避けてください
って言われているので、お休みの日はがまんしようって思っていました。

午前中に掃除も済ませ、買い物も済ませ、子供たちのお年玉を貯金して
仕事も少しして、病院の診察券出して・・・体調不良ながら何とか夕方も迎えました。

この所、機嫌が悪い次女ゆーちゃん。
息子ばかりでなく長女も忙しくなってしまったため、ますます我慢させることが
多かったから、ある程度の事は多めに見ていました。

夕方、息子の習い事の前に皮膚科の定期検診に行く予定。
なのに、夫と公園に行くときかない。
仕方ないので、5時まで待ってから病院へ・・・ちょうど番号札すぎちゃって
結局30分は待つことになりました。
あと20分でも早く来ていればすぐに呼んでもらえたのに・・・・

中途半端な時間になってしまったので、そのまま息子をサッカーに送り、長女のテニスも
様子を見て帰ろうとしたら、ご機嫌斜めの次女。

2人の習い事が終わるのは8時過ぎだから、夕飯を作るためにも
今日は夫がいるから帰りたいのに・・・・
お腹をすかせた息子にパンを買ったら自分も買うときかない。
まぁ、折れて買ってあげたけど、今月は食費だけでも家計がピンチだからなぁ・・・
この話はまた後日。

駄々こね次女を連れて家に帰り、夫と変わって夕飯作り。
本日は私はあまり好きではない牛肉を使ったお料理。
お安く手に入れて、家にあった白菜とオイスターソースを使ったもの。
雑誌に載っていたレシピです♪

でも頭痛がひどいなりに急いで作りました。次女はお腹が空いてご機嫌斜め

そんな中、始まった2人だけの夕食で事件?!は起こりました。 普段はテレビを消してご飯なんだけど、2人きりでさみしいのか
次女がなかなかテレビを消しません。

消してご機嫌斜めの中始まった夕飯。
突然次女がいったのです

保育園のご飯とってもおいしいもん。
お母さんのお弁当はおいしくないもん


どう意味で言ったの?!
お弁当って言っても主食しか持たせていないし
普段のご飯がおいしくないということでしょうか?

そりゃ、料理は得意ではないし、わざわざ子供に合わせて子供の好きなものを
作るような私ではないけど・・・・体調が良ければもう少し大人の対応が
できたんでしょうけどね。いや、やはり何かと比較されて言われたくないし・・・

そんなことを言いながら、夕飯を美味しいとか言ってぱくついている次女。

でももう私はプツンって切れました。

上の子たちにこんなことを言われたことはない。
思っているかもしれないけどね・・・・

それからは無言の私。
一人で怒ってお風呂に入っていたら、あわててお風呂に入って来た次女。

お母さんのご飯がおいしくないなら食べないでいいよ

大人げない言葉の連発
でもね。コンプレックスをもっていることを
何かと比較されて言われるのは大人だって嫌です。

私は兄弟で比較して怒ったり、お友達と比較して
これできないねって言わないつもりだけどね。

そんな中3人が帰ってきて、おぉ!初めての料理だね~~
美味しいね~~って笑顔で食べている姿を見たらもう涙が止まらなくなって
頭痛もひどくて先に寝させてもらいました。

次女・・・謝らないし・・・・ ←私に似ていると夫(怒)

ガーって怒れればいいんだろうけど、感情を爆発させるのは苦手な私。
次の日も怒りが収まらず、事情を知った小学生組や夫が次女を説得したけど
なかなか謝らない次女。

たぶんね・・・自分に一番似ているから余計に腹がたつんでしょうね。
上2人だったらこういうとき、泣いて謝るけどね。
絶対に泣かない所もはらたつし・・・・
負けず嫌いな所も似ているから腹立つし・・・・

でも次女には言いました。

お母さんがゆーちゃんが一生懸命にやっていることを
お友達や長女や息子と比べて下手くそだねって言ってもいいの

ゆ-ちゃんの絵、○○ちゃんより下手だね
ゆーちゃんの踊り、△△ちゃんより下手だね

嫌だという次女に、お母さんも同じだよ。
そんなこと言われちゃったら、お母さんはゆーちゃんのためにご飯作りたくないよ

わかったんだかわからないんだか、今度行ったら招致しないよって言って。

私も大人げないけど、今後も次女とはいろいろとやりあうんだろうなぁ。
はぁ~~~不安。

でもいろんな子がいるってことで。
まだまだ学びです。

土曜日は頭痛薬も飲んで、1年ぶりに床暖房も1時間してゆっくりしました。

疲れているなぁ・・・・・私。

 次女のこと

0 Comments

Leave a comment